« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

お休みは

長いゴールデンウィークはじまりましたね。

わが家はマンションの被害状況チェックからはじまる休日(^_^;)

リスクを減らすために出来ること

P1020281

大震災から1か月半経ちましたが復興のスピードは本当に地域によって様々で、まだまだ先が見えない状況を耐えていらっしゃる方も多く、胸が詰まります。

被害の少なかった仙台市内でもまだまだ
色んな意味で生活が手一杯って感じでしょうか・・・。

だからなのか、悠長に聞こえてしまう「お片づけ」はまだいい…という感も世間にはあります。
実は違うんです。今だから必要だと強く感じます。
日頃の整理収納のおかげで地震でライフラインがストップした際にも「あれがない!見つからない!」なんてことでは困りませんでした。
持っていても、備えていても、いざって時に使えなかったら意味がない。
だから今こそ、自分を、家族を守るために、備え、見直し時期だと思います。

あれから1か月半
まだまだ余震の不安も続きます。
不安を少しでもなくすにはどうしたらいいか?
「地震に来ないで~!」と言っても無理そうだし、わからない。
だったら家の中を被害が少ないように整えていくしかないと思います。
どこにいたって絶対に安全、安心なんてことはないけれど
リスクを減らす工夫をすることはできるはず。

3・11の大地震後、そして4・7の余震後に仙台市内の我が家は食器は飛び出し、腰高の家具が転倒しましたが、それでも地震の対策はしていたので散乱や転倒したものは少なかったと思います。復旧も早かったです。

でも、それでも万全ではなかった。
まだ出来ることはたくさんありました。
この1か月半だけでも何ヵ所、リスクを減らす工夫をしてきたことでしょう。

この工夫を皆さんにお伝えするために新しいサービスを始めます!
ホームセンターの耐震グッズの前で悩まなくていいように
自分の家に合った対策が取れるように整理収納アドバイザー・コンサルタントが
整理収納から考えた、リスクを減らすお片づけをお教えします。

「食器棚の転倒防止や開閉防止はやったけれど、食器の入れ方はこれでいいの?」
「非常持出し袋はどこに置いておいたらいいの?」
「それ以前にわが家の場合、避難時に何を持ちだしたらいいの?」
「他にどんな工夫が出来るの?あと何が足りない?」
「効率的な非常食の管理は?どれくらい備えて持っておくものなの?」

そんなご質問も解決する内容をご準備してお住まいへお伺いいたします!
詳細は近日お知らせいたしますね。







震災後のお買い物

この間、インテリアショップで見つけて購入したもの。

Dsc_0106

なんだと思います?
伸ばすと、こんな形です。

Dsc_0107

蛇腹式の容器。
衣類のつけ置き洗い用に使ったり
お風呂の残り水を汲み置いたり

バケツと違って、口が広いのがうれしい。
これで10ℓは余裕で入ります。
何と言っても使わない時は畳めるのがうれしい。

最初は新たにおしゃれなタブトラッグスでも購入しようかと思ったんですが
収納スペースを取ることを考えると厳しくって
上記の商品を見つけて、ひとめで「これ!」って決めました。

私の買ったのはベローズ タブ、すでに我が家で大活躍(^^)
(リンクをクリックすると商品が見れます。)

九州に帰りたくなったCM

数日前にYouTubeで見た九州新幹線のテレビCM。

3.11の翌日12日に全線開業だったんですよね。

このCM、見るたびに涙がでちゃう。
知っている、なじみのある駅名に感じる安心感。

福岡で生まれ育って2002年から仙台に暮らす私・・・
ここ2年ほど、実家にも帰れてなかったけれど
CM見てたら、無性に帰りたくなった。

笑顔、喜び、希望、人の温かさ
無条件に感動してしまうのは、大震災の後だからなおのこと
「頑張ろう」なんて励ましで作られたものじゃないのに
受け取る私たちに力とあたたかな感動と力を与えてくれている。

ぜひ東北でも流してほしいなぁ。

夏には九州へ帰ろう!

こちらは総集編↓これみてもまた泣く

ごちゃごちゃを解消したーい!

仙台市内のほとんどの小学校で新学期が始まりましたね。
わが家の二男もピカピカの1年生になりました。

入学したら二男は学校から山のようなプリントと
学校への提出必要な書類をもらって帰ってきました。
もう、この量にうんざり・・・。
さらに兄の分まで入れて二人分を処理しなくてはなりません。
子どもたちから渡された段階ですぐに私も仕分けして、そののちに処理。
学校の先生のようにリビングに提出箱を置こうかと思うくらい(笑)

地震の被害があったところはバタバタしたまま
新生活が始まっているのではないかと思います。
みなさん、子どもたちの物を置く環境が整わないままスタートしていませんか?

わが家は地震後に、ここだけはと思い、なんとか整えました。
(まだ完ぺきじゃないけれど、一応の形はつきました。)

以前がこちら↓

P1020278

整理後がこちら↓

110420_162332

右側の二男のコーナーがランドセルを置けるように変わりました。
教科書や道具を置く場所も決めて整理したので、片づけるように言えば元の場所に戻します。
ハンカチやポケットティッシュも、このスペースに置いていて自分たちで準備できるようになっています。

いつまでも親が準備して手伝っているわけにはいきません。
いずれ自立してもらうために
最初は物の置き場、管理の方法、付き合い方を教える必要があります。

物を置く、その収納にはちょっとした理論や原則があって、それを踏まえたうえで子どもが使いやすいように収納場所や収納方法を考えています。

そうやってできた収納であれば
しばらくは一緒にやって
その後は見守り、ひとりで」出来ることが確認できたら、あとは時々の見直しが必要でOK。

「子どものスペース、学校のプリントの管理・・・どうしていいかわからない・・・。」
そんなときはぜひ声をかけてください。
整理収納アドバイザーがお伺いしてアドバイスいたします。

ごちゃごちゃを解消して、使いやすく家の中を整えると
今までできなかったことが自分でできるようになり子どもは自分にも自信が持てます!
家事の効率もアップしママは自分の時間にゆとりができ、家族がいつのまにか協力してくれるようになるのでさらに楽になりますよ。

お片づけに関するご相談は短時間のトライアルサービスもご用意しております。
詳しくはCOMFORT STYLEのHPをご覧ください。

タイトルの「ごちゃごちゃを解消したーい!」ってのは
わが家の場合、震災後に余震に備えて増えた物たち・・・が床おきに。
早く、なんとかしたいものです・・・。
皆さんのうちも色々と増えてませんか?

傷をうめる

新しくカテゴリー【震災後に整える】を追加しました。
私が震災後に家の中をあれこれ整えたことをお伝えしていきます。

少しでもストレスをなくすために傷をうめること大切だと思います。
今日は朝から傷をうめる作業。

今までと違うものを目にするストレス。
目にすると嫌でも思い出してしまうものもストレス。

気持ちを落ち着かせるためにも震災前の状況に近づけたい・・・。

今回の地震で部屋の中、あちらこちらに亀裂が入ってしまいました。
大好きな家が傷ついています

P1020352_800x600

P1020353_600x800

これはリビング(一部)だけ。
いつも座っている場所から見える場所・・・。

壁のクロスを張り替えたいけれど
すぐには無理なので、応急処置です。

ホームセンターで購入したこちら↓

P1020365_600x800

ネーミングがお茶目です。
そのまんま…そう、これを壁の亀裂にピュ~っと。
アクリル樹脂系のコーキング剤です。
200gで価格は500円くらい。
業務用には大きいのがありますが一般家庭はこれで十分。
(壁紙の色味に合わせてホワイト・アイボリー・ベージュなどあります)

これでコーキングして傷をうめたら、遠目には傷がわかりません。
夜の薄暗い照明なら、傷なんかなかったよう!

施工後の写真はまた明日、掲載しますね。
今日はもう暗くなって写真撮れず

こうやって、少しずつ震災後、うちの中を整えていっています。
賃貸でも持家でもまず出来ること、傷を目立たなくする。
それだけでも心理的なストレスや不安は随分、軽減されると思います。


笑い→泣き→笑い

昨日はお付き合いのあるところのいくつかからうれしいご連絡をいただき
同じ気持ちで動き始めている人たちがいることに感動・・・。
やはり、仕事を通じて役に立てることがあるというのはうれしいです。

そして今日は久しぶりに近所に住む友人と逢う。
色々なことを話しては笑い→泣き→笑い→泣き→笑い
震災後のこと、最近のこと、もう思いつくこと全部はなして気が付けば6時間近くもしゃべり通し!
話をするとまた前向きな気持ちになれ
最後は「頑張ろうね!!」とお互い笑顔で手をふる。

来週は励みになることが続きます。
ひとつはお客様のところへの訪問。
もうひとつは整理収納アドバイザー1級予備講座が仙台で開催されること。

今日、18名もの方がご参加いただけるとハウスキーピング協会から連絡がありました!
もともとはあと数名お申込みされていたようですが
今回、様々なご事情でご参加いただけないようです。
遠方からの方は交通事情、宿泊先の問題
近隣の方は今回の大震災の影響からだと思われます。
(お申込みいただいていた被災地の皆様がご無事でいてくださることを願わずにはいられません・・・)

色々なご意見もあるとは思いますが
こんな状況でも18名もの方がご参加してくださることが、ただただ嬉しくて…
現地の担当者として悩みながらも開催を決めて良かったです。
そして私の思いを尊重してくださったハウスキーピング協会関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

昼間に友人と話しながらも、このことで号泣。
話を聞いてくれた友人も一緒に泣いてくれる(ありがとう)

来週は皆さんに笑顔でお会いしたいと思います!

余震に備える

今週はじめ入学式と始業式だったものの7日の余震で学校が被害を受け緊急工事で12~15日まで臨時休校に

3月の巨大地震から、余震もあらゆる方向(方角)から攻めてくるので今まで被害のなかったところが被害に遭う・・・。

「だったら備えてやろうじゃないの!」と

あの余震の翌日に耐震グッズを買い足そうとホームセンターへ向うも、そこも被災し店内には入れず店頭販売のみ。

そこで手に入れたのが・・・
滑り止めシート↓

Psp1025shop_123054870

粘着式の転倒防止固定具↓
これは店頭には無かったので説明して店内から持ってきてもらえました。

Tfm

それで、昨日は再度買い足しに行ったら、耐震グッズコーナーはほとんどカラ

耐震ラッチしか残ってなくて、とりあえず2個購入。
(転倒防止のつっぱりはどこも売り切れで買えない。)
前回の余震で被害のあったリビングの収納に早速、設置。

P1020347

P1020348

まだまだ油断禁物。
被害を最小限に「備えあれば憂いなし」になりますように。

相変わらず、玄関は歪んで部屋内から開ける(押す)のににタックルが必要。
最近は蹴飛ばしてます

外から開ける(引く)ときには両手で一気に引かないと開かないし

子どもたちの力では開けれない・・・
鍵持たせても玄関ドアを開けられず、うちに入れない状況は困るなぁ。

在宅中はドアを開けたままでも開閉が確認できて安心なようにドアにチャイム(ベル?)つけました。

P1020349

左上のクロスのひびが物悲しいけれど
綺麗な音がいろんなこと浄化してくれているようです♪

ふりだしにもどった気分

一昨日の余震の後から続いていた停電が昨日の夜ようやく復旧。
窓の外を眺めては、灯りのついた場所を確認しながら「(あそこまでついたから、うちまで)あと、少しかも・・・」と思って待っていました。

暗い夜は不安になるし、気持ちも落ち込むから明るいのはうれしい。

今回の余震は仙台の中心部より北部の方がひどかった・・・。
テレビではそんなに報道されていないけれど、今回の方がダメージ受けている。
わが家のマンションも玄関や室内のドアが開きにくくなってしまった。
部屋の中の壁クロスの亀裂もひどくなった。
フローリングの継ぎ目が広くなって隙間があいてる。
庭は地面の隆起が激しい。

ちなみに今回の余震発生後の室内はこんな様子です・・・。

P1020310_600x800

壁面からシェルフが40cmも手前に移動しています・・・。

P1020309_600x800

お味噌汁も散乱、飛び散り・・・ガス台のグリルも飛び出してます。
先月の地震後、耐震マットを貼った電子レンジは今回はびくともせず!

P1020305_600x800

仕事部屋は本棚転倒。
前回の地震では倒れなかったけれど、固定していたビスが取れて今回はダメ。
椅子の背もたれが1脚破損。
ノートPCはセーフ。

P1020302_800x600

和室の本棚は耐震対策のお蔭で転倒せず、だけど中身が散乱。
手前のおもちゃ箱はキッチンと同じく40cmほど手前に移動。

P1020307_600x800

リビングダイニングへの通路は右側の棚から書類が飛び出てしまった。
だけどファイルボックスに入れていたおかげで散乱は最小限で済み
元に戻すのも早かった。

わが家はこれくらいの被害で済んだけれど
同じマンション内の友人宅はもっと悲惨な状況。

小学校も11日が始業式と入学式だけど
先日の余震の被害で教室には入れなくなってしまい体育館での始業式。
そのあとの授業のこともまた未定になってしまった。
給食センターも被災して、しばし給食もなし。
18日からは牛乳とパンの給食に家庭からおかず持参することに。

気を取り直して、またやるしかないですね。
昨日は倒れた本棚に耐震グッズ取り付け、食器棚に滑り止めマット追加。
まだまだ気が抜けません。

さぁ、これから書き物仕事頑張ろう。


何から手を付けてよいかわからない時は

震災後に延期になっていたもの、新たなお仕事と
今月の中旬から予定が詰まってきました。

仙台市内でも、そろそろ片づけたいと思われている方も多いのではないでしょうか?
小学校も間もなくはじまりますね。
わが家もやっと、今日、子どもの教科書やプリントを整理し
新一年生になる二男の入学用品もやっと準備完了しました。
後は入学に合わせて棚の中の定位置決めです。

ひとりでは何から手を付けてよいかわからないときには、お近くの整理収納アドバイザーにご相談ください。
あなたの暮らし、ご要望に添った解決のための手順をご提案させていただきます。

COMFORT STYLEでもお片づけトライアルサービス実施中です。
詳しくはCOMFORT STYLEのHPをご確認ください。

また!!

もう、死ぬかと思った…。先月とは違う方向に激しく揺れて、またうちなかがひどいことになってます。

とりあえず家族全員無事です。

また停電、断水、ガスもストップ。

かなりショック。

4月になって・・・

今週火曜日に関東から10日ぶりに仙台へ戻ってきました。
ほんの10日間なのに、街の変化に驚きます。

出発前に比べて、車が増えた・・・(ガソリン供給が安定したせいでしょう)
ガソリンスタンドの給油待ちの車の列が消えた。
高速バス、トラックを多く見かけます。
街を歩く人の服装が変わった。
コンビニが営業している。

今日、家事代行サービスの定期訪問のお客様へご連絡差し上げ
状況をお聞きしていても、街中が落ち着いてきたのを感じます。
ライフラインの復旧、インフラが整うことで人々の気持ちも少しずつ前に向き始めたようです。

しかし、いまだにテレビなどで地震発生時の映像や音声をみたり聞いたりすると涙がこぼれます・・・。

仙台に戻ってから数日は何もする気になれず、やっと今日ひさしぶりに食材の買い出しに出かけました。
10日前は店舗に入れなかったスーパーが今はふつーに中に入って買い物できる・・・もうそれだけで感動してしまう。

あたりまえに近づくこと、ふつーであることが幸せだと感じる毎日です。




東京から

東京から
今日、こうしてここに来れたことに感謝。
みんなに会えたことがただただしあわせ。

最初から最後まで、気付けば涙なみだ。

そして何があっても季節はめぐる…。

桜の花に目をほそめながら様々なことを思い
前に進む決意を新たにする夜でした。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »