« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

「実家のお片づけ」サービス2014年11月から開始します

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

最近はあちらこちらで「親の家のかたづけ」について耳にする機会が増えました。
親子だからこそ感情が入り、思うようにいかないというお話もちらほら・・・。

そこで、整理収納のプロとして、家事のプロとして
「実家のかたづけ」のお役に立てるのでは?という思いから
家事con仙台店では来月から新しいサービスをご提供いたします。
※サービスは仙台市及び近郊までとなっております。

早速、本日10月30日の河北新報朝刊「とうほく経済」

面に掲載、
ご紹介いただきました。

河北新報社ニュースサイト「河北オンライン」からご覧いただけます。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141030_12006.html

モノにあふれた実家。
自分のものも置いて出たままになっている方も多いはず。

年末に向けて今から整理することで年始にはご家族で
大切にしたいモノや思いを伝えられる機会がつくれるのではないでしょうか?

捨てることにフォーカスしない実家のお片づけサービス。
詳しくは家事con仙台店へお気軽のご連絡くださいませ。

Photo_2

習慣は何日で身に付くのか?~その後~

こんにちは。整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

あれから2週間が経ちました。
その後の子どもたちの状況はどうなったかというと・・・

じゃーん!
20141015_141150

多少の乱れはあるものの、整ってます!

始めて何日かは、子どもたちも整えるタイミングがわからず、
「お布団は?」と私から声をかけられるまで乱れたままでした。

いままでやっていないことなので習慣としてすぐに身に付けるのは難しいけれど
きっと短期間で身に付けるコツがあると思います。

私が身に付けさせるために実行したことは以下のこと。

  1. やり方を教える
  2. 出来ているか確認する
  3. 出来ていなければ声掛けして促す
  4. 怒らない(笑)
  5. 出来ていてもしばらくは出来ているか確認する

この順番通りに行ったのですが、
実は3と4の間に「いつやるか決める」と言うのが入ります。

1のやり方を教える時に、整えるタイミングを教えるという方法もあるでしょうけど
今回はあえて子どもに「いつ、やったらいいと思う?いつなら面倒ではない?」と質問して考えさせました。

で、結果「朝、起きる時に布団を整える」と決めてからは
出来ていないことがほぼ無くなりました。

短期間で身に付けるには「教えて→見守る」他に
無理のないやりやすいタイミングを「自分で考えて、いつやるか決めること」が必要のようです。

でも、出来ていない時があっても怒らない。
自分だって、調子が悪くてとか、先にトイレに行っちゃってとか
その時に出来ない事だったあります。

ぎちぎちの決まり事ばかりの家では寛げなくなってしまいますからね。
何よりも自分が一番、面倒くさがりですから。

およそ10日ほどで出来るようになりましたが、よりしっかり身に付くよう
今月いっぱいは見守り続けたいと思います。

習慣は何日で身に付くのか?

こんにちは。
10月になりましたが、まだ衣替えをしなくて済んでいる整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

実は今月に入って子どもたちにある習慣を身に付けてもらいたくて実験しています。

大人になって何かを習慣化するのはなかなか難しいものです。
子どもの場合、抵抗感のないうちに始めて
いつの間にかそれが当たり前のことになっていたというのが理想的なのですが…。

私が教えるタイミングをなくしていたのが布団を整えること。
気付いたら言ってはいたけれど
やはり時々、思い出したように言われても身に付かないようです。

そこで今月から毎日、朝に声かけすることに。

長男と次男で気質も違う。
さて、どれくらいの期間で身に付くかな?


今朝は次男は声かける前に、もう自分で整えてました。
次男の要領の良さでしょうか(苦笑)
長男はまだ出来ていません。

最初はどうやるか、どのタイミングでやるかそこから教える必要がありそうです。

変化があったらまたご報告しますね。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »