« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

自分でできる子に

昨年の夏あたりから「子どものお片づけ」についてのご相談が増えています。
実は今日もトライアルサービスでお子さんと一緒に取りかかる場所を決めて、物の整理から使いやすい収納まで行ってきました。

いつも息子の相手をしているので、女の子との対話は私自身が新鮮で楽しい時間。
とーっても素直に「そっか!」「そうだね!」と言ってくれて、一緒に作業したことで多くの気づきがあったようです。

整理することの気持ちよさや使いやすくなることの快適さを実感してもらえるように心がけて作業をさせていただいたせいか、帰り際「楽しかった!」と笑顔で言ってくれました。
次回の訪問が楽しみです。

さて、うちに帰ると給油のために外に出しておいた灯油タンクが玄関に置いてあります。
子ども達、二人でマンションのホールから持ってきてくれていました。
我が家は1Fなのでマンションの玄関ホールから家の玄関まで5メートルもないくらいですが
それでも18キロにもなるタンクを運んでくれるとは・・・。

最近はますますたくましくなる我が子たち。
親とは別に和室に布団で寝るようになってから、布団の上げ下ろしも自分たちで頑張ってやっています。力を合わせて押入れの上段に布団を上げるその姿は親の目から見ても感動です(親ばか・・・

でも、こうやって一つずつ自分たちでやれることを増やしていけるような環境をつくるのも親の役目。
成長に合わせて、新しいことにチャレンジしてもらっています
次は寝室にしている和室のお掃除かな。

自分で出来ることが増えると、子どもは自信がつくはず。
できることが増えるということは自分のことを認めてあげられるということ。
自己肯定感もアップで自分の事も周りの人の事も大切に思える子になって欲しいと願っています。

”収納”って結局、家という箱の使い方

これだけ収納について多くの人が関心を持っているのに
相変わらず「片づけられない」または「片づかない」家の多いこと・・・。

「収納スペースという箱の中にどう物をいれるか?」ってことばかり考えていても家の中は片づかない。
そこに必要なのは「家という箱のなかでどう暮らすか?」ということ。

マンションの同じ間取りであっても、暮らす人が変われば暮らし方も変わる。
人が違えば、持っているものが違う
大事にしているものも違う
家事のやり方だって違う
暮らし方が変われば当然、使いやすい収納もそこに入るべき物も違ってくる
ごくごく当たり前のことなのに気づいていない人が多いのではないか?

「整理」して不要なモノを取り除くことは大事です。
物を捨てれば、空間は空くけれど
でも、それまで使ってない物を捨てても、生活には影響はほとんどない。
それよりも・・・
日々使っているものを、楽に出し入れできるように
日々動いているもの(例えばDM,書類、プリント)の管理が楽になるように
日々の家事が効率的になるように
生活が快適になる「収納」や「動線」を考えることの方が生活に影響は大きいのです。

もちろん、箱である家中が物に支配されている場合は不要な物を取り除くことが先。
だけど日々、なんとか生活に支障がない(本当は出ているんだけど・・・探し物とか)程度であればなおさら、使っている物から快適な生活になるよう整えていく方が効果が大きい。

それから不要な物を取り除いていってもいいと思います。
捨てられないなら捨てるのは最後の手段でもいいんですよ。


心も一緒に着付けます

今日は着付け教室のテストの日。
昨日の練習のお蔭で今日は自分でもびっくりするほどスムーズに着付けができました。
筆記テストも100点

着るたびにコツがわかってくるのが楽しい

同じ教室に通ってる方から「普段も着てるの?着なれている感じよ」と言ってもらえて、ますますやる気も出ちゃいます(笑)
着物を着ての所作は大学時代に少しばかり茶道をかじっていたことが役立っていそうだけど
もう10年以上前の話・・・普段から意識して気を付けないと、なかなか身につきません。

今日、先生が着物について
「着物はその人の内面で着るもの、着ている人の内面を想像させるのが着物」だと言われていて「なるほど~」と感心していました。

「誰が着ても着物の形は一緒だからこそ、着付けの最後に気持ちを入れる」というようなことを言われ深く頷く私。

「どんな自分になりたいか?」ってことだよね?
「どんな心持ちで着るか?」ってことで、整理収納にも通じます。
大切なのはやっぱり自分の心のあり方。
これからも気持ちをこめて着付けたいと思います。

今週末30日 整理収納無料セミナーのご案内

今度の日曜日、三井不動産レジデンシャル様のパークタワー勾当台公園
上杉レジデンシャルサロンにてセミナーを担当させていただきます。

~収納率だけでは解決しない!
快適マンションライフの秘訣、整理収納アドバイザーが教えます。~
「今日から役立つ整理収納講座」

マンションの収納をどんな風に使いこなしたらいいのか?
具体的な使いこなしテクニックもお教えいたします。
整理収納のきほんから、実践的な収納方法までお伝えします。
そして最後にはモデルルームの収納を使って使いやすい収納のご提案まで!
盛りだくさんの内容です!

今のマンションの暮らしで収納に悩みを抱えているという方や
お引っ越しを考えていらっしゃる方
住み替えご予定の方にも今後の暮らしを考える上で
問題解決のヒントになる内容になっています。

2011年1月30日(日)
午前の部、午後の部の2回予定しておりますが
定員は各回15名となっております。

お申込み・お問い合わせはこちらから↓
2011新春特別イベント「今日から役立つ整理収納講座」

皆様のご参加お待ちしております

お片づけをなんとかしたいと頑張っているあなたへ

先日は住宅リフォームフェアにて多くの方に無料相談ブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。
また、コンシェルジュコーナーでは私も3名の方のご相談に対応させていただきました。
今回のご相談が次のステップへのきっかけになれたのなら幸いです。

さてさて、ご相談を受ける中でいろいろ思うことがあり・・・
わたしから片づけたいと思って、色々な工夫をしながら頑張っている人へのメッセージです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが頑張っていることは、その姿から十分に伝わってきます。
いろいろ工夫して、本当に頑張ってると思います。

でもちょっと言ってもいい?

「その頑張りは誰のため?」

「何のためにお片づけを一生懸命やっているの?」

子どもに片づけられるようになって欲しいと思うなら
子どもが何をどんな風に使って遊んでいるのかよく見て
片づけられないのは何が原因なのか探ってみて

自分の考え、やり方を押し付けるのではなく
子どもの行動を見て、一緒に考えてみてはどうだろう?
子どもには子どもなりの分類のルールがあるのかもしれない。
おもちゃ箱が大きすぎて引き出せなくて、片づけが嫌になっているのかもしれない。
どうしたら楽に出し入れできるか考えて。

相手のことをよく見ていないと、相手に合った方法は見つけられません。


「どうして同じようなものを2つ持っていちゃいけないと思うの?」

本にシンプルにしなさい、同じような物は捨てなさいって書いてあるから?
誰が何と言ったっていいじゃない。
あなたがそれを2つとも使いこなしているのなら。

誰が暮らすでもない、そこにはあなたが暮らしているのです。
暮らす人、使う人が良ければそれでいいんです。

「自分がどうしたいのか?誰のために、それをやろうとしているのか?」

そういうことが一番大事。
普通や常識の枠にとらわれ過ぎないで。

「捨てれば解決すると思う?」

思い切りよく捨てられる人はそれで解決できるかもしれないけれど
多くの人はそれだけでは解決しないことを知ってほしい。
だから捨てられないからと自己嫌悪に陥らないで。
捨てなくても解決の方法はあるんだから。

捨てること、減らすことはひとつの手段にしかすぎません。

厳しいことも言いますが
でもそれはあなた自身の心の声を自分で聞いてほしいから。
いつまでも人に判断をゆだねていては自分の気持ちは見えてきません。

答えは自分の中にあるはず。
もう、そこに見えているよね?

「あなたは本当はどうしたいの?」

聞くべき相手は、まずは自分自身。
本当に、もっと楽に自由になって暮らしを楽しんで欲しい・・・。

整理収納は苦痛なものじゃなく、本来もっとワクワクして楽しく取り組めることのはず。
もしも苦痛になってたら、自分の気持ちに嘘をついていないか確認して。

「本当はなんのために片づけようとしているの?」

暮らしを楽しむ人は、暮らしの真ん中に自分がいます。
暮らしを楽しむ人は、自分に正直です。
暮らしを楽しむ人は、自分の良いところも悪いところも含めて、
そんな自分のことをありのまま認めています。

あなたはどうですか?
もし、片づけることが辛くなったら、休んでも大丈夫。

また「やろう!」って思えたら始めればいいだけ。
その時には以前とは違う「片づけの目的」が見つかるかも。

「自分の気持ちに正直に」

なんとか二重太鼓が結べた

来週は着付け教室でテストがあるので、昨日、空いた時間にまじめにお家で復習。
練習してはみるものの・・・
着物まではとりあえず着れても(美しく着つるまでにはいたらない
帯結びになると途中で手が止まる。

あれ?この次はどうするんだったっけ?

ひとつの帯の結び方もさまざまで、教えてもらっているのと本に書いてあるのは微妙に違っていたりする
やっぱり、何度も結んで身体で覚えるしかないようです。

今回は小紋の着物で・・・

110121_155824

明日、明後日は夢メッセへどうぞ!

今日は自宅でフリーペーパーの取材を受けておりました。
ちょうどこれから引っ越しシーズンですからね~。

掲載日が決まりましたらまた改めてお知らせいたします。

さて、明日、明後日はリフォーム産業新聞社主催の住宅リフォームフェアに「お片づけサポートし隊」として東北の整理収納アドバイザー有志で参加いたします。

会場は夢メッセです。
小物や雑貨を自分で作れるワークショップも例年好評で、色々なイベントやセミナーが盛りだくさん。
今すぐリフォームを考えていなくても楽しめる内容になっていますよ。

私たちは今回、住まいのコンシェルジュとして相談ブースにおります。
相談は無料となっておりますのでお片づけでお悩みの方は是非お気軽にお越しください。

ひらめきが降ってくる

昨日からひらめきがたくさん降ってきます。
あれも、これも!

今日は大好きなYちゃんとランチを兼ねて打ち合わせ。
色々なヒントや自信をもらってきちゃいました。
いつも感謝です。

昨年から考えていたことの方向性が同じだったり
ご縁のあるところが一緒だったりで
神様から「一緒にやりなさい!」と言われているようです。

さくさくっとカタチにして行こう!
これも私の今年のテーマ「応える」につながっている。
集まってきたことに応える、相手が欲しいと思っていることに応える。

そして何故だか先日から北の方からお声がかかる・・・。
今度は北に呼ばれているのかしら?
こちらもご縁がありますように(^^)



アウトプットの味方

すっかり更新が滞ってしまいました・・・風邪もひかずに元気です
先週から生みの苦しみとでも言いましょうか・・・
頭の中にあることを、どんな形にして出したらいいかということに集中しています。

そう、今日もコラムを一本仕上げ
月末に開催されるセミナー資料の作りこみ作業と
春からの連載内容
新しい商品パッケージの企画などなど頭を使う作業ばかり。

そんな時、私は一人で考えていても煮詰まってしまうので
ある程度まとまった時点で身近な人に話を聞いてもらいます。
それはスタッフだったり、友人だったり、夫だったり・・・。
身近に聞いてくれる人は私のアウトプットの強い味方。

話しているうちに、あれも、これも、
ああしよう、こうしようが出てきて楽しくなってくるのです。
それを形にしてくれるスタッフは本当に心強い。
人に聞いてもらうことは頭の整理になっています(笑)

そして明日は大好きな人と一緒にはじめる新企画の打ち合わせ。
また新しいワクワクがはじまります♪
新企画、早く皆様にお伝えできる日が来ますように


着物で外歩き

今日は午前中、年明けて最初の着付け教室へ。
数か月前までは自分で着物が着れるようになれるなんて夢みたいだってけれど・・・何とか(それなりに)できるようになるものですね。
これも先生のご指導の賜物

今回はお教室の帰りは着付けしたそのままで、友人とランチをし、家では着物姿で息子の幼稚園バスの迎えも(笑)

少々動いて、着崩れても家でだったら着付けの本を見ながら落ち着いて着崩れも直せます。

胸元が浮いてきたら・・・ここを引っ張ればいいのね~
トイレのあとのチェックは・・・そうだね、ここ気になる~

などなど、着て→動いて→着崩れて→直すことで覚えられることもたくさんあって良い経験でした。
次回もこのパターンで楽しんでみようかな

ちなみに今日の着物は茄子紺の色無地に黒地に葡萄柄の帯。

110112_144621

この着物、15年ほど前につくったもの。
当時からかなり、渋好み。
基本的に好きな色、雰囲気は変わってないみたい。

着物に興味を持って、改めて気付く自分の好みでした。




神様からのプレゼント?!

昨年末のオファーに引き続き、また先ほども新しいオファーをいただきました。
願っていると叶うものですね・・・。

自分から営業をかけるわけでもなく
来年は「こんなことしたい!」と思っていたら
向こう側からお呼びがかかるなんて私はなんて幸せなんでしょう!
これもご縁をいただいた皆様のお蔭

ちなみに私が思っていたことは「書く」こと。
「書く」ことでカタチにした整理収納をお伝えしたいと思っていたので
大きなプレッシャーも感じますが
執筆のお仕事(それも連載!)をいただけてとてもうれしいのです。

新年から神様からのプレゼントいただいて、テストされているような気分でもあり・・・
精一杯取り組みたいと思います。



さらに変化した我が家を見てみませんか?

今年初の打ち合わせをしてきたら、もうすっかり通常モード。
新しい年もさまざまなカタチで楽しく整理収納をお伝えしていきたい気持ちでいっぱいです

例年は1月はお休みしている自宅サロンセミナーですが
今年は特別に1月から開始いたします!

昨年から生活スタイルが変化したために、収納を見直した押入れは以前とはかなり変わっています。
春から小学生になるお子さんをお持ちのママにぜひ見ていただきたい!
澁川家の暮らしぶり。

すごく頑張ってキレイに片づけるわけでもなく、日々の暮らしが片づけやすいシステムになっているから無理なく片づくようになっています。
気づいたら家族みんなが家事に参加できる家になっていました。
(気づかないうちに参加させられているとも言う

今回から自宅サロンセミナーでは私なりの新しい試みもありますのでお楽しみに!

年末年始、家族も家にいて
実家からの持ち帰り品で
なんだか家がスッキリしないって方にもぜひ!

お片づけのモチベーションアップにもご利用くださいませ。
詳細・お申し込みはCOMFORT STYLEのHPからどうぞ!

講座・セミナーのご案内はココをクリックお願いします。

着物の収納方法

今日は事務作業をしてメールの対応もしていたせいか
お正月気分もすっかり抜け気味(笑)
おかげで明日からの打ち合わせも万全です。

さて、お正月ゆっくり過ごさせてもらったのですが
ひとつだけ心残りが・・・。
本当は着物を着て初詣に行きたかった!

しかし、まだ着付けで習った帯結びは名古屋帯での一重太鼓・・・
そして私は名古屋帯を持ってない
袋帯は持っていても二重太鼓が結べないってことで断念。
まぁ、本気で着ようと思えば着れたと思うけれどその気力もなし・・・。
来年こそはスマートに着付けしてお出かけ出来たらいいなぁという願いを込めての告白でした。

ここ数日「押入れ 着物収納」で検索ワード上がってきています。
私が着物を着たいと思っても一番のネックはどこに収納するかでしたからね・・・気持ちはわかるかも。

着物の入る衣装箱や和箪笥って幅が100cmの物がほとんどですよね。
奥行80cm程度の押入れに幅100cmの衣装箱は長辺(縦)方向には入れられないから短辺(横)方向で入れるしかない。
でもそうするとふすまの開口スペースは80cm程度だから引っかかる。
結局、衣装箱は押入れの外に置くしかないわけです。
だけど上にモノを置きやすいから、すぐにふたが開けられないという状況に陥ります。

箱収納は頻繁に着る着物の収納には向かないということが理解できますよね。
普段から着たいなら引き出し収納かオープン棚収納がおすすめです。

もし私が着物用に収納を作るなら観音扉の棚収納にすると思います。
棚の一部には帯揚げ、帯締め小物を収納できる浅い引き出しを組み込んで・・・
下段には草履収納のスペースも。
考えるだけで楽しい

いつかそんな着物専用スペース持ちたいです。
その前に着付けマスターしましょうって話ですけどね



東京デート

昨日の夜に仙台に戻ってきました。
下りなので渋滞もなく、お天気も問題なく無事に帰りつくことが出来ました。

さて、実家へ滞在中は思いがけず夫と二人の時間が出来て、東京散策してきました!
普段は東京へ行っても仕事の用事を済ませたらとんぼ返りで、ほとんど観光する時間などなかったので今回、初の浅草へ行ってきました。

110102_123737

スカイツリーも見えます

110102_123704

雷門初めて見ました!
でも、この人ごみ!!
正面から入るのをあきらめ・・・横道から仲見世に入ろうとしたらバリケードで封鎖され正面から入るように促されるも人ごみに負けて断念。
浅草寺に初もうでで叶わず

お茶を飲もうにも店はどこも混雑。
場所を上野に移動してスタバでカフェタイムのあとは思いつきでここへ

110102_160439

旧岩崎邸です。
言わずと知れた三菱創設者・岩崎家の本邸。
外観ももちろん、中も本当に見事でしたよ!
オイルヒーターにも植物柄がついていたり
天井の刺繍は細かな仕事で細部にわたっての繊細なつくりに感嘆・・・。
広い広い庭園には巨大な石灯篭・・・。
広さからすれば当然の大きさかな。

時々はこんな時間がもてたらいいなぁってことで
今年は休日には公園や建物めぐりしていきたいと思いました。

ゆっくりした休暇も今日で終わり。
COMFORT STYLEは明後日から仕事はじめですが
私は明日からウォーミングアップで事務仕事始めです。

謹賀新年

謹賀新年
あけましておめでとうございます。
福岡の実家は年末から雪が積もっているようですが
東京は穏やかなお天気。

今年、このお天気のように穏やかな気持ちで一年過ごせたらと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »