« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

暮らしにあわせて定位置も変える

昨年の秋に着付けを習い始めてから
リビングの続き間になる和室の押入れに着物を収納していましたが
最近は子どもたちが和室を寝室として使うようになったために
思うように着物が出せず困っていました。

翌日に備えて夜に着物をコーディネートしたり
着た後の吊るしている着物を片づけたりが非常にやりづらくなっていたのです。

主寝室のクローゼット内から
オフシーズンの衣類(蓋付き衣装ケース2個)を出せば着物の収納が可能そう。

サイズを測って大丈夫だったので、すかさず移動!
15分で移動完了!
(昨日の夜に思い立って移動)

これが以前のクローゼット↓

P1020754

移動後がこちら↓

P1020759

白いフィッツケースに着物を収納しています。
そして和室の押し入れにオフシーズンの衣類(蓋付き衣装ケース2個)が
ちょうど収まりました。

快適快適!ってことで今日は着物を着てみました(^^)

P1020763

暮らし方にあわせて物も移動。
物の定位置を行動にあわせてみるだけでとっても快適になりますよ。

不便を見逃さない

不便を見逃さない
ちょっと強気のタイトルですね(^_^;)

でも、これはいつも私が心掛けていることです。

写真はシャンプーを入れている詰め替えボトルのポンプヘッド。

無印良品のボトルを数年前に買って使っていたのですが、ひとつ気になることがあったのです。

今まで使っていた古いポンプのチューブは短すぎて、シャンプーが少なくなると出てこなくなるという困った状況がありました。

今日は買い出しかねて無印良品へ行ったら、改良された替えのポンプヘッドが売っていたのですかさず購入!

無印さんのいいところは使い続けられるようにパーツだけ販売してくれたり、使用者の声を汲み取りながらさらに使い勝手よく改良してくれるところ。

不便を見逃さない姿勢が好きです。

そんなところが、つい選んでしまう理由かも。

毎日の暮らしの不便、見逃してませんか?
ちょっとアンテナはって家の中をチェックしてみましょう(^^)

あしなが東北レインボーハウス建設募金へ寄付

遅くなりましたが先日の整理収納アドバイザーフォーラム2011での
「整理収納のプロが考えた減災への備え」小冊子の売り上げ金の一部と
皆さんから頂いたご寄附を合わせて

子どもたちの心のケアに取り組む
あしなが育英会の東北レインボーハウス建設募金へ
寄付させていただきました。
http://www.ashinaga.org/higashi_nihon/entry-331.html

売り上げの一部 3800円(1冊50円の寄付で76冊分)と
寄付金      2720円を合わせた
合計 6520円を振り込んでまいりました。

111121_115129


ほんとうにまだまだ復興にはほど遠い状況で
人の心の傷もいまだに癒えていない状況
これから寒さも本番、ますます厳しい状況かもしれませんが
今後とも微力でも力になれたらと思っています。

ご購入いただいた皆様ご協力ありがとうございました。

整理収納アドバイザーフォーラム2011ご報告~つづき①

昨日、仙台リビングさんでの整理収納アドバイザー2級認定講座も無事に終了いたしました。
前回(9月に)嵐(台風)の影響で参加できなかったお二人様も、先月の山形庄内のセミナーにご参加いただいたお二人様も来ていただけて感激でした。

昨日は寒かったはずなのに、みなさんの熱気で教室の温度が上がってましたね~(^^)
多くのみなさまにお集まりいただき本当にありがとうございました。

さてさて、先日のつづきで整理収納アドバイザーフォーラムのご報告です。

111112_174820

今年はOpen Your Mind ~心を開く整理~をテーマに開催され200名ものアドバイザーが全国から集まりました。

毎年その中でコンペティションが行われます。
全国から予選会を経て選ばれた8名の中からグランプリに選ばれたのは
同じ仙台の仲間である歌川えつこさんでした!!

仙台の整理収納アドバイザーの数はまだ少ないのですが
その中でも活動しているアドバイザーは熱い思いの人ばかりなのです。
今回の歌川さんの発表は本当にその思いを凝縮したもので素晴らしかった!

111112_180416

その歌川さんとともに。

今回は整理収納アドバイザー出版ラッシュです。
気づけば出版メンバー、知り合いばかり。
皆さんも見かけた顔があるのではないでしょうか?

111111_180008

左上から
昔から馴染みの古堅純子ちゃん
 /古堅式!片付けワークブック
雑誌LEEでおなじみ中山真由美さん
 /心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール
知りたがり!やESSEでおなじみ収納王子コジマジック
 /収納王子コジマジックの魔法のかたづけ術

左下は
関西の美人収納 西口理恵子さん
 /毎日がうまく回り出す1日1収納の法則
ここでもお馴染み片づけガール 吉川永里子ちゃん
 /元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方片づけ道

Img_3377

私もつつましやかに(?)
「整理収納のプロが考えた減災への備え」小冊子を販売。

111112_144643

永里子ちゃんは隣のブース。
彼女の本はデザインも紙もこだわってます!もちろん中身もね。

いや~、楽しい楽しい時間でした。
そしてまだまだ話は続きます。

また後日(明日と言えないところが・・・(^_^;))




整理収納アドバイザーフォーラム2011ご報告

報告が遅くなりましたが…
年に1度の整理収納アドバイザーのお祭り!
整理収納アドバイザーフォーラムへ今年も参加してきました。

初回から参加し(初回と2回目は当日スタッフとして参加)
今年で4回目のフォーラムです。

今回も気づきや刺激の多い、中身の濃いフォーラムでした。

その中でも毎年出てて思うのが多くのアドバイザーとの交流が一番の楽しみだということ。
テレビや雑誌で活躍し、本も出しているアドバイザーも多数!
気が付けば、その全員「知ってるじゃない!」ってメンバーなのも驚きです。

詳しく報告したいのだけど、明日は2級認定講座!もう寝ないと・・・。

明日以降、写真つきでご報告します。

先日のセミナーの様子が・・・

先日のシルバーセンターで担当させていただいたセミナーの様子が
(財)仙台市健康福祉事業団のHPに掲載されています。

ここからご覧いただけます。
      ↓
http://www.sendai-hw.or.jp/report/report101112.html#silver

いや~、まるまるしてますね私(>_<)
震災後に体重が増えてしまったので現在、健康的にウエイトコントロールしようと
加圧トレーニングを開始しました。

今日はその2回目。
トレーニングしながら感じています…
物の整理と同じで物と向き合うように
自分のからだと正面から向き合う事だと。

長期戦でからだを整えていきたいと思っています。

でも不思議、からだを意識し出すだけで変化はすでに起きています!
さぁ、皆さんは何を意識し、何と向き合いますか?

来年の手帳…ついに決定!

先月から色々と悩んでいた手帳ですが
ようやく購入しました。

今年使っている手帳がボリューム的にもちょうどよかったのですが
ロフトに購入に行くも、その手帳がない(T_T)
(ちなみに今年の手帳はこれ→

去年も手帳のこと書きましたが…(その内容はここ→
求める機能は今回も同じ。

結局、選んだのは去年も気になっていたほぼ日手帳2012WEEKS

111107_185129

気学的に私のラッキーカラーである白と黒の配色。
(赤か紫があればよかったんだけど…これは次回に期待です)

表紙がしなる、柔らかいタイプが好みです。
今年使っている手帳よりページ数が多いのに紙質のおかげで薄いのもいい。
月間カレンダーもひとマスが縦長で3分割しやすいのもいい。
週間予定+メモの構成もちょうど良い。
(ほぼ日手帳の1日1ページは私にはスペースあり過ぎた)

来年の予定を書き込みつつ、使い方も考えています。

小学校での講演会終了しました

今日は増田西小学校での講演会を担当させていただきました。
40名以上の皆さんにお集まりいただきありがとうございました。

子どものお片づけをテーマにお話しさせていただきましたが
まずは親から片づけに取り組むことが大切です(^^)

お子さんの行動をよく観察することで収納の問題も解決できると思います。

おうちも自分も大好きになれるように…。
自分で整える力を身につけられるように…。
少しずつでも作業して我が家にあった方法
暮らしのスタイルを見つけて欲しいのです。

委員の皆様も大変お世話になりました。
改めて御礼申し上げます。

さて、私も今日の資料を片づけなきゃ。
溜めない事、先延ばししない事、これも大切です(笑)

ミドルライフセミナーありがとうございました

5日はシルバーセンターでのミドルライフセミナーで
「整理収納で快適ライフ~手間をかけずにキレイに暮らす」をテーマに整理収納のきほんのお話をさせていただきました。

今回は基本の講座に新しい演習を加えて
ご参加されているみなさんが自分の家の中の改善ポイントをみつけられ
さらに家に帰ってすぐに実践できるような内容にしてみました。

途中の休憩時間にも「もう、めから鱗です!」
「本を読むのと講座を聞きに来るのはココが違うんですね!」
と嬉しいご感想をいただきました。

捨てるだけでは解決しないから、捨てることに縛られるのではなく
もっと毎日が楽に快適になる楽しいことからはじめて欲しいのです。
(状況によっては捨てないと進めない場合もありますが…)

自分に合った方法が何かわからない
片づけたいけれど作業が苦しいという時にはプロに声をかけてみてください。
あなたに一番いい方法をご提案いたしますよ。

今回、シルバーセンターのご担当Oさんはじめ皆様大変お世話になりました。
そしてご参加いただいた皆様もありがとうございました。
昨日より今日が少しでも快適になるお手伝いができたなら幸せです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »