« 呼吸するように、出していく | トップページ | 子どものお片づけから夫婦の在り方まで »

整理収納アドバイザーとともに「365日のシンプルライフ」

おはようございます。
整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

昨日はゲリラ豪雨の真っただ中、整理収納AD限定の一夜限りの先行上映会で
映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。

20140724_174742

フィンランド発のこの映画。
ヘルシンキ在住の26歳の男性(なんと監督・脚本・主演!)が
4つのルールを決めてモノと365日向き合う映画です。

ルールは4つ
①持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日1個だけ倉庫から持ってくる
③1年間続ける
④1年間何も買わない

色々な事を感じさせてくれるこの映画。
モノを全て倉庫に預けてしまって何もないところから始まるのですが・・・

本当に必要で持っているものは何なのかということ
(おそらく、生きていくうえで必要な道具と言われるモノは、私にも共通するものが多いと思う)

人生を豊かにするために必要なものは何なのかということ
(これは、人によってさまざまで、その人の価値観によって違いが出るところだと思う)

彼のおばあちゃんがいいことを言ってくれます。
「モノは小道具よ。」「人生はモノでできていない。」

そう、主人公は自分。モノは演出するための小道具であってモノが主役ではない。

お盆休みはまたモノを整理してみようと思うのでした。


「365日のシンプルライフ」は8月16日公開
http://www.365simple.net/

この映画、内容はもちろんのこと、映像も音楽もいいです!

« 呼吸するように、出していく | トップページ | 子どものお片づけから夫婦の在り方まで »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 整理収納アドバイザーとともに「365日のシンプルライフ」:

« 呼吸するように、出していく | トップページ | 子どものお片づけから夫婦の在り方まで »