« 福岡帰省でのお出かけ | トップページ | 整理収納の理論 »

不便に気づかない暮らし

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

2年ぶりに帰った実家はいくつか気になることがありました。
今の実家は私が家を出た後に建て替えたものなのでよくわからないことが多いのですが・・・
それでも気になったことが2つ。

◆その1
浴室のシャワーの水流が横に飛ぶ
真ん中の水流が弱くて流したいところに当たらない

◆その2
浴室の水栓(蛇口)下にあった洗面器置きの台を取ってしまっていたので
上手く洗面器に水が入れられない

母に事情を聞くと
シャワーの件は「あら?そう?何とも思わなかったわ~。これがいつもだからね~。」と。

毎日がこの状況なら、これが当たり前になってしまうので確かに気づきにくい。
今までまっすぐ出てたシャワーがいきなり横に出るようになったのなら気づくでしょうけどね…。

洗面台置きを取った件は「掃除が面倒だから…取っちゃった!」と。
台を付けない場合は水栓の吐水口部分に別のパーツを取り付ける必要があったはず。
状況を説明しそのパーツを母に探してもらいました。

水栓はパーツが見つかったのでパーツを取り換えて、快適に使えるようになりました。
そしてシャワーはヘッド部分を分解してお掃除しても改善されなかったのでシャワーヘッドを買い替え、交換してこちらもまっすぐ勢いよい水流になりました。

毎日、当たり前に使っていると
不便になっていることにも気づきにくいのかも知れません。
「こんなものだから…しょうがないのよ。」って諦めていることもあるかも知れません。

お客様のところでも収納のことや暮らし全般のことについて
気付いていない不便があることが多いです。
それを「何とかできないかな?」と考えてご提案することも心掛けていることのひとつ。

実家には頻繁には帰れないけれど、行った時には第三者の目で客観的に見て
気付いたことを少しでも改善できたらと思います。

我が家の気づいていない不便もあるでしょうね・・・。
動線と収納場所のチェックしてみよう


« 福岡帰省でのお出かけ | トップページ | 整理収納の理論 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不便に気づかない暮らし:

« 福岡帰省でのお出かけ | トップページ | 整理収納の理論 »