« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

家の外は家の中

我が家の庭から道を挟んで、とあるお店の裏口が見えます。オープンしてしばらく経つのですが・・・裏口は改装工事した後の段ボールやビニール袋が山積みです。

いったい、何時になったら片付けるのかなぁ?と毎朝、カーテンを開けるたびに思い。その景観が私に結構なストレスを与えてくれます。「きっと、お店の中(特に厨房)も汚いんだろうなぁ・・・」と思うと行く気にもなれません(-_-;)

「家の外を見れば、家の中の様子も想像できる」と、度々、講座の中でお話しています。例えば、何か事件が起きた家の外回りなど、お世辞にも整えられているとはいえない状態。おそらく家の中も同じような状況なのだろうと想像できます。

そうなると環境が人に与える影響の大きさを無視できませんよね。子どもの事を考えた時、親として出来る事のひとつの事は快適な室内環境を整えることかもしれません。

車の中も例に漏れず、家の中の状況と同じと考えられると思います。車の中も、かなりプライベートな空間ですからねー。雑然とした車内を見るとつい「家の中も・・・」と思ってしまいます。

ちなみに我が家の車の中、家の中の状況と同じで、ここのところ掃除が行き届いていません。週末には車もきれいにしたいです・・・切望してます。

「きれー!」の後・・・

先日のテレビ取材でY様宅のクローゼットの中を使いやすく改善させていただきました。

作業が全て終了した後に使いやすく整頓されたクローゼットを前に「きれー!」と感嘆の声を上げられていました。その後日、Y様に実際に使ってみての感想をお伺いしたところ・・・。

「使い勝手、とても良い。」

「これなら乱れないで維持できると思う。」

「でもね、一番、良かったのは気持ち的なもの!」

何よりも嬉しい、この一言!(^-^)

整理収納が促進されると、3つの効果があります。それは時間的・金銭的・精神的な効果。この3つの中でも計り知れなく影響が大きいのは精神的な効果だと思っています。

たった1箇所のスペースをすっきり使いやすく整理していくだけで、その後の価値観や人生観さえも変化するくらいの影響がでてくるわけです。

知っているか知らないか、やったかやってないかで、これほど大きな差がつくものも他にはないのではないでしょうか?!

今、話題の「おそうじ力」も、この精神的な効果からくるものだと思います。お掃除したから運気が高まるわけではなく、自分自身に向き合って、お掃除していくうちに心の持ちようから変化していき、最終的に物事がスムーズにいくようになる。自分が良い方向に変化することで周りも良い方へ変化していくということではないでしょうか。

単なる「片付け」じゃないんです。真剣に自分自身と物と向き合うことで、人生を変える「整理収納」なんです。整理収納は人生、生き方に通じているのではないでしょうか。

収納はテクニックではなく頭で考える

収納でお悩みの皆さんは片付けようと思う時、何から手を付けるのでしょう?

まず収納用品を買ってくる?100円ショップでカゴの購入?とりあえず収納スペースの物を動かしてみる?雑誌で見たテクニックを使ってみる?どちらかというと、気持ちが盛り上がって、まず行動!でしょうか?!

収納を成功させるには考え方にコツがあると思います。まず最初に取り組む事は自分と物と向き合うことから。

何が必要で何が不必要なのか。区別するにも自分なりの基準が必要です。基準を持つためには自分(性格、ライフスタイルや理想)を知る必要がでて来ます。

余談ですが、私の場合、もともと几帳面ではないので、ざっくりした収納にしています。自分にとって無理のない収納なので片付けも楽です。それでも、家の中はなんとか人が呼べる程度には片付いています。10分もあればさっぱり片付きます。

話を戻しますね。

そこから物を区別していき、必要な物を使用頻度や行動動線を考えて収納スペースのどの位置に収めていくかイメージします。

イメージしたらさらにどんな収納方法が適しているか、どんな収納用品がいいかを考えて行きます。

すべてのプランがまとまったら一度、頭の中で自分がどう動くかシュミレーションします。問題ないと思えば、そこから初めて収納用品を追加したり、準備します。

こんな風にテクニックからではなく頭の中や紙の上で考えていくと収納の改善はスムーズに作業できますよ。

私の手順はこんな感じです。段取り(頭の中、紙でのプランニング)がほぼ8割、収納作業は2割とイメージしていただければわかりやすいと思います。

難しいと言わずに是非、頭の中から収納を考えてみてください。きっと今までにない、新たな発見や気付きがあると思います(^_^)

本日の講座、お疲れ様でした

お天気にも恵まれて2級認定講座が無事に終了しました。

参加者の皆様、長時間お疲れ様でした。

本日の講座の内容を復習をかねてご自宅の収納スペースでトライしてみて欲しいと思います。事例ももっとたくさん紹介したり、実物大の押入れ模型があって実習できればいいのですが、時間の関係や場所の関係もあり、まだ実現は難しそうです・・・(^_^;)。そんなわけで現物での実習は是非、ご自宅の収納スペースで試していただきたい。何度もやり直しすることで、コツが摑めてくると思います。

整理収納で皆様の生活がより快適で豊かになりますようお祈りしております!本日は本当にありがとうございました。

明日は2級認定講座

明日、2/17は仙台で2級認定講座です。

お天気にも恵まれそうでひと安心。ご参加の皆様どうぞお気をつけていらしてください。

今回は急遽、新聞社からの取材がはいることになりました。突然で申し訳ありませんが、ご協力の程よろしくお願いいたします m(_ _)m

なぜ収納の前に整理することが大切か?

先日の取材で「使いやすい収納にするためには、何が必要ですか?」と言うようなことを質問されました。

答えは「整理すること」だったのですが、もう少しわかりやすく補足説明。

もちろん、整理しようとする収納スペースの中で使用目的を決めて必要な物、不必要な物、別の場所に移動させるもの、新たに収納したい物に分けることが最初のステップ。 物の整理も大事ですが頭の整理も一緒に必要になってきます!                                

「片付かない」「片付けるけど続かない」「収納した場所を忘れて探せない」とお悩みの方に、普段の片付け方を伺うと「とりあえず入る場所に・・・」「空いたスペースに」というお答えが返ってきます。

ここに上手く片付かない原因があるのです。

収納場所を決めるには、収める物の使用頻度を考えたうえで、どこに収納したら一番、使いやすいかと言うことを考える必要があります。例えば家の中のどの部屋のどの収納スペースで、収納スペースの中でも中段・下段・上段のどこに収めるかということ。ご自分や家族の普段の行動動線や行動心理を考えていくと最適な場所が見えてきます。

収納する位置が決まったら、さらに、その収めたい物には、どんな収納方法が適しているかを考えます。棚がいいのか、引き出しがいいのか、カゴを使うのがいいのか・・・と。

ここまで考えて、初めて収納用品が足りなければ追加して、収めていくのですが、多くの方が、整理しようと思うと、いきなり収納用品を買ってきます。

で、買ってきたはいいものの「さて、何をどう入れる?」と悩まれて手が付けられなくなる・・・というパターン。

頭を整理して考えた収納には理由があります。どうしてこの場所に収納したのか言えれば大丈夫!わけもなく突っ込んでしまうと探し物の原因になったり、続かない収納になりますよ。

使い勝手の良い収納のためには、まず物の整理と頭の整理が必要なのです。

収納スペースの中は

本当は他に入れたい(収納したい)ものがあるのに、収納スペースが一杯だからと諦めていませんか?

引越しして以来、そのままの状態というお宅も多いのではないでしょうか?衣替えを前に収納スペースを見直してみませんか?

使用目的を考えたうえで、改めて中の物を見直してみる、他の場所に収納したほうが使い勝手が良さそうな物がでてきたり、殆んど使っていない物が出てきたり・・・。

そういったものを取り除いただけで、びっくりするほど収納スペースが空きます。そうすることで本来、収納したかった物を収めることができます。

収納物を見直して諦めていた物が収納できる喜び感じてみませんか?癖になりますよ(笑)

取材を受けています

テレビ局から整理収納の取材を受けています。

一般家庭のクローゼット(だけど、どちらかというと納戸・押入れ的使い方をされている)の整理収納を行います。取材の内容にはビフォーアフターもありますので、どうぞお楽しみに!

放送日は後日、改めてお知らせいたします(^_^)

現場では一箇所やり始めると家中を見直したくなるようで、あちらこちら奥さま御自身で整理はじめてているようです。「取り掛かれば10分で出来ることなのに今までどうしてやらなかったんだろう?!」とおっしゃしてました。

取り掛かってしまえば、すぐの事なのに、不便に慣れてしまって問題意識の無いまま日々暮らしていらっしゃるという方も多いのではないでしょうか?心地よく快適な生活を望むのならば、日々の生活の中で疑問を持ったり、気付きがあることが大切だと思います。

現場は随分、形が見えてきました。次回の作業日が楽しみです(^^)

何に使うのかな?!

先日、近くの無印良品へ行ってきました。

売り場改装のため、店舗の中で備品として使用されていた硬質パルプボックス(キャスター付)が1つ315円で売られていました。もちろん今まで使用されていた物なので傷も汚れもあるのですが・・・私が売り場に居た30分程度の時間で山になっていたパルプボックスが見る見る売れて完売してしまいました。

確かに安くて(もともとが高い商品なので)丈夫なものなので私も一瞬「欲しいなぁ」と思ったんです(笑)

でも、冷静に考えると「何処に置く?何を入れる?」置く場所がありません・・・もちろん入れるものも思いつかない。なので買わずに帰ってきました。結局、目的が明確でないのに買っても使えないんですよね。

モノ本来の(何かを入れて使いやすく使用する)目的を無視して、あやうく別の(安い!お買い得!)目的で買ってしまう所でした…危ない危ない(^_^;)

この仕事をするようになってから、お買い物は慎重です。

新年会にて思うこと

もう2月ですが、延び延びになっていた新年会を昨夜開催。

セッティングしてくれたお店は料理もお酒も美味しくてニンマリ(^~^)何よりもお店のスタッフさんの対応が気持ち良い!心遣いが随所に感じられる接客でまた行きたいと思わせてくれます。

昨日のメンバーはお仕事仲間で心強い理解者もあるMちゃん。

料理を選んでたら、食べたい物がほとんどかぶってた。改めて感覚が近いことに感動。物を選ぶ基準も食べ物の好みもお付き合いしていく上では結構重要。

これからも宜しくね~!また美味しいもの食べに行きましょう!!写真を撮り忘れたのが心残り・・・。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »