« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

1年前

先日、ハウスキーピング協会で行われた整理収納アドバイザー1級予備講座にオブザーバとして参加してきました。
持参した自分のテキストを見ていると、その中に自分の1級試験の申込用紙が入っていて…申込日を見てみると、今から、ちょうど一年前の日付け!ちょっと驚きです。
試験を受けたのが、たった一年前のことだったなんて信じられないくらい、変化の多い一年でしたw(゜o゜)w
さてさて、仙台での1級取得者も増えてきていることですし来年度に向けて、新しいステージの準備を頑張りたいと思います。

終業式

息子の幼稚園は今日が終業式。

進級して新しいクラス発表と共に新しいお道具達も我が家へやってきました。

たいした量ではないけれど、それでも名前付けの作業は結構、面倒です(^_^;)

今夜は、早速、名前付けと目印シール付けの作業をやってしまいました。

これで春休みは思う存分に遊べる・・・といいのですが(笑)

でも、始業式前に慌てずに済むだけでも気持ちが楽です。

明日は制服の名前付け予定。

整理収納とファイリングセミナー開催

仙台リビングの教室にてファイリングコンサルタントの小野裕子氏とジョイントセミナーを開催いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「実践 整理収納とホームファイリング」

日時:2007年4月4日・18日(水)AM10:00~PM12:00 全2回

会場:仙台リビング新聞社台ルーム

定員:24人(最小開講人数10人)

参加費:6,000円(資料代として別途1,000円初回に集金)

持ち物:筆記用具、ノート

講師:4/18 ファイリングコンサルタント 小野裕子 氏

        4/4  コンフォートスタイル 整理収納アドバイザー 澁川真希

申込み先:仙台リビング新聞社 (電話022-265-4305)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

整理収納のコツと意味を理解すると共に「家庭の中の情報整理の技術」であるホームファイリングを演習を交えて実践的に学べます。

~以下、ファイリングコンサルタントの小野氏の講座内容より引用~

ファイリング・システムとは、ビジネスの世界での文書整理の手法ですが、その手法は私
たちの生活の場での整理にも応用できる手法です。この講座では、家庭での“ホームファイリングの実践”ということで、その実施方法について明日からでもすぐに取りかかれる方法をみなさんに伝授します。

<ホームファイリングの実践効果>

①必要なものがスピィーディに取り出せるようなしくみができる
→ 探しまわるイライラから解放される
→ 家庭内での情報の共有化が進む →家族の自立 →主婦の自由時間が増える
②部屋の中がスッキリと片づく
→ 美的効果がアップする
→ 心理的にスッキリと快適になる
③重要な書類の防犯や災害時の配慮ができる
→ 安全対策や非常持ち出しへの対応ができて、安心
④ファイリング・システムの知識・ノウハウが身に付く
→ ビジネスの世界でも役立つノウハウ
⑤自分の価値観や考え方などに対する気づきがある
⑥子供のしつけにも役立つ

~以上、引用おわり~

ファイリングも整理収納も考え方の基本は同じです。整理収納の意味を理解せずに、収納術だけで問題を解決しようとしても無理が出てきます。整理力をつけることで貴方に合った無理のない収納が見えてきます。

「収納の困った!」の問題解決の鍵は整理力にあり!整理力を身につけてゆとりある快適生活を春からはじめてみませんか?皆様のご参加心よりお待ちしております。

今夜のひと品

今夜のひと品
ポークビーンズ

心に響く音楽

事務作業をしながらPCで音楽を聴いています。

最近の曲がランダムに流れてくる中・・・急に美しいピアノの旋律。思わず作業の手を止めてしまいました。

さて、その曲とは坂本龍一「Merry Christmas Mr. Lawrence」映画、戦場のメリークリスマスのあの曲です。

何年経っても心に響く音楽といえるかも知れません。

まじめな食卓

このところ、慌しくしていたせいで夕飯のメニューが手抜きモード(^_^;)

今日はすっぽり時間が出来たので、心をこめて夕飯の支度をしています。

大根と豚肉の煮物、ワカメと春雨、お麩入り酢の物、照り焼きチキンにお味噌汁。

お料理に集中することもいい気分転換です。

Vfmi0005

春物整理

気になりながら、出来ずにいた春物の衣類整理をしました。

自分の分だけですが、それでも15着処分。衣類ケースの中をザーッと見て、昨シーズンに着なかった服を取り除きました。

一応、リサイクルショップに持参して引き取ってもらえたのは15点中4点(T_T)

新しい物でも引き取ってもらえなかったり、逆に10年前の物でも引き取ってくれたり・・・まぁ、それぞれ引取りの判断基準があるのでしょうから仕方が無い。

今回、引き取ってもらえなかった、その他の服は次回の資源ゴミに出す予定。

改めてオフシーズンの衣類を見直すと、生活スタイルの変化から着なくなったものや自分の好みの変化など気付かされることが多いです。自分にとって旬を過ぎた、賞味期限切れの服ということですね。

今週から少しずつ子どもの服も見直しです。いつの間にか大きくなっている我が子達(笑)小さくなった服は別に分けておいてシーズンになる頃、おさがり行きです。

今の生活に必要な物、今の自分に合った物を吟味して、しつらえる事って、いいなぁと思います。

判断力・決断力

今夜「世界一受けたい授業」http://www.ntv.co.jp/sekaju/というテレビ番組を観ていました。

そのなかで、将棋の羽生さんが最後に言われていた言葉が心に残りました。

『これだけ多くの「情報」や「知識」がすぐに手に入る時代、これからは「決断力」や「実行力」が大切(重要?)になってくると思います。』

(というような意味合いの事だったと思います。)

この言葉に非常に感銘を受けました。今の世の中、情報や知識の洪水にもまれているようなもので・・・欲しいと思う情報はすぐに手にはいり、欲しくない情報もどんどん入ってくる状態。

自分にとって何が必要で、何が不必要なのか明確な判断基準を持たないままでいると、あっという間に情報の波に飲み込まれてしまいそうです。

物についても同じようなことがいえるのではないでしょうか?判断基準が無いまま、持ち続けると、あっという間に物が溢れてきます。収納にも基準が無ければ維持できません。

収納の知識や情報があっても判断できない、実行できないという方もきっと多いでしょう。普段の生活の中でも、知識としては知っている・・・自分にとってどうなのか判断が付かない、実行に移せないということ。

だからこそ羽生さんの言葉に納得だったのです。もともと感覚人間の私は直感的に判断することも多いのですが・・・(それで失敗も多々あり(^_^;))

でも、これからも、自分の判断力や決断力のセンスを磨いていこうと心に決めました!知識も情報も、どう生かすかは自分次第ってことですね。

3月になりました

慌しかった2月が終わりました。

ちょうど、キリ良く、2月の終わりの昨日で確定申告も無事に終了できました。

何か気掛かりな事があると、なかなか本来の力が発揮できなかったり、知らず知らずのうちに気持ちにブレーキを掛けたりしがちです。

気になっていたことも片付いて、これから、また新しいスタートです!

今日はとある集まりでビンゴ大会で1番にビンゴ!幸先いい3月のスタートです(^-^)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »