« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

キャンプ道具の収納 マンション住まいの我が家の場合

そろそろキャンプシーズン到来ですね。
このGW中も「キャンプ行くよ~!」って方も多いのでは。

我が家もそろそろキャンプに行きたいなぁと思っていたら、思い出しました!
去年の夏にキャンプ道具の収納改善のブログ記事をアップしておきながら改善後の写真を記載してなかったことを

それで、大変遅れましたがAfter写真公開!
こんな風になりました。
(以前の写真は上のブログ記事クリックしてください)

002_2

一番上は寝袋とフロアマットが収納されています。紐がついているから取り出しも簡単。

以前のダンボール収納からバージョンアップしたのが写真の透明コンテナ。強度もあって我が家の車にも積み込みしやすいサイズです。一番左には単品で使うことが多いレジャーシートを取り出しやすくケースに入れて収納。

大きな椅子やテント、テーブルは庭の物置に収納していますが、調理道具やガスは衛生面や保管の方法で外の物置では不安があるので、これらは家の中の廊下にある収納に収めています。

もちろんラベルもしっかり貼っていますよ。

003

004

車も大きくなったことだし、今シーズンの初キャンプ行きたいな~。



24時間仕事中心じゃないってこと、息子の保健室デビュー

今日は1日事務作業。
GW明けの予定をチェックしながら各所へメールや連絡などに追われていました。

午後1時半過ぎに小学校の息子の担任の先生から電話で「頭が痛いと言っています。このまま児童クラブへ行かせずに帰らせてもいいですか?」と連絡が・・・。

熱は無いようだけれど、顔色悪かったって言われるし
幸い、残るは事務処理だけで外出もなし。良かった・・・。
そのまま帰って来たけれど割と元気そう。
入学後初の保健室デビューだったようです。

でも、ストレスかな?入学して慣れない学校生活を一生懸命頑張ってたんだよね。
児童クラブも楽しく通ってくれていたけれど、無理に頑張りすぎたかな。

で、私はと言うと・・・
こんな状況のときに融通の利く仕事スタイルに慣れていないのです。
(もちろん、仕事の内容によってはどうしようもない状況もありますが)
相変わらず「まだ、仕事を命一杯やれてない・・・」感を抱えていました。
でも、違うんだよね。
独身でフルに働いて勤めている時の感覚を引きずっているから「まだ、命一杯やれてない」と思ってしまうだけ。

使える時間は限られている今、24時間仕事中心は無理なのです。
1日のうちでも母、妻、仕事の私、自分時間の私とあって
割合は母、仕事の私、自分時間の私、妻でしょうか。
(妻時間が少ないのは夫の自宅滞在時間が短いから(^_^;))

こうして仕事していてもSOHOスタイルは切り替えが難しい。
昔の私と今の私は状況が違うとわかっていても、時々「出来ていない・・・」という感情が襲ってくるので、その時は「24時間仕事中心じゃないでしょ?」と自分に言い聞かせています。

GW、親子共々、少しはのんびり出来るといいなぁ。
と言いつつ案件を片付けたいのが本音(苦笑)



実は3度目の出演です

実は3度目の出演です
実は3度目の出演です
今日は朝からRadio3で「伊達の達人」の収録。

久しぶりにお会いしたゴミカ☆さんは、さらに美しさに磨きが、かかっております。

オンエアは今週、23日(木)16:00から16:30です。

(仙台のコミニティラジオですが他の地域の方でも「サイマルラジオ」から東北のRadio3を選んでクリックしていただければネットで同時放送が聴けます)

スタジオ収録での出演は2度目ですが、実は年末に電話出演もあり(笑)
これまで入れたら3度目の「伊達の達人」出演でした(^^)

客用布団、そろそろレンタルでもいいかも

先週1週間、実家から母が遊びに来ていました。
来る前には布団の準備、帰ってからは布団の片付け、シーツ類の洗濯と・・・けっこう面倒。
お天気が悪いと布団も干せず、すぐに片付けることもままならなかったりするので最近は布団乾燥機を使って乾かして仕舞ってしまいますが(笑)

実は昨日もセミナー後の質問で「来客用布団がたくさんあって・・・処分できない」とのご相談を受けました。
いったい年間に何回?何人の方がお泊りになるのでしょう?
我が家では年に1~2回、最長で1週間程度、両親が泊まりに来るか来ないかくらいです。
それくらいの頻度だったら布団もレンタルでいいのかも。

マンションの少ない収納スペースに来客用布団が幅をとっているなんてもったいない!
ただ、我が家はそう遠くない数年のうちに子ども達は別に寝るようになるので今、使っている客布団を子ども達にまわす予定です。
そうしたら、もう来客用の布団を新たに揃えるということはしません。
レンタルを利用するようにします。

私くらいの年齢でも布団の準備に後始末が億劫なのですから、親の世代になるともっと大変なはず。
帰省するときには自分達がレンタルで布団を手配して実家へ配送してもらうくらいのことはしてもいいのかと思います。
レンタルのお布団、1~7泊4,515円~あるんですよ!

