« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

早すぎたかな・・・

昨年から抱えていた懸案事項からようやく開放され、GW以降のバタバタが少し落ち着き先が見えたかなと思っていたら・・・気の緩みか、急に夕方から寒気がしてきて体調不良

先日、買い替えのサンダルを購入したのが嬉しくて
いそいそと履いて出かけたら、まだ少し寒かったです。

049

事務仕事メインだったので洋服にハーフ丈のパンツを選んだのもマズかったのかな・・・。
仙台は朝夕まだ肌寒いです

衣替え前のこの時期、温度調整難しいですね。
皆さんもお気をつけくださいませ~。

いってらっしゃい

いってらっしゃい
我が家のお掃除ロボット、ルンバくんがメンテナンスのため旅立ちます。

ルンバくんがいない間は掃除機の出番ね。早くルンバくん帰って来て〜。

去年の今頃に購入して以来、我が家の家事効率化の中で、なくてはならない存在になってます。

余談。

ルンバくんを入れるピッタリなダンボール箱をサイズを計らずとも、選べるあたり自分で職業柄を感じます(笑)
こういうのって、無条件にうれしい。

思い違いで大慌て・・・

今日は朝から仙台リビング新聞社さんで整理収納アドバイザー2級認定講座の2コマ目。
はやめに教室へ着いてセッティングを始めると・・・

「あれ?ない?」

なんとプロジェクターを家に忘れてしまっていました

ひどい思い込み・・・。
2週間前の1コマ目から今日までの間にセミナーが他にもあったので持ち帰っていたのにプロジェクターは他の会場では準備してもらえるからということで準備室に置いたままにしていたつもりでいたのですね・・・。

なんとか持って来てもらえるよう手配して私はそのままセミナーを始めることに。

セミナー自体はテキストを見てもらいながら進行。
実習もファイルの写真を見てもらいながら進め、最後の解説のところでプロジェクターの到着。

最後まで内容も消化し、時間通りに進められたから良かったけれど、こんなこともあるのですね~。受講者の皆さんにはご不便おかけしましたが思わぬ新たなチャレンジで良い経験が出来ました。

セミナー毎回、整理収納をお伝えしながらも、毎回なにか新しい気付きがある。
今日もいくつかの気付き!
早速、今日の内容にも盛り込んで皆さんへお伝えしましたよ!
これがあるから、毎回やっていても私も飽きることが無いのかもしれません。
奥深い整理収納。



数えてみたら約40本

気になりながらも長らく放置していたCOMFORT STYLEホームページのプロフィールにあるセミナー・講座履歴の更新をしました。

昨年の6月から今年の6月までの講座を合計すると約40本!
自分でも驚きです。

今年は少しペースダウンのはずですが、それでも6月は6本のセミナー。
夏休みに入る前までが忙しいのは、もう毎年のことかも。

明日は整理収納アドバイザー2級認定講座の2コマ目、最終日。
朝から明日も頑張ってきまーす。

小学館edu7月号にブログ紹介されました

今月18日発売の小学館edu7月号に小さくですが、このブログが紹介されました。

働くママのためのページの“お片付けの本とウェブサイト”としてご紹介いただいています。
他にご紹介されているウェブサイトの中には同じ整理収納アドバイザーのお仲間さんたちも!Studio HAGAの芳賀さんMakkoさんのブログ

こうして整理収納アドバイザーのお仕事がもっと認知されて、整理や収納に困っている方達のお役にもっともっと立てるようになれたらと思います。
私の主宰するCOMFORT STYLEのホームページ(お仕事用)はこちら→

さてさて、ここからは日々のこと。
昨日は整理収納アドバイザーの東北ブロックメンバーでのお茶会(勉強会)&ランチ会で今後の活動について話をし、早くも来年度の活動に向けてスタートしました!

ランチの後は打ち合わせ。
何かをつくり出す作業はメールだけのやり取りでは細かなニュアンスが伝わらない気がして顔を合わせての打ち合わせ。
やっぱり、行ってよかった。

そして今日は事務処理と子どもの用事、先日の次男の赤いポツポツ発疹騒ぎの続きで今日は再度、病院へ。
何かにかぶれたようだけれど、その原因物質の特定にはいたらず・・・。
原因がわからなくて何とも気持ち悪い。

昨日、今日と社会学級関連でのお問合せや連絡が急に多くなってきました。
出来る限り対応したいと思ってますが、9月以降の予定もだいぶ詰まってきましたのでご検討中の場合はご連絡だけでもお早めにお願いします。

で、明日は小学校での運動会。
母はワインをひとり飲みつつ明日の準備の合間に書き込みです。
今日は雨だったぶん明日は程ほどのお天気を期待。
晴れすぎてもツライんです・・・日光に弱い私。

2~4月と少し停滞気味でしたが、ここに来て俄然元気になってます。「えい!やぁ!」であれこれ決めたら、なんて事の無いことが多い。
自分が動き出すことで流れがわかることを身をもって体感してます。
今年も残り半年になりそうな、この時期に気合の入れなおしでした(笑)





とりあえず、ひと安心

幼稚園から帰ってきた次男の顔を見ると、なにやら赤いプツプツが・・・。
着替えで肌着を脱ぐと上半身(背中はなんともないけれど)お腹側は全体に赤い発疹が広がっててました。

もしかして、水ぼうそう?!

かなり焦りながらも、急患で診察してくれる小児科を探し
以前おせわになったことのある小児科へ連絡してみると、診てくださるということで指定された時間に病院へ。

熱は無い、発疹だけ、水泡にはなってない

「草むらのあるところに行きましたか?」
「何かあたる食べ物は?」

数日前の記憶をたどるのも思い出すのが大変な私(^_^;)
「昨日の夕食は?」と先生に聞かれても、なに食べたかすぐに思い出せないくらいです。

思い当たるのは昨日、幼稚園の遠足で行った「動物園」
とりあえずは様子を見ましょうということで、かゆみ止めの飲み薬を出していただき後日、また診ていただくことに。

今週は怒涛の一週間なので、子どもの病気は大変な一大事なのです。
でも水ぼうそうではなかったので幼稚園も保育園も通園OKでひと安心。
熱も無く、元気なので大丈夫でしょう。

でも、こんなとき時間外対応をしてくれて、院内処方の小児科があってくれて助かりました。そうでなければ夜間の急患センターに行くか、明日の朝一番に小児科を受診するしかなかったのですから・・・。そうなると色んな調整が必要になり、仕事にも影響が出かねない。
だから本当に、とりあえずひと安心。良かったぁ。

往復240km

今日は朝から福島の二本松まで行って来ました。
女性学級の講師としてのお仕事、40名程の皆さんの前で「輝くセカンドライフに向けて取り組む整理収納」というテーマでお話させていただきました。

毎回、セミナーさせていただくたびに新たな気付きや反省。
今回もまた次回への課題が出てきました。
でも、これは落ち込むわけでもなく「次回はこんなふうにお伝えしよう!」という前向きな気持ちです。

高村光太郎“智恵子抄”の智恵子さんの生家の近くの会場でした。
時間があればゆっくり巡ってみたかったです。


さてさて、次男が帰ってきたらちょっと様子がおかしい・・・。
もしかしたら・・・。
しかし、こんな日に限って水曜日午後は小児科休診。
どうしましょう!

嬉しいご連絡

今月からサービスにうかがっているお客様からお電話をいただきました。
「○○してみたら、とっても良かったので、~しようかと思っていますがいかがですか?」と

○○じゃ、何のことかさっぱりですね(笑)

何をお伝えしたかったかと言うと・・・
ご提案書の作業手順や口頭でのアドバイスを実践していただいたことでお客様ご本人が「こうした方がもっと使いやすいんじゃないか」と感じたこと。

自分で実践して、気付いて、考えてることが出来るようになってきていたこと

このことがスゴイんです!
どうしていいかわからないとおっしゃっていた以前と比べたら、ものすごい変化ですよ!
もう嬉しくて嬉しくて(^^)

「毎日の作業が楽しい」とも。

一度、その効果を実感すると止まらなくなるほど。作業自体が前向きな楽しい作業になってくるのです。

この大きな変化!
整理に対する意識が変化することで一気にスキルアップされたご様子。
来月のご訪問、今からとても楽しみです。

仕組みづくりのお手伝い

今朝の朝日新聞朝刊、beの”勝間和代の人生を変えるコトバ”で勝間さんが言ってます。

「やる気に頼るな、仕組みに頼れ」

毎日運動を続けることの難しさを例えに、やる気だけで目標達成しようとすると途中で挫折し結果が出るまで続かないと・・・

思い当たる節は多いです。
朝に時間を作って歩こうとしたこともありましたが、天候が悪かったり、体調が悪いと理由をつけて・・・続けることが出来ず結局は1週間くらいで挫折。
やる気、強い意思を持ち続けることはかなり難しいことを実感します。

この言葉から感じたことは整理収納も同じじゃないかと言うこと。

やる気だけで片付けようと思っても続かない、維持できない。だからこそ頑張らずとも片づけが続けられる仕組みを作ることが成功のポイントだと思います。

整理収納アドバイザーはこの仕組みづくりのお手伝いをします。
「自分ではどうしたら、片付けられるようになるかがわかならい」という方に、その方の暮らしや性格、住環境に合わせた仕組みをご提案し、一緒に作っていくこと。
必要なサポートさえ受けられれば、頑張らなくても、日常生活に支障がない程度の片付けは必ず出来るようになります。

ご自分で不要なモノは減らせるようになっても、「モノを減らせば良い」だけで解決しない。その原因のひとつは、片付けやすい仕組みづくりを構築できないからですよね。

えらそうに言ってますが・・・
私の場合、運動を続けられる、ダイエットを続けられる仕組みを作る必要が大!(^_^;)

今日は朝から資料作成モードの頭であれこれ考えています・・・。
チャッチャと仕上げられるよう頑張ります。



強風の中・・・

昨日は朝からNHK文化センター山形教室さんで3回連続講座の1回目のセミナーの後
午後はその足でお客様宅での収納サービスへ。

急遽、一体型になった押入れ用収納ケース(こんなの→)を2階から1階へ移動するつもりが、出入り口の開口部寸法よりもケースの方が大きくて部屋から出せない

引越しの時は1階から吊り上げて2階へ入れたということだったので、適当な道具を探しベランダからケースを吊り下げて降ろすことに。

強風の、今にも雨が降り出しそうなお天気の中、注意を払って1階へ降ろし、無事に所定の場所へ設置!収納することが出来ました。
一時はどうなるかと思ったけれど、何とかできてホッと一安心。

一体型ケース、組み立てたあとは部屋から出すのも本当に難しい
そんな理由もあって個人的には組み替えの出来る引き出しケースがお薦めです。

プロモーターになる瞬間

昨日は小学校でのPTA役員会に出席。(どうせ、いつかやらなきゃならないなら…と)入学そうそうに、役員を引き受けてしまいました。

今回、記念行事の一環で行われる祝賀会のスタッフになり、あれこれ打ち合わせを始めると…

ついつい、あれこれ意見をいい、最後はしきってしまいそうにf^_^;

こんな時、コーチングでいう「楽しむのが好き、感覚でものをいう(よく〜な感じと言う)企画好き」な自分を感じます。

考えてみたら、昔からお祭りごとが好き。大学時代も4年間、大学祭の実行委員会をやってたし、準備は大変だけれど皆で一緒に何かを作り上げることが好き。

この祝賀会、いいものになると良いな。

イベントのワクワク感たまりませんo(^-^)o

親が伝えたかった大切なこと(その1)

自分が親になって初めてわかったこと・・・それは幼いときから親に言われていたことが基本となって、自分も同じように大切なこととして自分の子どもに伝えているということ。

言われていて心に残っている言葉をこれから何度かにわけてご紹介したいと思います。

記憶として残っていて、今もその言葉どおり大切にしていることは・・・

「道具を大事にしなさい」ということ。

「料理人も鍋はきれいに磨いて、大切に使うのよ」と、いうようなことを言われた記憶があり、小さな頃からわりと物は大事に、きれいに使う子でした。
その為か物持ちも良くて母が小学生の頃に買ってくれた熊本の伝統工芸品「花手箱」を今でもお裁縫箱として使っているほど。

大学時代もデザインに使うピンセット(昔はパソコンでの作業ではなく、すべて手作業の切り貼りでデザインしてたんですよね。その頃は研究室にようやくMacが1台、2台あるくらいの時代、課題を仕上げるのに何度もコピー屋さんへ出掛けたのが懐かしい)や定規に絵具を大事に手入れして使っていました。
最低限、道具が手入れされていないと良い仕事は出来ないってことで。

工務店に在職中も身近にいる大工さんの道具の扱いにプロの心意気を感じたものでした。

だから道具は大事にします。
鍋もいつもピカピカじゃないと落ち着かない。

余談ですが・・・ステンレスの鍋はよく、ステンレス焼けで黄色く焼けてしまうので、これも専用のクリーナーで落としてしまいます。
ちなみに我が家で使っているのはメラミンスポンジで有名な「激落ちくんシリーズ」の「ヤケ落ちくん」(笑)

それを見て育った息子はお友達のお宅のお鍋を見て「どうして、こんなに汚れているの?」と感じたまま素直に言ってしまったことがあって(^_^;)
母としては慌てふためきました。

人の感覚は様々で、気になる部分が違って当然なんです。
お部屋はとてもきれいにお掃除が行き届いていても、鍋のヤケやこびり付きは気にならないという方もいますし、その逆もあるでしょう。
中華料理屋さんの年季の入った中華鍋なんかは、その店の歴史の重みを感じさせますしね。
一概に何が良くて悪いと言いたい訳ではなく、私の親は「道具を大事に使いなさい」その中で「鍋はきれいに磨きなさい」ということを子ども達に伝えたかったのだと思います。
そして、その思いは私を通じて確実に子ども達に伝えられているのです。

三つ子の魂百までとはよく言ったもの。

皆さんも親から言われていて心に残っていることってありますか?

今日の認定講座

今日はいつもお世話になっている仙台リビング新聞社さんで
整理収納アドバイザー2級認定講座でした。

18名の皆さんと3時間の楽しい時間、ついつい私も話しに熱が入って少し時間オーバー気味でした(^_^;)

でも、今日の受講生の皆さん、とっても熱い!!
「お知り合いでご参加?」と思うほど、意気投合している初対面の受講生さんをはじめ、どのグループも和気藹々と活発な意見交換が行われていましたね~。
あまりの盛り上がりように、時間を告げる私の声もかき消されてしまうほど(笑)

次回の2回目も再会が楽しみな受講生の皆さん。
今夜はモチベーションアップでお片付けされているかなぁ?
再来週もよろしくお願いします!

自宅サロンセミナー再開しまーす!

今年1月からお休みしておりました、
澁川真希の自宅を公開してのサロンセミナーを
6月より再開いたします。

お問い合わせもいただいておりました皆様には、本当にお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

内容も新しくリニューアルしてのサロンセミナーになります!

今までよりも、もっと自由に収納についてお話していただけることと収納の実例を見ていただくことに重点を置いた内容になっています。
公開する自宅の収納も家族のライフスタイルの変化(長男の小学校入学)ともに変化しました。
新しく変わった収納スペースもお楽しみに!

6月、7月の募集をホームページで開始しております。

「ちょっと刺激を受けて収納を頑張ってみようかな?」
「子どもの持ち物はどんな風に収納しているのかしら?」
「整理収納アドバイザーの自宅はどうなっているの?」

そんな思いでのご参加も大歓迎です。
是非、実際の収納を見て「収納にも理由がある」ことを感じて欲しいと思います。

お申込みはこちらから→

イケメン収納芸人との意外なつながり

最近、整理収納アドバイザーのブログでも話題のイケメン収納芸人、お笑いコンビ オーケイの小島弘章さんをご存知でしょうか?
以前、人づてに”「収納芸人」がいるらしい!”とは聞いたことがあったのですが、ご本人からメッセージをいただいてビックリ!

彼は実は整理収納アドバイザー1級の資格保持者!
各種テレビでも収納芸人として活躍されていらっしゃいます。
小島さんのブログはこちら↓
オーケイ小島弘章さんオフィシャルブログ”KOJIMAGAJINE”

彼のプロフィールを拝見してまたビックリ!
なんと私の従兄弟と同じ所属事務所!松竹芸能ではありませんか。
従兄弟は小島さんの後輩ということで、勝手に親近感を感じています。
年齢も近いですし(笑)

ちなみに従兄弟は落語家。笑福亭風喬といいます。
こちらもどうぞよろしく。

本当に世間は狭いね。
思わぬところで意外なつながり、これも縁ですね~(^^)
2人とも陰ながら応援しております!

夏の準備(寝具&子どもの衣類収納)

今日も仙台は良いお天気でした!
こんな日は・・・気になる仕事もひとまず置いておいて、身の回りの整理から!ってことで今日は朝から寝具の入れ替えと子どもの衣類の整理です。

さすがにもう仙台でも毛布を使っていると暑い(笑)
子ども達は汗をかいて、布団は蹴飛ばしているし・・・いい加減に何とかしなきゃと
先週から思っていての今日の作業。

今年も近所のコインランドリーで来客用の毛布や敷き毛布、自分達が使っていた毛布を合わせて6枚を洗濯から乾燥まで。
毛布を洗うための洗濯の回数や干すスペース、その手間を考えると時間効率の良さ、水洗いの気持ちよさからコインランドリーは多少コストがかかっても私には魅力です。
まぁ、中にはコインランドリーの衛生面を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、乾燥までやってしまえば熱処理させるから問題なしと思ってしまう私です。

子どもの衣類は衣替え第一弾。
すべてを入れ替えるわけではなく夏物の半袖をだして、真冬の厚手の長袖を仕舞います。
長袖も薄手のものは出したままで半袖、長袖が混在している状態。
もちろん、奥行の深い引き出しの手前側と奥側を仕切ってそれぞれがわかりやすいように入っています。
仕舞う衣類はサイズを確認し、蓋付き衣類ケースへ収納。
サイズが混在する時には各サイズ別に袋に入れてラベルを貼ってケースにしまいます。
例えば「120サイズ 秋冬トップス」という具合。
こうしておけば次の衣替えの時に一から見直さなくてもサイズ別になっているので、すぐに衣替えが出来てしまいます。

現在、我が家には6歳(小学1年生)と4歳(年中)の男の子2人いるので服のサイズが最大で4サイズ管理することになり、これが結構、大変・・・。

6歳 130サイズ、物によっては120サイズを着用
4歳 110サイズ、物によっては100サイズを着用

下の子が小さくなったサイズはすぐにご近所さんへお下がりでもらっていただく流れで、服を回していっています。

子ども達2人分のオンシーズンの服はリビングに隣にある和室の押入れにこんな風にはいっています。他に羽織る上着類は一部別に収納していますが、基本はここに入るだけです。

042

左側が下の子、右側が上の子のスペースと左右で分けていて、カゴには靴下、一番上の引出しには肌着とパジャマ類、真ん中の引き出しがトップス、一番下がボトムスという順番。朝は2人ともここから衣類を出して自分達で着替えます。ラベルも貼っていませんが、子ども達は何の迷いも無く出し入れできています。

そしてオフシーズンの衣類が入っているケースがこちら↓

蓋の向きで高さが変わる優れもの。

フィッツケースのスリムボックス74という商品です。引き出しケースの上のカゴの奥に一つピッタリとこのケースが収まっています。

あれこれ片付けていたら、あっという間に一日終わってしまいました(^_^;)

最後の仕上げはお風呂での排水溝のお掃除。月曜日は排水溝の洗浄作業があるのでその前に・・・。ついでにユニットバスのエプロン部分も取り外して念入りにお掃除しました。これからカビが増えやすくなる季節なので今のうちにキレイにしておくとカビの繁殖も少しは抑えられるように思います。

今日、頑張ったお陰でかなり夏を迎える準備が整いました。う~ん、スッキリ!!


仙台市泉区って住みよいところ

朝から打ち合わせに出掛けてきました。
駅からちょっと歩くと汗ばむような陽気・・・しかし今日に限ってハンカチを忘れてしまう。

嫌な予感はしていたけれど、確認しなかった私が悪い。

見かねた担当者さんに指摘され・・・。
まったく、もう、やっちゃったよぉ

担当者さんが席に来られる前にと、あわてて汗を押さえたらテッシュの一部が額にくっ付いてたらしい・・・。

でも、打ち合わせは無事に終了。
今回のお仕事は新しい展開も待っていそうで、それも楽しみです。

最近、不思議と住んでいる場所の近くで仕事の関わりが増えてきました。
仙台市の北側、泉区は三菱地所の開発した泉パークタウンや県立図書館、ワールドカップでイタリアチームが滞在したロイヤルパークホテル仙台泉プレミアム・アウトレットもあり、南北に走る地下鉄の北の終点「泉中央駅」周辺の施設も充実していて、仙台駅まで行かなくとも殆どの事は事足りるくらい。仙台駅までも地下鉄で15分と気にならないくらいの時間で行けてしまいます。

今日の打ち合わせでも出てきた話題。
仙台市のほかの区は人口が減っているのに、泉区だけが世帯数、人口とも増えているとのこと。
またまた面白くなりそうな泉区。
地元に密着して、この辺りでのお仕事がもっと増えると嬉しいなぁと思っています。

週末、来週からまた予定がいっぱーい、うれしいけれど、頑張らないと終わりそうも無いなぁ・・・。
休日もお仕事モードになりそうです。



山形へ

山形へ
朝から高速道路を運転して山形の現場へ。
久しぶりの高速道、自分で運転したら、スピードに慣れなくて怖かった(>_<)

山形の天童市道の駅で遅めのお昼は名物、板蕎麦。
天ぷらの大きさにびっくりです。
生のわさびもうれしい。

足湯のコーナーもあったけれど、ゆっくりも出来ず後髪引かれながら山形を後に…。
来週もセミナーで山形にお邪魔します。
今月、来月と山形月間です(笑)

連休最終日はお片付けで気分もスッキリ

連休中は夫の実家へ3日間帰省しリフレッシュしてきました!
そして最終日の今日は届いた家具の周りと五月人形のお片付け、明日からの準備で一日終了。

今月は連休があったお陰で、あっという間に中旬になってしまいそう(^_^;)
気合を入れて仕事も頑張らないと。

ちょうど今の私は次のステップへ進むための準備時期。
今月もひとつひとつのことを意識しながら丁寧に仕事を進めていきたいと思っています。

明日は早速、現場へ!
早朝から車を走らせ行ってきま~す(^^)/

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »