« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

昨日発売のクロワッサンに掲載されてます

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

昨日10/25発売のクロワッサンに我が家の減災に備えた収納が掲載されています。

1411687705373.jpg


他にも整理収納アドバイザー仲間の
純ちゃんこと古堅純子さんは、子どものお片づけで

すはらひろこさんはリビングのお片づけで
掲載されていて、読み応えありそうです。
まだ、読んでないのか!?って?

昨日は一日、西早稲田の東京ハートで
今日は仙台の仙台リビングカルチャーでの
整理収納アドバイザー2級認定講座なので

明日、おうちでじっくりと読む予定です。

そうそう、猫ちゃんと暮らす
おうちの片付けもありました!

親の家の片付けもありましたよ。

もやもやを片づける、お片付け
きっと、あなたの暮らしのストレス解消のお役に立つと思います。

2014年9月25日(木)発売 クロワッサン掲載のお知らせ

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。
今日は雑誌掲載のお知らせです。

2014年9月25日(木)発売のクロワッサン No886

上記のリンクをクリックして次号お知らせから詳細ご確認できます。

暮らしと家族にまつわるイライラ、モヤモヤ
片づけが、解消してくれる。

この中の「地震に備えた片づけ術」で掲載いただきました。

仙台から東京に引っ越してから、東京の家でどう地震に備えてくらしているか
わが家の収納と読者の方のお宅改善で取り上げていただいています。

整理収納仲間でもり、長年All Aboutのガイドも務めている
すはらひろこさんも登場しています。
(すはらさんは澱みのように溜まったモノを休日の8時間で片づけられてます!)

他にもやましたひでこさん、阿部綾子さんとの対談などもあり
私も発売を楽しみにしているひとりです。

良かったらご覧くださいませ(^^)

子どもに“お片づけ”を教えられる家にするには

おはようございます。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

今日は昨日のお天気が嘘のように陽射しがまぶしい朝になりました!

先日、長男が日光への校外学習(2泊3日)から帰ってきました。
行きの荷造りは最後の仕上げだけ手伝いましたが、
自分でリストに書いてあるものを用意してチェックしながら準備できていました。

準備の方法は過去記事↓を参考にどうぞ(^^)
「整理できるかが試される夏・・・」臨海学校の準備について書いています。

今回は使うシーンを意識して

  • お風呂上りに身に付ける下着のセットを2組
  • 朝と飯盒炊さん時に着替える服(トップス、ボトムス、靴下+軍手)のセットを3組
  • 予備の服と下着を入れたセットを1組

これらをジップロックのような袋(中身が見えるのがポイント)に1組ずつ袋に入れておしまい。上着だけは寒い時にすぐに取り出せるように、そのままリュックの中へ。

袋分けのおかげで彼は着替えがすぐに出来て身支度が早くできたようです。

夕方帰ってきた彼は疲れ果てていましたが
洗濯物だけは出すように伝え、「あとは明日でもいいから片づけてね」と。

なんとか洗濯物だけは洗濯機まで持って行き、残ったものの状態がこちら。
あぁ、なんと中途半端な状態・・・。

20140910_235406

それもリビングのソファーの前に放置なんて・・・(ー_ー)!!

でも、これを片付けてしまっては意味がないので
学校から帰ってくるまでそのままに。
(もし、来客があるようなときは、これをそのまま子どもの部屋へ移動するだけです

長男が帰ってきてから、片付けるようひと声かけたら
中のものをそれぞれの場所へ戻して10分程度で終わり。
(やれば、すぐ終わるんだけどねぇ)

20140911_160714

はい、これで全てリセットされました。

すぐに片付けて欲しいとは思うものの
疲れていて片づける元気がないのもわかります。

私だってそういう時ありますから。
洗濯物たたまなかったっり、仕事で使ったバックをそのままにしたり。

大事なことは自分で片づけられるようになっているかどうか。
今すぐ片づけることが最重要なことではないこともあります。

さて、あなたや家族が片づけられない理由はどちらでしょうか?

  • 理由1 今は片づける時間がない、片づける元気がないから出来ない
  • 理由2 そもそも片づける場所や片づけ方を教えていない、知らないから出来ない

我家では片づける場所も決まっていて、長男は片づけ方もわかっています。
だから今回の片づけられない理由は1です。

もし理由2の場合は
片づけを教えられる家にすることから始めましょう!

