« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

身の回りからはじめる減災対策

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
今日は朝から夕方まで自主開催の減災整理と食材備蓄・管理セミナーでした。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

昨夜、タイムリーにTBSの番組で池上彰さんが巨大地震のことについてお話しされていて
家庭レベルでの対策で「備蓄食料品は7日分は備えましょう」と言われていましたね。

備蓄食料品に関しては押入れ半間に水と非常食が入れられたセットが準備され

非常食5人で1週間分が105食(ひとり1日3食計算)
水が5人で1週間105ℓ(ひとり1日3ℓ計算)

これだけの量が必要だと・・・。

水はいいとしても、非常食105食も置いておけない。
そもそも1週間、非常食を食べ続けるなんて無理というか、嫌です。

今日のセミナーでもお話ししましたが
「非常時だからこそ非常食は食べたくない!」のです。

緊急避難して避難所での1日、2日は仕方ないにしても
避難所に行かず自宅で滞留生活を過ごす時は出来るだけ
普段と同じような食事を摂りたい。
なぜなら、それが心身の健康、安定につながるからです。
それにそんな量の非常食、普段は食べないし、期限が切れたらどうする?

いつもの食材の中にも非常時でも使える食材があるので
日常から必要量を備えて備蓄食材としても普段の食材としても
使いまわすことが理想的だと思います。

講座の中では実際に東日本大震災を経験して、
その後の生活をしたからこそお伝えできる
テレビやネットではなかった、身の回りから始められる具体的な減災対策についてお話ししています。

先月と今月は整理収納アドバイザー1級資格者限定講座でしたが
いただいたご感想、ご意見を参考にさらにブラッシュアップした内容で
来月からは一般向けにもセミナーを開催予定です。
スケジュールが決まりましたらHP、ブログでお知らせいたします。

問題は見えていない、隠れた場所ある

こんばんは。気がつけばこんな夜中の更新になってしまった整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

最近、水曜日のブログ更新が多く「水曜日の女」になりかけていました(^_^;)

突然ですがトイレが臭うことないですか?
お掃除しても何か臭いが取れないという事はありませんか?

そんな時、多くの場合は
見えない場所に汚れが残っていることが原因です。

便座の付け根、壁、便器の下部など。

取扱説明書を確認して、外せるところは全部外してみましょう。
びっくりするような汚れが見つかるかもしれませんよ。

密かに私はトイレ掃除と整理収納は似た部分があると思っています。
トイレの場合は日頃、意識していない、見えていない(気づかない)汚れがあるわけですが
整理収納でも同じ。
「綺麗にしている」と思っていても、問題は見えないところや隠された場所に潜んでいることがあります。

「いつも綺麗にしているから問題なんてない」「うちは大丈夫」と思っていれば
本当は問題が隠れていても、そういう意識でみていないので見え(気づき)ません。

その見えていない部分が見えるようになるには
今までとはちょっと違う視点で、意識してみるようにする必要があります。

整理収納アドバイザー2級認定講座の内容には
この「見えていなかった」部分が「見えるようになる」力があると思っています。

それはまるで「目からうろこが落ちる!」ようなこと。

私自身、この講座を2005年に受けたあと
今まで問題がないと思っていた場所が問題があると気づけるようになったのです。

見えなかった問題が見えるようになる…それって、すごいだと思いませんか?

来月は3/3(月)に東京 西早稲田 東京ハートで、
3/10(月)には仙台 仙台リビングカルチャー泉中央教室
その整理収納アドバイザー2級認定講座を開催いたします。

(4月からは消費税アップに伴い600円の値上げになります。)

新しい視点が増え、見えない問題が見えるようになるそんな講座です。
また多くのみなさまに整理収納の価値をお伝えできたらと思っています(^^)








お洗濯前のひと工夫でストレスを減らす方法

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
今日2月19日は暦の上では「雨水」寒さがほんのり和らいだ感じがし、降っていた雪も雨に変わり氷も水になる時期だそうです。

とは言え今日も風は冷たくて寒い…。
先日からの大雪でもまだまだ影響で大変な思いをされている方々も多いと聞き
早く復旧し通常の生活が戻ることを願うばかりです。

さて、その大雪の日。
子どもたちは学校公開日で登校、私は仕事で仙台へ
(公共交通の乱れで一時はどうなるかと思いましたが何とか仙台へもたどり着けました
翌日に帰ってくると洗濯物が山!これも雪のせい・・・。

20140217_083806

雪に濡れたせいで、こーんなに大量の靴下が!

ひとつひとつ洗濯機の中から取り出すのも
干す時に探しあてるのも大変。
時々、片方の靴下が行方不明になることもあるし。

そのストレスを解消するために靴下は洗濯ネットにまとめて入れるのです。
そして、そのまま洗濯。

これで取り出す時も、干す時も楽々です!

2014219_120350_jst_2

洗濯ネットは洗濯機の前に吊るしておき
家族にも靴下はこのネットに入れるよう説明し、お願いします。
   ↑
この部分、大事ですよ。
出来る環境を整えて、下準備してからお願いする!これ必須です。

日頃の不便やストレスを解消するのも整理のひとつ。
いつもの行動や手順をちょっと変えるだけで生活は快適になっていくのです。

小さなことの改善の積み重ねがやがて大きな違いになっていく。
このちょっとの改善も私の楽しみのひとつです




All Aboutの記事に掲載されました

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

今週末もまた東京は雪にみまわれてすでに外は真っ白。
ホワイトバレンタインデーになりましたね。

雪は綺麗だけど、外に出るのは覚悟が必要・・・
幸い、今日は事務仕事の日だったのでこもって仕事をしています。

こんな日は買い物にも行きたくなくないですね。
でも日頃から食材備蓄をしていると慌てることもありません。

今日は少し前に取材を受けていたことが記事に掲載されました。

整理収納アドバイザーでもあり長年All Aboutでガイドを務め、
書著、監修本も多数のすはらひろこさん
「収納のプロが教える災害用食品備蓄の整理法」の記事の中で
私が日頃行っている食品備蓄についてご紹介いただいています。

こんな形で記事になることも嬉しい限りです。
ありがとうございます。

さて、明日は仙台。
雪の影響がないといいのですが。




「理想の暮らし」を考えること

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
先週末は東京での整理収納アドバイザー2級認定講座を開催しました。

そう、その週末とは東京を大雪が襲った日・・・。
帰り道は吹雪いていて、あまりの強風に私の傘、骨が曲がって壊れてしまいました

まぁ、でも何よりも欠席もなく無事に終了できたので良かったです。
お越しいただいた皆様ありがとうございました。

さて、その講座の中で「理想の暮らし」について
「理想の暮らしが明確な人は自分が何を大事にしているかわかっているので、何に囲まれて暮らして暮らしたいかもはっきりしているはず・・・」というお話しをしたのですが・・・

皆さんにとっての理想の暮らしはどんな暮らしですか?
そのことを考えたことありますか?

理想の暮らしとは単に「モノが少なくてスッキリしていて、使いたいモノがすぐに出てくる暮らし」という「機能」的なことではなく、その空間であなたがどうありたいかという「心理」的なことを言っています。

「スッキリしていて使いたいモノがすぐに出てくる暮らし」とは
誰にとっても快適で理想的な状態のはずです。辛口ですがある意味それは大前提でしかなく。その上で理想の暮らしを考えて欲しいのです。
あなただけの理想はそこでどんな風に暮らしている自分なのでしょうか?

私は風と光を感じ、キレイなものに囲まれ五感を研ぎ澄まされる空間で穏やかな気持ちで過ごせるのが理想の暮らしです。

そうなれば自分にとって美しくないと感じるモノや
穏やかな気持ちを邪魔するようなモノ
五感に響かないモノ
それらは私にとっては必要ないモノになり
身近に置いておきたくはないのです。

理想の暮らしを考えるという事は生き方を考えることにもつながります。

20140212_160224

花や植物が身近にあることとも私の思う理想の暮らしの中のひとつ。
視覚、嗅覚が刺激され、美しい花と整った空間は穏やかな気持ちで過ごすためにも役立ちます。
自分の理想の暮らしがわかるとモノを選ぶ目、選び方も変わってきます。

自分なりの理想の暮らしを明確にするヒントがあり、自分にとっての大切なもの
そうじゃないものがわかるようになるのが整理収納アドバイザー2級認定講座です。

次回の整理収納アドバイザー2級認定講座は
2014年3月3日(月)に東京新宿区西早稲田の東京ハートで開催です。
お申込み・講座の詳細はCOMFORT STYLEのHPからご確認くださいませ。


« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »