« 災害の備え「不十分」が89%なんて | トップページ | 物が増えたのにイライラしなくなったわけは? »

親子で整理収納を学んだ日

こんばんは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

今日はハウスキーピング協会で整理収納アドバイザー2級認定講師の上級トレーニングでした。

来月から認定講座の内容もバージョンアップするので、新しい内容をしっかり頭には入れてきましたよ!

ちょうど12月10日(火)に仙台リビングさんで認定講座を開催する予定なので、今日、学んだ新しいバージョンでこの日は実施します。

新しいバージョンはよりわかりやすくなったので皆さんにお伝えするのが今からとても楽しみです。

夕飯時に子どもと話していると
小学校5年生の長男が
『今日、学校で整理のことを勉強してきたよ!』と言うじゃないですか!

家庭科の授業で
『物を生かして住みやすく』というテーマで学んできたようです。


思わず家庭科の教科書をみせてもらいました(笑)

1385643500355.jpg

近藤典子さんがプロの一言で登場してます。身の回りを使いやすくするための手順、整理すること、適切な置き場を考えることが書いてあります。


親子でそれぞれに整理収納を学んでいたなんて、なんだか嬉しいですね。

私もまた改めて伝える使命を感じています。

親と子、それぞれに整理収納を伝えていこうと思います。

このタイミングで明日は江東区の小学校での講演を担当させていただきます。

明日も楽しみです!

« 災害の備え「不十分」が89%なんて | トップページ | 物が増えたのにイライラしなくなったわけは? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子で整理収納を学んだ日:

« 災害の備え「不十分」が89%なんて | トップページ | 物が増えたのにイライラしなくなったわけは? »