そのためには
まずは家の中の物の指定席を決めて、
片づける(もとに戻す)場所がどこかわかるように整えること
片づけ方を教えることが必要です。

理由2なのに親が毎回、片づけしていたら子どもは親が後始末をしてくれると思い
自分では片づけることをしなくなるかも知れません。

片づけは自分の未来の時間や快適のためにするものでもあります。

最後まで自分で後始末できるように育てたい。

しかし、まだ掃除のイロハも伝えられてない
まだまだ伝えられていない事が沢山あるので
これからもチャンスを逃さず伝え、教えつづけていきたいと思います。

雨の日に使える靴

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

昨日の夕方は今までにないような激しい雨と雷で、
新小岩駅は駅が水没、周辺道路も冠水し
南北の行き来に困るような状況だったようです。

私もその時間帯、外に出ていたのですが恐怖を感じるほどの豪雨でした。

札幌市内にも避難勧告が出ている現状。避難勧告も出ているようです。
「大丈夫だろう」と思わず、「何かあったからでは遅い!」と思って
避難して欲しいと思います。

災害はいつどこで何が起こるかわからなくなっています。
今日は東日本大震災が起きて3年半の日。
忘れずに伝えていこうと思います。

地震だけでなく、土砂災害、水害にも備えは必要です。
東京に来て、徒歩や電車での移動が多くなった私が購入したものに
レインシューズやレインブーツがあります。

でも昨日のような豪雨に役立つのは濡れてもいい靴。
先月、クロックスで購入した“ジャイナ”がいい仕事してくれます。

20140911_120319

素足に履いていれば水に濡れても問題なし。
子どものプール参観でも、海でも、旅行先でも使えるのがいい。

丁度、今はクロックス公式オンラインショップではセール中!!

ちなみに・・・夫は
ビーチライン ボート シュー メンを購入して、こんな雨の日に使っています。
もちろん普段履いてもカッコいいのでおすすめです。

==========================

明日は錦糸町で減災整理&食材備蓄管理セミナー開催です。
本日9月11日(木)17時でお申込み締切ます。

ご検討中の方はお早めにお申込み下さい(^^)

お申込み・セミナー詳細確認は
COMFORT STYLEのHPからどうぞ。

==========================



2014防災の日~自分のこととして考える~

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

夏休みも昨日で終わり、我が家の子どもたちは今日から新学期です。
先週は長男の夏休みの宿題(感想文、意見文、自由研究)
に関わって終わってしまいました

彼は意見文として「地震に備えること」をテーマに
学校、家庭での備えの必要性について書き上げました。
幼くても、自分なりに思うことがあったようです。

震災発生当時、小学校2年生だった彼。
教室で帰りの準備をしていた時に地震が起こりました。

意見文を書くにあたり、当時のことを聞いていると
「教室ではスピーカーが落ちてきた」
「先生が余震の続く中、上着を取りに戻ってくれた」など…
はじめて聞くような話もあり
学校の校庭で雪の降る中で迎えが来るのを待っていた状況を思うと
今更ながら、胸が痛くなります。

今日は防災の日ですね。
先月から我が家も再点検していました。

備蓄食料品のチェック、

非常持出し袋の中身をチェック、

家庭内の危険個所チェックなどなど。

備蓄食材は日常も食べれるモノを多めに備蓄し使いまわしているので問題なし。
非常持出し袋の中は、乾電池の使用期限をチェックし新しい物と入れ替え。
家庭内では寝室の家具に転倒防止のつっぱりを新たに取り付けました。

P1000587

転倒防止用のつっぱりとしてはスタイリッシュです。
(この商品は新工精機の「ふんばりくん」FBシリーズ)

絶対に安心という事はないけれど
何もしないよりは良いでしょう。

もし、今日・・・このあと地震が起きたら?どうしますか?

家族とどうやって連絡を取る?
何を持って何処に避難する?
自宅に戻って1週間分の水と食料がある?

行政が何かしてくれる、避難所に行けばなんとかなるとは思わないようにしています。
まずは自分の身は自分で守る、各自で備える、そんな意識が必要ではないでしょうか。

大切なのはまずは自分のこととして考えることだと思います。


いよいよ来週、9月12日(金)減災整理&備蓄食材セミナー開催です。
詳細、お申込みはCOMFORT STYLEのHPからどうぞ。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »