« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

散策してみたい~お城の東側~

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

昨年末に仙台から引っ越しして早9カ月。
今では毎日、東京スカイツリーを眺める生活です。
(まだ登っていませんが(^_^;)

先日はテレビで亀戸が取り上げられていて、ゆっくりと亀戸~錦糸町界隈を散策してみたいなと思いました。このあたり下町の風情も残っていて落ち着きます。

亀戸天神へお参りし、船橋屋のくずもちを買って、水陸両用のバス「スカイダック」に乗って夕方には亀戸ホルモンを食べてビールを飲む…そんな休日を楽しむのも良さそうです。

私の住む新小岩も含め城東地区と言われることを最近知りました。

ウィキペディアによると・・・
城東 (東京都) - 東京都区部にある地区。江戸城皇居)の東側一帯。葛飾区墨田区江東区江戸川区など。

東京駅も近いですし。
総武線快速電車で15分足らず。

まだまだ近くても知らないとこばかり
随分と涼しくなって散策にはいい時期なのでのんびり街歩きしたいです。


今さらですが・・・整理収納アドバイザーとは?

こんばんは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

本日、とある打ち合わせで「整理収納アドバイザーとは?」と改めて聞かれて
一言で表すのが難しいことに気づきました。

整理収納アドバイザーとは整理と収納のプロ。

片づかないお悩みを抱えている方やより良い環境を実現したい方からのご依頼を受け
一般家庭や企業に対し、理想や目指したい方向をふまえて
片付かない原因や問題点を見つけ出し、モノとのかかわり方から見直すことで根本から問題を解決する、お片付けのプロフェッショナルということですが・・・。

私の中での整理収納アドバイザーは
整理収納の問題に対してソフトとハードの両面から
問題解決のアプローチが出来る人。

ご依頼者にあった無理なく片づく仕組みを考えアドバイスや実作業をする人です。

そして何よりもその人(ご依頼者)に寄り添い
共に片づけられないこと(問題)に対して
片づけることができるようソフトとハードの両面から支援する人です。


もしかしたらそれは整理できないものを判断する基準になる「ときめき」というキーワードを提供することかも知れない・・・これはソフト面

体力的に使いにくくなった収納を使いやすいモノの配置に変え、収納用品を買い替えることかも知れない・・・これはハード面

これはほんの一例ですけど
何処に対してアプローチするのがいいのかを見極められ、実行できる人がプロだと思います。

お掃除のように汚れが落ちて綺麗になるというゴールはわかりやすい。
単なる片付け屋さんは整理する(不要なモノを取り除く)ことなく整えて見栄えを良くするのでわかりやすい。
整理収納アドバイザーの場合ご依頼者によってゴールが違い、現状(ライフスタイルや住環境)も違う中、そこをふまえて問題を解決していくからわかりにくいのかも知れませんね。

何にせよモノとの付き合い方を見直す作業は
自分の内面を見つめ直す作業でもあるので内面を整えるソフト面と
収納方法や動線を考えた配置、スペースなどの問題解消のハード面の
両面からの問題解決が必要なのです。

今夜は改めて自分の仕事について考えてみました。

そうそう。
明日はこんまりさん原案のドラマ「人生がときめく片づけの魔法」が放送されますね。
どんな内容になっているのか楽しみです(^^)


我が家の非常持出し袋 中身を公開!

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

台風だった昨日は家族で非常持出し袋の中身をチェックし
避難の方法や安否確認の方法を確かめました。

仙台から東京に引っ越ししたので
避難場所やそれぞれの連絡先も変わっていますからね。

皆さんは子どもの習い事、塾の連絡先など家族で共有できていますか?

子どものことだけでなく私がよく行く場所の住所や連絡先も夫にも伝えました。

そして子ども達には安否確認の方法として災害伝言ダイアルの利用方法を伝え
利用方法を書いたカード「災害時連絡カード」を一人ずつに渡し
ランドセルの中と外出用のバックの中と家の電話の傍にいれておくように・・・。

持出し袋の中身をチェックしていると
携帯の電池式充電器が以前の携帯の物で今のスマホに対応できないことが判明・・・
(皆さんのは大丈夫?機種変更してたら要確認です)
アダブターを付けて使えるように改良し、問題は解決。

まずはリストをチェック。
(このリストは「整理収納のプロが考えた~減災への備え~」小冊子にあります。)

20130912_124339

 

持出し品も緊急度別にわけています。
まずは緊急度が一番高い、緊急①袋。

Cimg1486

 

次に緊急②のモノたちをカテゴリー別に袋にまとめています。
これらの物は避難先の状況や期間によって持って行くかどうか決めます。

Cimg1489

備えていても中に何が入っていたか忘れてしまうので
ラベルとリストで管理できるようにしておくと安心です。

Cimg1488

この持出し品と持出し袋を所定の場所へ設置して
家族にも説明してチェック完了!

朝日新聞の南海トラフ地震の想定被害のサイトでお住まいの地域の被害想定 震度や津波の高さ 津波の最短到達時間を調べられます。
これをチェックして持出し品を見直すのもよいと思います。

何事もないのが一番ですが何かあった時にあわてないように
いつかの前の備えです。

減災への備えしていますか?

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
今日は東京も朝から台風の影響で雨風強かったために今日は家にこもりっきりでした。

先週金曜日に静岡県浜松市にあるJAとぴあ北地区支部様からご依頼を受け
「家の中からはじめよう!減災への備え」をテーマにお話しさせていただきました。

会場には女性部の皆様が70数名!
沢山の方にお越しいただき誠にありがとうございました。

Cimg1500

皆さん、非常持出し袋や非常食は揃えてはいるけれど
肝心な災害が起こった後のことを想定していないようでした。
(想像のつかないことなのである意味、当然と言えば当然かもしれません。)

避難の方法、避難場所の確認。
家族や知人との安否確認方法。
自宅で避難生活する場合にどれだけの食料を備蓄していたらよいか?備蓄食料の確認。

非常時に備えたモノとの付き合い方や考え方をお伝えしてきました。

東日本大震災のあの日のことを思い返していると
今でも感情が込み上げてしまい…
この日も言葉に詰まってしまうことがありましたが
ご参加いただいた皆様のあたたかなお気持ちに後押しされ最後まで
なんとか話終えることができました。

職員の皆様も会場準備から当日の送迎までしていただき
お心配り、本当にありがたかったです。
心より感謝申し上げます。

さて、ご参加いただいた皆様。
ご自分の納得のいく
「これで安心して避難できる!問題なし!」の非常持出し袋は完成したでしょうか?

本当に避難するつもりで持出し袋の中身をリストアップして準備してみてくださいね。



手放すことで新しい道は開ける

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

先日、上田比呂志さんの「日本人が知っておきたい心を鍛える習慣」を読んでいました。

この本の中には「鍛える」「律する」「捨てる」「軸を据える」・・・とあり
その中の「捨てる」に深く共感し感銘を受けました。

「捨てる」ってモノだけのことではないんですよね。

これまでの仕事や地位
住む場所や環境
そして自分の考え方や習慣、知識やスキル

新しいところで
私は昨年末に今まで住んでいた場所、環境を手放しました。

過去にさかのぼってみれば
何度も住む場所は変わり、仕事も変わりました。

自分の責任で選び、手放したことで得られたことは数知れず・・・。

過去、さまざまなことを手放したことで
今の夫と出会い、子どもたちも授かることができました。

専業主婦で2歳の長男と生後半年の次男の育児に追われていた時期に
家事、育児だけの生活を手放し、新しく仕事をはじめたことで今の仕事に導かれました。

いつも潔く手放せたわけではなく…
手放す時は辛く、悲しく、勇気が必要で
泣いて泣いて、自分を失うくらい辛い時期もありました。
でも今は全てのことに何一つ無駄なことはなかったと感じ、感謝しています。

