« 家族と自分の幸せのための整理収納 | トップページ | 山の古民家から »

エンディングノートに問い合わせ殺到

先週4日付けの朝日新聞朝刊、生活面「備える」に掲載されたエンディングノートの記事は反響が大きかったようですね。

先日11日付けの記事ではエンディングノートの関連で紹介していた連絡先に問い合わせや注文が相次いで、電話やファックスが繋がりにくい状況が出ているようで、注意と共に、問い合わせ先などへの連絡方法(主にFAX)が記載されていました。
きっと電話連絡が多くて業務に差し支えるようなことになっていたのでは?と想像できます。

遺品整理の専門業者キーパーズの吉田太一社長が記事中でも言われている孤独死の特徴「生活が壊れている」状況まで行かなくとも遺された家族のためにも少しでも穏やかなエンディングが迎えられるように準備して備えておくことは大切なんですよね。

記事になる、ずっと以前に「ら・し・さ」のエンディングノートを母へ渡していたので
昨日は母と連絡しながら、入院中の父(重病ではないので(^_^;))にもちょうど良い機会だから書いてもらおうと話していました。

敬老の日も近いですし、プレゼントと一緒に渡してみるのもいいのかも。
このエンディングノートも一度、書いたら終わりではなく毎年、自分の誕生日や年末、年度末など記入しやすい時期に見直して書き直すことが大切と書いてありました。

整理収納と同じで、年に一度は見直して常に今の状況に合わせた内容にしておくこと、そして習慣として続けていくことが重要なのだと思います。

エンディングノートを記入してもらえたら私自身も父・母の半生や希望を知るよい機会にもなりそうです。

« 家族と自分の幸せのための整理収納 | トップページ | 山の古民家から »

我が家の整理収納・楽家事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンディングノートに問い合わせ殺到:

« 家族と自分の幸せのための整理収納 | トップページ | 山の古民家から »