« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

卒園式

今月14日の予定だった二男の卒園式が今日、行われました。
幼稚園も情報の整理がされてなく、そのために卒園式の日程のことでかなり右往左往させられました・・・。
最後まで出席するかしないかで悩みましたが、最終的には調整して母(私)と二男だけで参加。
(夫と長男は参加できず)

震災の後の卒園式ということもあって、震災の犠牲になられた方を悼んでの黙とうからはじまりました。

卒園式の最後の練習から2週間以上経っていたにもかかわらず卒園児たちは、進行を完璧に覚え、しっかりと行動していました。
ここで卒園する子ども達のことはもちろん、被災した子どもたちのことを思うと思わず涙が溢れてしまいました。

子どもたちの笑顔には癒されました。
先生方の涙には今までの思いを感じました。
久しぶりに会えた友人たちの顔を見てホッとしました。

最終的に参加できてよかったです。
卒園式できちんと区切りをつけて幼稚園生活を無事に終えれたこと・・・
感謝の気持ちでいっぱいです。










あたりまえがあたりまえであるしあわせ

ここ数日は原稿を仕上げたので少しゆっくり過ごしていました。

近くの温泉施設がオープンしてくれたおかげで今日は地震後に初めて湯船につかりました!

ちなみに利用したのは「汗蒸幕のゆ」
営業時間は10:00~18:00で最終受付は17:00
料金は小学生以上は500円でタオル、シャンプー、リンス、ボディソープは持参。

10時くらいに行って1時間くらい並んで入れました。
震災後のオープン当初は整理券を配布していたようですが今日はもう整理券はなく、先着順で並んで入れているようです。

皆が利用できるようにとシャワーはひとり5分、入館から45分の制限付きですがそれでもお足を伸ばせてお湯に浸かれる心地よさはもう格別でした。
45分あるとはいっても多くの人が30分程度で上がってきている感じでしたね。

一昨日には美容院へ。
今月末に予約していたのを、もう営業しているというので前倒しで行ってきました。

楽しみにしていた着物でのパーティーも今回の震災で中止になったため髪を長くしておく理由もなくなって、何年振りかで髪を短く切って節水仕様にしてもらいました。

震災から2週間が経ち、地震だけの被害だった街中はずいぶんと流通も復活してきました。
建物には安全調査後の危険の赤い紙、黄色の要注意の紙、緑の調査済みの紙が貼られ調査が進んでいるのを感じます。
ライフラインのガスも私の住むところは今月末には復旧しそうです。
それなのに新聞に掲載される死亡者の数は増える一方。
そして本来は減るはずの安否不明者も増えていくという悲しい現実。
まだまだ被害の全容は見えてきません・・・。

こんな状況で昨日はマンションには定期清掃が入っていました。
一瞬「今じゃなくても」とも思いましたが、考えてみたら業者さんも仕事がなければ困ります。
私も同じ状況。
開催予定だったセミナーも会場が使えないなどの理由で中止、家事代行もお客様の都合もありお休みが入っています。
他にもガソリンがまだ十分に手に入らない状況、頼みのJRも不通の路線が多くサービスに伺いたくてもうかがえない状況もあり、思うように前に進めません。

誰もが今までしていた仕事を今まで通り普通に出来ることが復興につながる近道なのかもしれません。

ケンタッキーがチキンが売っていること
マクドナルドがハンバーガーが売っていること
美容師さんが髪を切れること
清掃業者がお掃除できること
私がお片づけの仕事ができること

あたりまえがあたりまえに出来たらそれが嬉しい。
いつもの場所がいつも通りであってくれたらそれが幸せ。

一日も早くそうなるよう願わずにいられません。

わが家で地震対策に使用していた物

宮城県では宮城県沖地震が近いうちに高い確率で発生するということで、防災意識は高かったはず。
わが家でも地震対策はやっていた方だと思います。
そこで今日は使用していたアイテムを紹介いたします。

耐震接着ゴム
これで液晶テレビは倒れませんでした。
他にも小物用の商品もあるのでフルーツを入れていた陶器ボールの下に使用していたら、同じ場所にある電子レンジは落下していたのに、ボールは落下せず無事でした。

Spql52_1


家具転倒防止安定板

P1020278

揺れの方向や家具の配置も影響はあるのでしょうが、和室の本棚にこの商品を使用し、さらに上記写真のように天井まで隙間ないように本を入れた段ボール箱を置いていたために本棚は転倒しませんでした。一番上の段ボールの中身も重いものだったから、簡単に落ちず逆に良かったのかも。

感知式の耐震ロック(扉開き防止)

Sfpfr1

P1020277

これを付けていたおかげでワイングラスが飛び出さずにすみました。
このスペースに入っていた中で割れたのはワイングラス2つだけで済みました。このお蔭でかなり被害を押さえられたと思う。

家具転倒防止伸縮棒←このアイリスサイトに転倒防止試験映像あり

P1020281_2

これは食器棚に設置していました。
扉は開きましたが食器棚の転倒は免れました。

・滑り止めシート

P1020280

白色でわかりにくいですが、食器の下に敷いていたため、シートの上にあったものは滑り落ちずに済みました。
たたコの字型ラックの上に置いていたものはシートがなかったためかかなり落下・・・。

対策をしていたからといって完璧ってことはないけれど
何も対策をしていなかった場合よりも確実に被害は少なくて済むと思いました。

今回の地震のあと、よく聞いた話は
家具が転倒してドアが開かず部屋に入れなくなってしまった・・・
防災用品を入れている場所まで物があって行きつけない・・・
収納スペースの中で何かが引っかかって開閉できなくて必要な物を取り出せなかった・・・

そう、たとえ準備していても、取り出せなかったら使えないのです。
そのことからも家具の転倒を防止し、収納スペースの中も整理し散乱しないように直置きせずにカゴなどにコンテナ収納を行ったり、物によっては分散収納でリスクを減らすことが大切だと感じています。

これから片づけをしていく皆様へ、まだまだ大変な中、物もそろわない状況ですがせっかくなら対策をとっての「安心&安全」収納を頑張ってやっていきましょう!



支援物資も仕分けが大事

今日のフジテレビ、とくダネ!の番組内で笠井アナが支援物資は仕分けをして送って欲しいとお願いされていました。

支援物資の分類は覚えている範囲で以下の項目がありました。

・飲料水
・オムツ
・日用品
・ティッシュ
・生理用品
・衣類(男女別、上下別、下着など)

ダンボールごとに分類されているのがベストですが、ひとつのダンボールに色々な物を入れる場合は、袋ごとに分類していれてもらえると現地での仕分けがスムーズになるそうです。

衣類だったら衣更えで保管する衣類の分類テクニックが使えます。

[大分類]男女別

[中分類]サイズ別

[小分類]アイテム別

この分類で分けていけば大丈夫。分ける順番は大分類からがいいですが小分類からでも構いません。

支援物資の分類のルールが事前にわかっていたら送る側も、現地で作業されるかたのことを思って協力しやすいですよね。

こんな災害は起こって欲しくはないけれど、起こったときにはスムーズに支援できる仕組みが広く知られることを望みます。

この支援物資の分類の話を聞いて改めて、使いやすいように分けることが大切だと思います。

届いた、その先にどんな作業があるかを想像し、荷物を分類して詰めること…それは私たち整理収納アドバイザーが日頃の生活で実践し、みなさんへお伝えしていることに他なりません。

震災から10日経ちました。それでもまだ支援物資が満足に届いていない地域もあります。
一日も早く円滑に必要な人のところに必要なものが届くよう願っています。

今後のスケジュールについてお知らせ

震災の影響で今後のスケジュールに変更がありますのでお知らせいたします。

「家・整・楽」塾
4月14日(木)、5月12日(木) 中止いたします。

自宅サロンセミナー

3月22日(火) 中止いたします。

「家・整・楽」塾の会場であるせんだいメディアテークも被害があり、休館とのこと。
そのため会場使用が出来ない状況のため中止とさせていただきます。

自宅サロンセミナーに関しては自宅マンションも被害を受けており、まだ建物の安全確認が出来ていない状況でお越しいただいた場合の安全を確保できないため中止とさせていただきます。

地震の起きる前日、「家・整・楽」塾でせんだいメディアテークにいたのですが、その場所がひどい状況というのにもショックを受けています。
被害状況を調べていて偶然に見つけた、せんだいメディアテークでの地震発生時の映像。
その時は必至で「とにかく激しかった」と言う以外どんなだったかも覚えていませんでしたが映像を今見るとどんな揺れだったのか、どれくらい長い時間ゆれていたのかを知ることが出来ます。
しかし、あんなにひどい地震でも倒壊していないというのは日本の建築技術の素晴らしさです!



この映像にある7階の会議室でいつも「家・整・楽」塾を開催していたのです。
落ち着いたころに安心、安全の整理収納についてもお伝えしていきたいと思っています。
一日も早い復興を願って。

てくてく歩いて

昨日は真冬並みの寒さの中、野菜を買うのに3時間待ちでした~。
でもね、こうして新鮮なお野菜や果物を届けてくれて感謝の気持ちもいっぱい。
お蔭でお野菜がたくさん手に入ってうれしいです。

今日で震災から1週間、さすがに手持ちの現金が少なくなってきたので、営業しているかわからないけれど、買い出し兼ねて歩いて銀行まで行ってきました。
銀行も天井が剥がれ落ちた箇所や壁にひびのある中、営業されていました。
いつも通りではないけれど、いつもの場所が営業しているとホッとします。

銀行のあとには少し遠回りして帰宅。
帰宅途中にランチを500円で提供しているやシャンプー1000円の美容室や理容室も見つけました。
他にケンタッキーが営業しているのをみつけて、急いで並ぶも完売
お肉や魚が手に入らないので無性に蛋白源が食べたくなります…身体が欲しています
ファミマが営業していたので並ぶと商品はタバコとアルコールとジュース類しか残っていないので少しのおやつと缶ビール2本購入。
自宅近くのケーキ屋さんがお店が真っ暗な中、ケーキを販売していたり
(ちなみにこのケーキ屋さんはここ。午前中ならスポンジケーキも買えるようです。)
中華料理屋さんがチャーハンを提供していたり
本当に少しずつ復興していっているのを感じます。

だけど、復興に向けて進んでいるとはいえ
環境的、心理的な復興の状況は人それぞれ異なることを改めて感じています。
そのことをここ数日、痛感しています。

私の住むところでは電気も水もきたけれど、まだ来ない地域だってあるわけです。
やっと少し先のことも考えられるかなぁと思うものの環境は日に日に変化していく中で明日は、またどうなるかわからないという状況で、とりあえず今できることや決めれることをやっていっている状態。

連載の決まっていた地元新聞の夕刊も、今回の震災で特別体制紙面になっていて連載開始も延期になりそうです。
今週末に予定されていたセミナーも震災の混乱と会場の安全確保ができないために中止。

私自身が今できることをやるしかないと考え実践していることは
車は出来る限り使わない。
(ガソリンが手に入らないことと、被災地支援の円滑化のため)
水の節約でトイレの流す回数を減らす、洗濯は最小限を手洗い。
(下水処理場が被災して処理能力が落ちているため)
灯油の節約
(これは単純に燃料不足で手に入らないため)
電気の節約でダイニングの照明のいくつかライトを取り除きLEDライトのみにした。
(消費電力の大きいスポットライトを取って節電です)
他にはお客様とスタッフとのコミュニケーション

色々、思うこともありますが今はこれが精いっぱい。
さぁ、今夜もこれから電気グリル鍋で夕飯です

災害時に役立つ調理器具

今日は午前中に水道復旧!
これで給水所への水汲みの苦労もなくなります!
蛇口をひねれば水が出てくるありがたさを感じています。
しかし、2か所ある給水タンクの1つが破損していること
下水処理施設が被害を受けていることを考えるとまだまだ節水に努める必要があります。

水道が復旧したのでお湯を電気ケトルで沸かして水に足しながら髪を洗いましました。
6日ぶりの洗髪は生き返るような気持ちよさでした
しかし、ガスがまだなのでお風呂、シャワーはまだまだ無理です。

今日の買い出しは2時間待ち。
友人たちと連れ立って買い出しに行ったので2時間もおしゃべりでしのげます
今日のお店はリクエストすると(リクエストは5つまで)店員さんが店の中に商品を探しに行ってきてくれます。
こんなときに・・・と思われるかもしれませんが私のリクエストはまずビール!
気持ちの安定剤です。
他に・・・
リンスインシャンプー(節水用に)
お好み焼きソース
干しエビ
とろろ昆布

小麦粉があったのでお好み焼きを作る予定で上記のリクエスト。
残念ながらあげ玉は手に入らず・・・基本的に要冷蔵品が手に入りません。
とろろ昆布は簡単にできるお吸い物用に購入。

ガスが使えないので毎日の食事のメニューにも頭を悩ませます。
電気のグリル鍋で調理できるものか
ガスボンベ使用が短時間のものになってしまいます。

そこで役立つのがシャトルシェフ
保温調理できるのでガスの使用は短時間で済み、保温も8時間くらいできるので重宝しています。
もうひとつはル・クルーゼこちらも保温性があるので電気ケトルでお湯を沸かしたのを入れて温泉玉子をつくったりしています。
ただル・クルーゼは鍋が厚いので卓上ガスコンロでは火力不足ですぐにお湯を沸かすのには向いていません
そう、そして電気ケトルや電気ポットもガスが使えない時には使えるアイテムです。

思いつくまま徒然書いていますが
電気が使える状態であれば上記のアイテムはかなり使えると思います。

次回、役立ったものをまたまとめますね。

テレビを見ながら必要なところに必要な物が届いていない現状にもどかしさを感じます。
避難所に届かない物資の山、必要な個所に行き届いたかも確認のなされていない状況・・・取材のクルーでも給水車でも行ける人が持てる分、運べる分だけでも持って行けたらどんなにいいかと思ってしまいます。

あぁ、本当にまとまりのない内容で失礼しました。

今日のこと

沢山のコメントありがとうございます。
あちらこちら震災の影響がではじめてきましたね・・・。

日を追うごとに切なさが込み上げます。
まだ水道が復旧していないので午前中に給水所になっている小学校まで行ってきました。
そこで知り合いにあったんですけど、顔を見ただけで涙が溢れます。

テレビで報道されない被害のそれほどない地域(とは言っても被害はあるんですが)は自力で何とかするしかないのが現状です。
食べ物も自分たちで調達、水も汲みに行くしかなく(それも行ったらいつでもあるわけではない)状況で、でもみんな何とか頑張ってやっています。

給水所からの帰り道に見た
山形からリンゴを売りに来ていたご夫婦
今ある材料で営業するお団子屋さんにケーキ屋さん
産直の野菜を屋外で売る店

かなり勇気づけられます。

私も出来ることからと思って午後から今後の仕事の調整をしていました。
家事conのお客様の安否確認は取れていましたが、今後のサポートのことなどご要望をお聞きしながら決めていっています。
仙台市中心部は水も電気も復旧したところが多いようです。
北部の我が家もそろそろかなぁと淡い期待を抱いていますがどうなるかな。
小学校は来週は行けるのか?色んなことが様子見の段階です。




地震発生時と現在の状況報告(長文)

やっと昨夜、電気が復旧しまし、やっとネットにアクセスできる環境になりました。
携帯のメールもつながりにくく、バッテリー切れの恐れもあり返信できずにいましたが
多くの皆様からメッセージいただき本当にありがとうございました。

地震発生時、お客様宅から車で自宅に戻っている時でした。
道が混んでいたせいもあり徐行しながら走っていると
歩道をあるいている女子中学生が突然「やっやっやっ!」って叫んでいる声が聞こえました。
何だろうと左側を向いた瞬間に道路が波打ち
車は激しく揺れ、電線は縄跳びの縄のようにうねっています。
かなり長い時間揺れいていました。
歩いている人たちは立っていることはできず、しゃがみ込んでいました。
私は必死で車のハンドルを握りしめ、ブレーキを踏んで止まっているのが精いっぱい。
揺れが収まり、少しずつ車も動き出します。
地震で停電、信号も止まってしまっていましたが注意して運転し、とりあえず自宅まで帰宅。

 

子どもたちは小学校と幼稚園に、夫は職場とみんなバラバラ。
自宅を確認したのちに友人に長男の迎えを頼み、私は8キロほど距離のある幼稚園へ車で迎えに行きましたが帰りはひどい渋滞に巻き込まれましたが何とか帰宅。
帰り着いたら夫も会社から戻ってきてくれていました。
(それもヘルメット姿で・・・見事な災害対応)

翌日は家の中の片づけ。

家の中はリビングではチェストの脚が折れ前に倒れていました。
食器棚はつっぱりで地震対策していたおかげで倒れはしませんでしたが、中の食器はかなり割れていました。

(こんな時、なぜかお気に入りから割れていくのね・・・。)

奇跡的に仕事部屋と子ども部屋(和室)の背の高い本棚はほとんど中身も飛び出さず現状をとどめていました。

あの地震の規模にしては室内の被害は少なかったように思います。

1Fだったことと地震対策で食器棚の中に滑り止めマットを敷いたり、転倒防止の金物を取り付けていたことが幸いしたようです。ワイングラスやコーヒーカップの入った収納も地震対策で地震発生したら扉が開かなくなる金物を取り付けていたため割れたのは2つだけ。
割れた食器は幅50センチ程度の紙袋に二袋分くらいでした。

ハンディークリーナーを充電していたので掃除機をかけることもできました。
停電中キャンプ用品のLEDのランタンが大活躍。
他にもアウトドア用ガスバーナーも役立ちました。
ラジオや電池は災害用に備えていたのですぐに使えました。
携帯充電用の器具も便利でしたね。
食料も冷凍庫が珍しく一杯だったことで停電中も溶けずにすみました。
冷蔵庫にもすぐ食べれるものがあったこと、炊飯器にご飯が炊いたままだったこと
手軽に食べれる果物があったことが幸い。
準備していた非常食はまだひとつも手をつけていません。
今回、普段食べている物で非常時にも対応できるように常に常備しておく方が有効だと思いました。

そして今の現状。

水道とガスはまだ使えず、復旧のめども立っていません。
小学校も今週いっぱい臨時休校、今日が幼稚園の卒園式だったのですがそれも延期。

買い物は同じように被害のあったスーパーが店の前で商品を並べ売ってくれますが購入までに1~2時間待ち。
水、電池、ガスボンベ、ろうそくなどは売り切れ。
物流もストップしているのでスーパーでパンなども売っていません。
まぁ、それでも何とか食べれる程度の生活はできています。

テレビでは特に被害の大きい海沿いの映像が映っていますね。
津波の被害のなかった
仙台の中心部や私の住む北の方はガラス窓が割れていたり
壁が剥がれているところ、道路が隆起したり陥没したりで地震の被害は大きいです。
自宅マンションも部分的に亀裂が入っていたり、壁が落ちたり
なんとか住める状況ですが、余震が不安です。

お亡くなりになった方も多く、映像を見るにつけ涙が出てきます。
こんなにあっけなく日常というものが日常ではなくなること・・・。
今も余震が起きました。
頻繁にサイレンを鳴らす救急車や消防車が走っています。

でも人は強い。
こんな中でも日常をつくりだし、生きることに精一杯の姿が見れます。
私たちに出来ることはないか?
大きなことよりも、まずは
身近にいらっしゃる方が困っていたらお互い様の気持ちで自分ができることを無理のない範囲で役に立てたらそれでいいのかもと思っています。

情報を提供することもそのひとつ。
今、私ができることとして現状のお知らせでした。

ひとつひとつにお返事できずに申し訳ありません。
本当に心より御礼申し上げます。

そしてまた笑顔で皆様にお会いできる日を楽しみに今を乗り切りたいと思います!!

無事です

ご心配いただいた皆様ありがとうございます。

こちらは家族全員無事です。
地震が発生したときは家族バラバラの場所にいたのですが、その後、会うことができました。

マンション1階が幸いしてか被害は他に比べたら少ない方だと思います。

電話もかかりにくく、まだスタッフ、お客様の安否確認もできません。
大丈夫でしょうか?心配しています。

相変わらず余震が頻繁に起きていて落ち着きませんがなんとか、この状況をみんなで力を合わせて乗り切りたいと思います。
取り急ぎご連絡まで。
メールをいただいた皆様ありがとうございます。

後回しにしない

今週はずっと出ずっぱり・・・
それでも昨日は朝から粗大ごみ処分しましたよ!

子どもたちが使わなくなったソファーベッドを思い切って処分しました。
わが家ではかれこれ10年は使ったでしょうか・・・
もともとそのソファーベッドがあった家でも10年以上使っていたと思うのでかなり古い物。
今まで主寝室に子供用のベッドとして置いていた場所ががらんと空き、部屋が広く見えます。

週末は寝室の模様替えしましょう!
確定申告も終わったし書類も整理したい!
家でゆっくり、整理したいです。

早速、今日の午後は時間決めて書類整理の予定組みます。
後回しにしないように意識すること大切ですね。

ラジオ収録してきました

久しぶりの再会です(^^)
RADIO3 「伊達の達人」パーソナリティ後藤美可さんにお招きいただき整理収納についてお話しさせていただきました。

Sp1020262_2

放送は来週!
RADIO3 FM76.2Mhz(仙台市中心に聴けます。)
今月17日(木)16:00~16:30
再放送が24日(木)16:00~16:30

iPhone&インターネットでもサイマルラジオで聴けるそうです。

いつも番組に出させていただくときに好きな曲を一曲リクエストするのですが
今回は小林桂さんのSMILE
お片づけで「笑顔」になるようにとの願いを込めて

今日は断捨離のお話からモノとの付き合い方や処分の方法についてお話ししてたら夕方には、とあるところからまたまた断捨離のことに関して取材依頼が・・・。
続きますね~。

こちらも掲載日が決まりましたらまた改めてお知らせいたします。




1周年を迎えました

1周年を迎えました

3月8日は家事con仙台店のオープンした日。
昨日でオープン1周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに支えてくださる皆様のお蔭です。

昨日はスタッフミーティングで思いがけずサプライズが!
スタッフからお祝いの乾杯用にとプレゼントをいただきました。

写真の左側が、すでに飲んでしまって空瓶・・・がスタッフからのプレゼント。
ノンアルコールのシャンパン風味のジュースでした(笑)
仕事中ですからノンアルコールでと気遣ってくれています。
青い包み紙は幻のチョコ!?
(仙台の夜の繁華街にある高級店で出てくるチョコらしいけど・・・)
美味しくいただきました(^^)

そして今日、ミニメイド・サービスからオープン記念のワインが届きました。
社長いつもありがとうございます。
写真右側が「ぴかぴか」をイメージしたデザインボトル。
家事conのエプロンもこのデザインなんですよ。
ミニメイドワインは今度、スタッフと共にいただきたいと思っています。

そしてもうひとつ、やっと確定申告も完了しました!!

今回はいつもより遅め・・・作業が滞っていた分、時間がかかってしまいました。
忙しさにかまけて記帳作業を溜めていたのが原因なんですよ・・・
来年度は溜めないように時間確保して経理処理していきます。

後でじゃなく、すぐやる、いつまでにやるを習慣に!
整理と同じ。

明日の午前は『家・整・楽』塾
午後はラジオの収録へ行ってきまーす!

今朝の朝日新聞『引っ越しのコツ』

今朝の朝日新聞『引っ越しのコツ』
おはようございます。
今朝の2011年3月7日朝日新聞朝刊 宮城版に『引っ越しのコツ』で掲載されています。

朝から自分の顔を新聞で見るという貴重な体験(笑)

asahi.comのwebでも見れました。
記事はこちら↓

「引っ越しのコツ」

時々、見失うもの

時々、見失うもの
今日は東京に来ています。

時々、見失うもの…今やっている仕事がどこに繋がっているかと言うこと。

ふと気づくとビジョンを見失っていることがあったり…。

今日はそれを見つめ直す時間を持てました。

期待以上の時間。
ありがとうございました。

小学校 机の中の整理整頓

今日の午後は長男の授業参観へ行ってきました。
1年間を振り返って自分が頑張ったことを発表する発表会で内容も子どもたちで考えて準備や当日の役割分担し係りを決めて頑張ってやっていました。

発表はもちろん、その役割をしっかりこなす姿にも母は感動
どの子もすごくしっかりしていて
いやぁ、1年の成長はすごいですね。

さて、その後は懇談会へ参加。
そこで持ち物や机の中の整理整頓について先生からお話があったのですが・・・
あることに気づきました。

机には引き出しがないんですよね。
私が小学生のことは学校机専用のプラスチック製の引き出しを入学時に購入し卒業まで使っていたことを思い出しました。

担任の先生に「専用の引き出しは使ってないのですか?」と質問すると「宮城県ではないですねぇ・・・。」とのこと。

これって地域差があるのでしょうか?
ちなみに私は福岡県の小学校。
オレンジや赤、青、水色の引き出しを学校近くの文房具店で売っていました。

こんな感じのものです。

S12


他にこんなのも見つけました。

Papamama_4904901411759kc016

引き出しがないと、奥が見にくいから取り出しにくく、ぐちゃぐちゃになりがちです。
一応、先生は1年生の時には机の物入れの右側には筆箱、下敷き
左側には教科書とノートを入れるように定位置を決めて
指導されていたそうですが、そのルールが守れている子とそうでない子がいると

帰りに我が子の机の中ものぞいたら、問題なくてひと安心。

引き出しや書類箱のようなものがあった方が見渡せるし使いやすそうだけどなぁ。
仕切りにもなるし。入れるところを分ければ物のグループ分けも学べます。

新年度、ちょっと何か箱を持たせようかと思う母でした。


まいどまいどお風呂で・・・

お風呂は私のひらめきの場所なんです。
昨日も新しい企画のことを思いながら身体を洗っていると…

ふっと降ってきました。

考えてた新しい企画のこととは別のことが(笑)

先日、書きあげた原稿だけど1年間連載するにあたって
何か軸が欲しいと思っていたら

ちゃんとキーワードが出てきました!

ちょっと身震いするほどうれしいひらめき!
これこれ!

4月からの連載の中身が
確実に私の中で芽吹いています。

「まぁ、ちゃんと。」のこちらコラムへ掲載されています

整理収納、お片づけお助けサイト「まぁ、ちゃんと。」 のこちらコラムに「仕事から感じる整理収納」というテーマでコラムを書かせていただきました。

今回は整理収納を「着物の着付け」に例えていますよ♪
どんな風にたとえているか気になったらぜひコラムでご確認くださいませ。

コラム↓
「仕事から感じる整理収納」

3月 新しことあれこれ

ちょっと更新もサボり気味
遊んでいたわけではありませんが、ここしばらく頭を使う作業と原稿の締め切りに追われ気持ちに余裕のない状態でした。

それでもなんとか締切日にはきっちり原稿を上げ
昨日は新しい企画の打ち合わせへ行ってきました。

講師3人でのセミナー企画です!
ひとつのテーマで3人の講師が各回を担当するという形。
詳しい内容はまだ発表できませんが・・・
私以外の2人メンバーがすごいんですよ!

打ち合わせしながら
それぞれ「自分もききた~い!参加したいわ~!」って(笑)
企画している私たちが一番盛り上がっています。

企画が通ったら晴れてみなさんへお知らせいたしますのでお楽しみに。

書き物作業もまた入ってきて、春の新年度のお仕事抱えていますが
年度末、私自身も身の回りを整理したい・・・。
(テスト前に部屋の片づけをやりはじめる・・・そんな気分です
去年は捨てられなかったアレも今年は処分できそう。
新しいことを入れるためにスペースを空けたい!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »