« ワードロープから始める! | トップページ | 3年経った今だからこそ »

少し先を見越したプランを考える

現在、ご依頼をいただいているお宅には生後数ヶ月のの赤ちゃんがいらっしゃいます。
赤ちゃんも今はまだ寝返り程度でも、数ヵ月後にはつかまり立ちし、伝い歩きをはじめます。

お子さんのいるご家庭の場合、特に成長を見越したプランが必要。
炊飯器を手の届く位置に移動させてしまうと、蒸気でやけどしてしまう危険があったり
キャスター付きのワゴンを設置すると移動させて転んで怪我してしまう可能性もあり
安全性第一に考えてプランをご提案します。

案外、お客様も気付いていないこともあり・・・
少し先を見越した目線でチェックすることが大切だとつくづく感じています。

我が家でも子どもがもっと小さい頃は浴室での事故防止のために
脱衣所側から鍵をかけたり、ガスの元栓を料理の時以外は常に締めていたり
気付かないうちに外に出て行かないように網戸にもロックをかけたりと
常に注意していました。
ちょっとしたことだけれど、日々の子どもとの暮らしが仕事の糧になっています。

家庭内での子どもの事故が多いようですね。
耳にするたびいたたまれない気持ちになってしまいます。
出来る限りの想像力を働かせて事故が起きにくい、リスクの少ない環境を仕事でも作って行きたいです。


« ワードロープから始める! | トップページ | 3年経った今だからこそ »

整理収納・家事代行の仕事」カテゴリの記事

コメント

偶然にも、私も今、ご依頼いただいているお宅は、
○か月の赤ちゃんがいらっしゃいます。もう少しで
お座りができるかな?という状態ですが、
上に三歳のお子様もいらして、子どもの「安全」が最大のテーマです!
子どもは何をするのか?わからない?だからこそ、
たくさんの「何?わからない」を想定する必要が
あるのですよね!

☆佳代さん
またまた偶然!
今度の再会ではお話が盛り上がりそうです(^^)
今から楽しみだなぁ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し先を見越したプランを考える:

« ワードロープから始める! | トップページ | 3年経った今だからこそ »