フジヤT&Tサービスハッチふとん

GW連休前に客布団に思うことでした。


ようやく・・・

小学校入学式から続いていた早帰り(13:30下校)に幼稚園の午前保育(12:30バス着)がやっと来週から通常通りのスケジュールになります。

通学路途中までの登下校のサポートに、4月にはいってから毎週土日に入る仕事で私自身も少々、疲れ気味です。

学童保育は駄目だったけれど学校で開催される児童クラブに入れることが決まり、一安心。
こちらも来週から始まるので、ようやく仕事モードの割合を増やせるようになります。

長引いていた体調不良もようやく回復。
来週から、また気持ちを新たに頑張ります。

今日は山形へ

今日は山形へ
おはようございます。

今日は山形で整理収納アドバイザー2級認定講座の初開催です。

昨日、仙台では写真のように桜も満開。

山形はどうかな?
お昼には山形板蕎麦かしら(^^)

美味しいもの沢山の山形での講座、新しい出会いを楽しみに頑張って来ます。

これも「引き寄せ」?

8日に小学校入学式も無事に終え、長男は毎日、元気に小学校へ通っています。

しかし・・・。

学童保育に入れなかった我が家、しばらくはお昼には子ども達が帰ってきます。
次男は幼稚園と保育園の二重保育、もしくは幼稚園の預かり保育で乗り切れるのですが・・・長男の預け先が問題。

この間、ブログにも書いた「仕事と家庭のバランス」のように今月も家庭9割、仕事1割なのです。小1の壁と言われるはずですね。

学童保育は定員を大幅に超える申込みだったようで、かなりの人数が溢れたはず。
そこで溢れた子ども達の受け皿として、放課後に学校の中で活動するクラブがあるということなので、そちらへ申込みをしています。でも、こちらも申込み開始は昨日、結果は後日で活動が始まるのは20日から・・・。
自分で仕事の管理をしているのでこんな時はなんとかやりくりしていますが、会社に勤めていたらこうはいかないと思います。

学童保育の受け皿と言うならば、もう少し早めに申込みを開始して活動開始も早めて欲しいものです。
(ちなみに児童館は1月下旬が申し込み締め切りで、結果は2月上旬に出ます。)

さてさて、前置きが長くなりましたが、そんな私の状況を察してか4月のお仕事ご依頼はほぼ土日のどちらかに集中しています。
おかげさまで今月はすでに日曜日が全部埋まってしまいました。

これも私が「引き寄せ」ていることなのかしらと。
普段、セミナー以外の仕事が土日に入ることが少ないので少し驚いています。

こんな状況でのご縁に感謝しつつ、土日も頑張ります!!

春休み最後の日

春休み最後の日
春休み最後のこの日、昼間は子ども達とおもちゃと絵本の整理をしすることに。

小学生になるにあたり、どこに学用品を置いたらいいか、あれこれ考えた結果、低学年のうちはリビング脇の和室を子供部屋とし教科書やランドセル、おもちゃを管理してもらうことにしました。

それで今回はおもちゃスペースを減らして学用品が管理できるスペースを増やすことに。

整理したら、6つある引き出しの2つが空いて、さらにおもちゃ箱が1つ空いてしまいました!

どんな棚にするかは空いたスペースを計測して考えます。
もう、明日が入学式というのに何とものんびりf^_^;

でも、間に合わせで買って後悔するくらいなら多少の不便は我慢です(笑)

出来たら、また報告しますね。

写真は今日の夕日。
久しぶりに見る、大きくて真っ赤な夕日に感動。

肉眼で見ると大きく見えたけど、写真じゃ小さくなっています…。

明日はきっと、良い日!!!

秋保でのんびり

秋保でのんびり
今日は日帰りで秋保温泉に来ています。

一切を手配していた夫が予約した旅館を忘れるというアクシデントもあったけれど…f^_^;

なんとか、たどり着き、これからお昼の食事いただきます。

その後は温泉でのんびり…。

春休み、最後の休日。

寄り添いたい

朝、以前コンサルと収納サービスをご依頼いただいたお客様からお電話をいただく。
事情があって、とても困ったご様子・・・。

「今度の土日、急だけど収納サービスお願いできませんか?」と。

すでに予定が入っていたこともあるけれど
状況的に、今、お客様が抱えていらっしゃる
最優先で解決しなければならない問題を解決するには
収納サービスではなく別の方法をとったほうが良いと思い
他の方法をご提案する。

金銭的なことから考えれば、ご要望どおりに土日に収納サービスに伺ってお仕事させていただければ良いのかもしれないけれど、私が提供したいことはそこではない。

「何を望まれて、連絡をしてくださったんだろう?」

そこから、考えて出したひとつの応えに
お客様は「電話してよかった・・・。」と言ってくださいました。

整理収納アドバイザーとして、コンサルタントとして
出来ることは限られているのかもしれないけれど
どんな時もお客様に寄り添いたいと思って対応させていただいています。

だけど、正直すぐに何かが出来ないのはもどかしい・・・。
「待つことも必要」と自分に言い聞かせています(^_^;)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »