« 整理収納の理論 | トップページ | 食品の収納スペース見直し »

片づけと感性の関係性

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

お片づけの現場では数多くの片づけ本を見ます。
それだけ悩んでいて答えを求めているからだと思いますが・・・。

はっきり言います。
本にはヒントは書いてあっても、あなたの求めている、そのものずばりの答えは書いていない。

本を読んで片づけが出来るようになった人は
書いてあることを実践し、壁にぶつかり、悩み、自分に向き合い、行動し解決した人だと思います。

答えは自分の中にある・・・

自分にとって何が大切か、そしてこれから何を大切にして生きていきたいか?
どんな状態が心地いいのか?気持ちよいと感じるのか?

それを見つけることが出来た人が解決できる人なのではないでしょうか?

答えを求めて本を収納、生き方、開運の本を買っても
自分の軸がなければ迷うだけ。

それよりも自分の気持ち良い状態がどんな状態かを認識できたら
玄関に盛り塩をするよりもまずは玄関を綺麗に掃除して埃ひとつなく清めることの方が大事だと気づくはず。

毎日、身支度をする洗面台が汚れているなら
まずは汚れを取り除くことから始めるほうがいい。

汚れていることに気づかない感性をなんとかする必要がある。

鏡が曇っている、ガラス窓が汚れている、埃が落ちている、乱れている…
環境のことはもちろん、人についても同じこと
相手がどんな風に感じているか、怒っている、悲しんでいる、喜んでいる…

そこに気が付く感性が大事。

自分が何が好きで何を大切にしたいか・・・。
逃げないで向き合って
出来れば楽しみながらそれを見つけて欲しい。
そんな風に願っています。




« 整理収納の理論 | トップページ | 食品の収納スペース見直し »

整理収納コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片づけと感性の関係性:

« 整理収納の理論 | トップページ | 食品の収納スペース見直し »