手放すことで得られることがあり
新しい道が開けることを経験上わかっているので
捨てる辛さや不安は以前に比べるとずいぶんと減りました。

手放すものが大きいほど、不安も大きく、大変な決断です。

今まで手放したことがない人ほどその不安は大きくて、つらい…

手放すと今までと変わるから怖いと思う人もいるでしょう。
小さな「もの」でも「こと」でもいいので

一度、手放すことにチャレンジして欲しいと思います。
それによって得られることを感じて欲しいのです。

きっと新しい何かを得られます。

私自身、執着せず、とらわれず自由でありたいと思って日々過ごしています。
実際は難しいことも多いけれど
まずは意識することが大事と自分に言い聞かせて。

とどまることなく、チャレンジを続けたいと思います。

食品の収納スペース見直し

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
朝夕の気温も低くなり秋めいてきましたね。

涼しくなったからお片づけのスイッチも入りやすくなったのか
昨日は夜に思い立って食品庫の収納を見直ししました。

前から気にはなっていのです。
問題点は・・・以下のようなこと。

  • お菓子が収まりきっていない…定位置として割り当てた収納用品の容量不足
  • 保存容器が取り出しにくい…よく使うのに定位置が動線と合っていない
  • 未分類でどこに入れていいかわからないものがある…定位置が決まってない

そこを踏まえて問題を解決したのがこちら↓

20130910_203805

お菓子を入れる場所をカゴ1つから2つにしスペースを増やし
さらにお菓子をしょっぱい系とあま系に分類。

20130910_203934

ラベルも貼って完璧!

我が家の食品庫の前のスペースが本来80cmあるところ
移動式のオープンシェルフを置いてあるため50cmしかないのです。

こんな状態です↓

20130408_090512


そのため右の扉を開ける時には自分の身体を食品庫の左側へ
移動させてからでないと中の物を取り出せません。
このひと動きが面倒(^_^;)

それで保存容器の入っていたカゴは場所を右にあったものを左へ移動し
両開き扉の左側を開ければすぐに取り出せるようにしました。

未分類でどこに入れていいかわからなかったものも
定位置を決めてラベルを貼ったのでもう収納場所にも迷いません。

ちいさな改善だけどこれが大きな効果を生むのです。

洗った保存容器をしまうことが面倒でなくなり
お菓子も甘いの辛いのの量がどれだけあるかもわかり在庫管理もしやすくなり
無駄買いもなくなります。

食材の管理は災害に備える意味でも重要ですからね。
ラベルにも何がどれだけあったらいいかまで記載しています。
ここまでやっておくと量も管理しやすいです。

20130911_104737

今回はちょこっと分類を見直しして収納スペース内の位置と量を変えただけです。
我が家の場合は30分で終わった作業ですが…
お家によっては分類から大幅な見直しも必要かもしれませんし
収納場所や収納方法の変更も必要かもしれません。
住まいの状況、暮らし方によって分類方法も収納方法も様々なので
お家にあった収納を作るには現状把握からはじめる必要があります。

食材の収納方法や管理方法についてもアドバイスいたします。
お気軽にお問い合わせください。

さぁ、次はどこに手を付けようかな~。

片づけと感性の関係性

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

お片づけの現場では数多くの片づけ本を見ます。
それだけ悩んでいて答えを求めているからだと思いますが・・・。

はっきり言います。
本にはヒントは書いてあっても、あなたの求めている、そのものずばりの答えは書いていない。

本を読んで片づけが出来るようになった人は
書いてあることを実践し、壁にぶつかり、悩み、自分に向き合い、行動し解決した人だと思います。

答えは自分の中にある・・・

自分にとって何が大切か、そしてこれから何を大切にして生きていきたいか?
どんな状態が心地いいのか?気持ちよいと感じるのか?

それを見つけることが出来た人が解決できる人なのではないでしょうか?

答えを求めて本を収納、生き方、開運の本を買っても
自分の軸がなければ迷うだけ。

それよりも自分の気持ち良い状態がどんな状態かを認識できたら
玄関に盛り塩をするよりもまずは玄関を綺麗に掃除して埃ひとつなく清めることの方が大事だと気づくはず。

毎日、身支度をする洗面台が汚れているなら
まずは汚れを取り除くことから始めるほうがいい。

汚れていることに気づかない感性をなんとかする必要がある。

鏡が曇っている、ガラス窓が汚れている、埃が落ちている、乱れている…
環境のことはもちろん、人についても同じこと
相手がどんな風に感じているか、怒っている、悲しんでいる、喜んでいる…

そこに気が付く感性が大事。

自分が何が好きで何を大切にしたいか・・・。
逃げないで向き合って
出来れば楽しみながらそれを見つけて欲しい。
そんな風に願っています。




« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »