« 私たちが幸せであること | トップページ | またまた取材 »

無意識の決定が片付いた家をつくる?!

先週3/13土曜日の朝日新聞のbeの勝間和代さんのコラムの中で
「私たちは無意識に決定し、行動する」というコトバを行動習慣を考える上で、気付きとなる言葉として挙げていました。

読んでいて「なるほどなぁ~」と(笑)
(上のリンクをクリックするとasashi.comで該当記事がご覧になれます。)

ちょうど先週の金曜日・・・
夕方に子どもを迎えに友人宅へ行き、
そのままお茶とお菓子をごちそうになっていた時のこと。

テーブルの上に数種類のお菓子を広げてある中、空いた菓子袋や子どもたちが空けた個包装の袋を片づけているとそこにいる友人たちが

「そこから違うよね~!」と言います。

ようは散らかっているとすぐに片づけ出すということらしい
意識していない無意識のうちに片づけています。
まさに勝間さんのコラムで説明されていることに当てはまります。
人の行動は意識的な決定ではなく、これまでの習慣や経験などに基づく無意識の決定にほとんど左右されているというもの。
それは意思の力よりもずっと大きい、と。

私が空いた袋を片づけはじめコンパクトにまとめるのは後で片付けが楽なように。
後でまとめてやろうと思うと気分が重くなるから。
やらなきゃならない仕事もそうで、なかなか手を付けずにいると、どんどん期日が迫って焦るし気分が重くなる。
やる前に「えい!やぁ!!」って変な気合まで必要で
でも、少しでも手を付けて取りかかっていると完成していなくても気が楽なことってありますよね。
片付けも同じなんではないでしょうか。

太る人は無意識に太る生活をしている・・・(耳が痛い!
物が増える人は無意識に増える生活をしているということ。

意識して片づける、物を増やさないということが身に付き、片付いた状態が心地よいと感じられたなら、その習慣が身に付き、そのうち無意識にそんな決定をし行動していくから片付いた家になるのではないかと思います。

行動が変われば習慣も意識も変わるということねぇ・・・。
(と、昔、実家のトイレに貼ってあった紙にもそんな言葉があったことを思いだし)
そう、行動が変われば~の最後は「人生が変わる」でした!

春ももうすぐ!
変わりたいと思ったら、やっぱり行動を変えてみることが一番なのかも。

« 私たちが幸せであること | トップページ | またまた取材 »

整理収納コラム」カテゴリの記事

コメント

お菓子の箱をくくってある紐を無意識にくるっとまとめたり、入ってた紙袋を無意識に畳んでたりしますね(^^ゞ

情景が目に浮かび、思わず笑ってしまいました

そういえば私もその友人宅に行くと、立ったついでに洗い物をしたり、お菓子の袋を捨てたり、なんだかんだとやっております(笑)

無意識、というより、手を出したくなる??

その前に自分の家もなんとかしなきゃ


春先はなんだかそういうこと、やりたくなります

まずは行動あるのみ!ですね

☆kumiさん
無意識にちょっと掃除してたり(笑)
気付いた時にやるってのが身に付いているのか、忘れるから今やるのか…あっ、話がすれました

☆やなちゃん
そうそう、その通り!目に浮かぶでしょ
でも先日は私の方が癒されてました
手を出したくなるのわかるわ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の決定が片付いた家をつくる?!:

« 私たちが幸せであること | トップページ | またまた取材 »