« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

終わりは始まり

2010年から続けてきた『家・整・楽』塾、2年弱続けてまいりましたが
毎月1回開催の『家・整・楽』塾は本日をもって終了いたしました。

今まで多くのみなさまにご参加いただきありがとうございました。
また別の形で新しい『家・整・楽』塾をご提供することが出来たらと考えています。

『家・整・楽』塾の特別講座は今後も開催しますよ~。
次回、秋にはお掃除講座を開催予定です。
日頃のお掃除の基本から学べる内容になっています。

また日程が決まりましたらご案内いたしますね。

終わりは始まり。
次への準備なのです。

明日は仙台リビングカルチャー教室での整理収納アドバイザー2級認定講座。
こちらも今から準備です(^^)



後始末が出来る子に

本日は仙台市立向山小学校で30名ほどの保護者向けの講演をさせていただきました。

皆様とても熱心にお聞きいただいて
最後のアンケートにはすごい勢いででご記入されている様子が見て取れました。

お話しさせていただく機会をいただき、ありがとうございました。

帰り際に「これが出来たら人生変わるよね~。」との声。
そう、本当にその通り!!

小さなことに思えるかもしれませんが
できるのと出来ないのでは人生が大きく変わると思います。

実験中でもある我が家の実例や取り組みをお話しした中で感じていただいたこと
実践しようと思っていただけることがひとつでもあったらうれしい限りです。

今日の講演中にご紹介させていただいた町田貞子氏のご本。

娘に伝えたいこと―本当の幸せを知ってもらうために

第四章【人生はすべて整理】の冒頭部分に書いてある
後始末のことについて読ませていただきました。

親があれこれ手出しして手を掛けて
後始末させる機会を奪っていませんか?

自分でできるようになるためには後始末できるよう教えていくしかないと思います。
人間、楽な方に流されやすいので「誰かがやってくれるなら自分はやらない」となってしまいがち。

子どもはきちんと親の態度を見ています。

試しています。
本気かどうか。
誰のためにいっているのか。

やらないのは理由があるから。
だったらまず話を聞いて、どうしたら出来るか一緒に考えてはどうでしょう?

多くのご家庭で整理収納の問題を伺っていると
整理収納以前にコミュニケーション不足が問題ということが多い。
モノの問題に焦点があっているけれど…
本当に見るべき問題は家族との関係性だったりします。

本気で変えたかったら一度ご連絡くださいね。
全力でサポートしますから。

どんな収納用品を選んだらいいのか?

来週、小学校でお片づけについてお話しさせていただくのですが
事前にこんな質問をいただきました。

Q.どんな収納用品がいいのか?

100円ショップに行っても、インテリアショップに行っても、ホームセンターに行っても
本当にたくさんの収納用品が売られています。
そんな中から、どんな収納用品を選んだらいいのか?

答えはとってもシンプル。

A.あなたが使う目的にあっていて、使いやすいものです。

ひとことで言ってしまいましたが…詳しくお話しすると
自分にとって使いやすいがどんなものなのかを知って選ぶことなのです。
求めている機能がどんなことなのか考えることが大切です。

だって、求める機能が違えば、選ぶ収納用品もまるで違ってくるから。
私が使いやすい、いいと思ったものが、みんなにとって使いやすいわけじゃないってこと。

先日、私が買い替えた物で説明すると・・・

コーヒーを入れている容器に不満がありました。
缶の容器で蓋をひねって開けるのですが握力がないと開けるのが大変。
さらに手が小さい私は蓋が大きいのでなお力が入りづらく開けずらかったのです。

そこで買い替えを検討。
まず求めることを整理していきます。

・蓋が開けやすいこと(力がいらない、開ける動作がらく)
・地震のこともあるので割れにくいこと
・中身が見えること
・コーヒー粉が全部入る容量があること
・表に出したままなのでデザイン性に優れていること
・気密性があること

まぁ、ざっとあげてみるとこのように条件があるわけです(笑)



結果、これなら!!とお眼鏡にかなったのはこちら↓
OXOのポップコンテナ

120610_203254

開ける時は蓋の上にある丸い部分をプッシュして
出てきた部分をつかんで開けます。

120610_203414

力も必要ないし、容器を持ち替える動作も必要なし。
グッドデザイン賞も受賞してるので見た目も合格。

アマゾンでも売ってますね。

こんな風に揃えられたら美しいですね。

でも私が他のドライフードや調味料をこの容器に移し替えるかというと答えはNOです。
使う時のことを考えたらお砂糖やお塩は片手で開け閉めできる方がいいから。

こんなタイプを使用しています。
スパイスコンテナ↓
http://item.rakuten.co.jp/sarasa-designstore/kc022/#kc022

どんな風に使うのかその使い方によって選ぶものは変わってくる。

何かを購入する際、選ぶ際
自分にとって使いやすものがどんなものか条件を整理していくことは
モノを選ぶ目を磨くことにつながると思います。

パンツ&靴下洗い

数日前から子供達に新しいことを始めてもらいました。

それは自分のパンツと靴下を下洗いすること。

少し先の成長期に起きるであろうことを見越して始めたのだけど、今でもお腹の調子が悪くてパンツを汚してしまっても自分で後始末出来るようになってたら安心です。

4年生の長男はいろいろなことが恥ずかしくなってくる年頃だし。
楽しんでやってくれる今のうちから習慣にしてしまおうという魂胆(笑)

そうとは知らない子供達、お風呂に入るときに遊びながら洗ってます。
(覗いたら濡れたパンツはいてふざけあってた(^_^;))

言われたことがあったことすら忘れてたけど、考えてみたら自分も母からそんなこと教わってましたね。

伝え教えられることを少しずつ。彼等の自立のためにです。

でも今回、彼等に大事なことを伝え忘れてた…。
どの石鹸で洗うかってこと。

試供品でもらって使ってた高級洗顔石鹸でパンツと靴下を洗われて
気づいた時には使い切られてた(T-T)

何事も最初が肝心ですね。
再度、一から教え直しがんばります。

嬉しいプレゼント!

今年の年明け早々に参加した質問家マツダミヒロさんのセミナー。
ここでたくさんの学び、出会いをいただいてきました。

そのヒミロさんの新刊「しつもん仕事術」の発売前に
なんと無料で中身が読めちゃうプレゼント企画がありました。

早速、申し込みをしてすぐにいただいて
これから読むところです。

120605_160201


数年前からコーチングを学ぶ中で質問の持つ力のすごさに気づきました。
学んだのち、お片づけのコンサルティングでもコーチングの手法を取り入れています。
質問することでお客様自身が考え、思いに気づき、行動に結びつくのを何度も目の当たりにしてきました。

整理収納は自分との対話だったりします。

自分に対して自分で上手く質問が出来るようになると・・・問題の本質が見えてきて
前に進むのが早くなったり
気持ちがぶれなくったり
とっても楽になるんですよね。
(これは私がコーチングを学んで自分に質問が出来るようになって感じたことです。)

おっ!執筆協力者の中に整理収納アドバイザー仲間のすまちゃんがいるではないですか?!

このプレゼント企画【6月11日まで】だそうです。

それ以降はこのプレゼントはなくなってしまうそうなので気になったらすぐにどうぞ!
下記のURLからプレゼントの申込みできます。

●しつもん仕事術プレゼントキャンペーン
http://shitsumon-keiei.com/

「捨てる」じゃなく「見直す」からはじめる

昨日は山形での整理収納アドバイザー2級認定講座でした。
ご参加いただいた7名のみなさま、お疲れ様でした!

前回の基礎編セミナーから2級認定講座にご参加いただい方もいらっしゃったので
その後の変化をお聞きしてみました。

ある方は『「動線」を意識したら今までの行動の無駄に気づいて
物の配置を変えたら、とっても楽になった』と嬉しそうにお話しくださいました。

またある方は『「分ける」ことを意識して、使う時のことを考えてさらに書類を分類したら、すごく使いやすくなりました!』と。

嬉しいですね~。
「捨てる」じゃなく「見直し」してみるだけで、ずっと快適になるんですもん。

やるのが大変そう・・・
体力が問題だわ・・・

なんて、いろんな出来そうにない理由が浮かんできて、あきらめそうになったら
是非、電話でコンサル(電話やスカイプで整理収納のお悩みコンサルティングいたします。)試してみませんか?お悩みを整理して解決方法を考えます。

ご自分でも気づいていない自分の中の抵抗が色々な理由を見つけて
やらない方向へ持って行こうとします。
今やらなきゃ、この先の体力の方が心配です。
大変そうと思っているのは何から手を付けていいのかがわからなかったり
先が見えないからだったりします。
自分の本当に望むゴールがイメージ化出来ないから。

一人でイメージ化するのが難しいのなら、その作業をお手伝いします。
何から手を付けていいのかわからない時も、コンサルティングでお話を聞きながら
優先順位を見つけ、先が見えるようお手伝いします。

本当に変えたいと思うなら、まずは現状把握と見直しから。
うーん、つくづくダイエットに似てますね(^_^;)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »