« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

【仙台6/27】“笑顔で働きたいママのフェスタ2015in仙台”プチ講師養成講座のご案内

こんばんは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立して半年になりますが
今回、初のプチ入門講座を行います。

その場所は仙台!私が開業した場所です!
2013年のママフェスでは、スタッフと共にお片づけ相談のブース出展をしていましたが
今回は親・子の片づけ教育研究所の代表理事として、
親・子の片づけインストラクタープチ入門講座の講師を担当いたします。

お子さんの片づけでお悩みの方へ
プチ入門講座では親・子の片づけの基本のきが学べますよ。
主な内容は
●家庭の片づけの基本
●子どもの片づけに必要なこと

また、今回は特別に、ワンポイントアドバイス付!
ご自宅のお子さんスペースの写真を携帯、スマホで撮ってご持参いただいた方に
ワンポイントアドバイスさせていただきます。

講座タイトル:親・子の片づけインストラクタープチ入門講座
開催日:2015年6月27日(土)
時間:13:40~14:40
講師:一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事
    整理収納コンサルタント(COMFORT STYLE 代表)  澁川真希
会場: TKPガーデンシティ仙台勾当台
費用:1000円(当日、ご持参ください)
持参物:筆記具(ノート、ペン)、ご自宅のお子さんスペースの写真
定員:8名(お子さんは抱っこでの参加は可)


定員に限りがありますので事前にご予約いただけると安心です。

※お申込みはCOMFORT STYLEのお問合せフォームからお願いいたします。

 お申込み項目→「セミナー参加申し込み」をお選びいただき
 講座開催日→2015年6月27日「ママフェス プチ入門講座」とご入力ください。
 また、ご不明な点などございましたら、自由記入欄へご記入ください。

9月には仙台では初開催となる親・子の片づけインストラクター2級認定講座が行われます!
どんな講座か気になっている方もご参加お待ちしております。

【笑顔で働きたいママフェスタ2005in仙台会場情報】
開催日:6月27日(土曜)10時~16時
会場:TKPガーデンシティ仙台勾当台 http://www.kashikaigishitsu.net/…/gc-sendai-koutoudai/access
入場:無料
*事前登録でプレゼントがもらえます。
事前登録情報は近日公開仙台会場版サイトにて!
★お問い合わせ先 pwsendai@gmail.com
★フェスタ公式HP http://powerwomen.jp/festatype/2015/
★仙台会場公式ブログ http://ameblo.jp/pwsendai/

ScanSnapでデジタル収納!

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

数か月前から使い始めたスキャナScanSnap
書類や写真をデジタル化して激減できる、
紙モノの整理、収納に困っている人のお助けツール。

20150528_094554

私もどうしても仕事上、紙モノ増えます。
そして、子どもたちが学校から持ち帰ってくるお便りや連絡網などの書類も多いです。
これからをなんとかデジタル収納にして活用できないかと前々から思っていたのです。

プリンター複合機は持っていたのでスキャンしようと思えばできていたけれど
ScanSnapのスキャンに特化した機能は想像以上でした。

まず、読み取りが早い!
だから、気軽にスキャンできる!

他にもDorpboxやEvernoteなどの
クラウドサービスとの相性がいいってのもあります。

ScanSnapの操作はなんの問題もなくできるのですが
これから、スキャンしたデータをどう使うか?
どんな使い方が便利かな?ってところをもっと知りたいなと思って

整理収納フェスティバルからのご縁がある
ScanSnapのご担当者さんにご相談したところ、
一緒に何かできませんか?ってことで
今月、ファミ片の橋口と共にお打合せしてきました。

なんと、そこにはスキャンスナップアンバサダーでもある
文具王の高畑さんもいらっしゃいました!

S20150519_152021

S20150519_152031

実は文房具好きの私。
高畑さんが使っている道具たちにも興味深々(笑)
さらに、デジタル収納活用方法の話では
何と何を組み合わせて使うと活用方法が広がる!なんて面白い内容も
打合せなのに盛り上がりすぎて、予定時間をオーバーするほど楽しいお話しでした。

このお話を、整理収納アドバイザーにもお伝えできないかなってことで
ちょっと楽しい企画を考えました。

詳細は整理収納AD専用のFBページからご案内しますね。

高畑さんから活用法をお聞きしてから
書類の山をスキャンして整理したくてたまらないです!

自動読み取りのix500が欲しくなってきました~。
で、私の活用法についてはまた後日ご紹介したいと思います。

家事男子の成長

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

間もなく衣替えですね。
大人の世界はクールビズ導入で、6月の衣替えに縛られず自由になったものの
子どもたちの世界は相変わらず、衣替えは6月です。
ここ数日の暑さの中、冬服のブレーザー着ての登下校にまいっていた長男。

昨日の夜は自ら、夏の制服をいそいそと出し始めました。
真新しい半袖のワイシャツを袋から出し、ズボンも準備し
さらに冬服の制服は「これ、クリーニングに出したらいいの?洗濯?」と聞いてきます。

母はうれしい!
自分で準備して、さらに使った後の始末についてまで考えられるようになってくれて!

今までの積み重ねの成果です。
そう、思い起こせば幼稚園の頃からです。

幼稚園では給食があったので、家からお箸やおしぼりなど持参するものがありました。
自分が使うものは、自分で管理し、使った後は後始末をすることを身に付けてほしくて
子どもにも手が届く高さに、それらのものをまとめて置き、持っていくものを準備することから一緒に始めました。
もちろん、使ったあとはどうするかも、具体的に教えます。
「洗濯する、ランチョンマットやおしぼりは洗濯かごに入れてね」
「お箸やおしぼりケースは洗うからキッチンのシンクまで出してね」と。

帰ってきたら、私が登園鞄の中から出すのではなく、子どもに「出してね」と声掛け。

洗うのは私ですが、準備したり、後のことを考えて、後始末するのは子どもたち。
この積み重ねで、物の流れを教えたかったのです。

子どもが自分で、何もしなくても
いつの間にか準備が整ってる環境になっていませんか?

それは自分でもできるからそのありがたみがわかるわけで(笑)
自分でやれないうちから、魔法のように準備ができてたら、当たり前になってしまいます。
しかも、準備に不備があったら準備した人のせい・・・。

言っておきますが、ここまで来るのに順調に来たわけではないですよ(苦笑)
もう、本当にずーっと、ずーっと
何度も声掛けしたり、やり方がわからない時には一緒に教えたり
感謝の気持ちを伝えたりして、やっとここ。

心掛けたのは 親が子どもにやらせているという気持ちにならないこと。

一緒に生活を楽しむ延長で「これはこうやるといいんだよ」
「こうすると、便利だと思わない?」って感じでコミュニケーションを取りながら進めたこと。

そして、それをやった後にどうなるのか?をイメージできるように理由も伝えること。
「キッチンに出してくれるとき、おはしケースは中身も全部出してくれてると、お母さんは洗いやすくて助かるんだ」
「黒い洋服は洗濯ネットにいれると、糸くずが付かないんだよ。」とか。

日頃の子どもたちとの生活の中に遊びや勉強と同じように家事があったというだけのこと。

長男は今日から衣替えの移行期間になり、早速、夏服で登校。
「かるーい!」と言いながら元気に出ていきました。

☆片づく「しくみ」と親・子の関係性「家族力」の両面から問題解決へ導く
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月15日東京よりスタートです!


5分でOK! 楽ちん網戸掃除方法

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

今日の午前中は歯の定期検診へ行ってきました。
一通り見てもらって、虫歯はないようでひと安心。
歯もきれいに磨いてもらったおかげでピカピカ、ツルツル!気持ちいいです。
定期的なメンテナンスはやっぱり大事ですね。

磨くといえば…窓!
窓を磨く前にやっておくことが網戸掃除なんですが…
結構、面倒ですよね?

わが家の場合、ハイサッシなので、脚立や踏み台がないと手が届かないので
余計に面倒に感じて、網戸掃除のハードルが高くなるわけです。

でも、手軽にとりあえずきれいにしたい!

そんな時に活躍するのが床を掃除するときに使うフローリングモップ!

S20150526_121443

床掃除と同様にシートを取り付けて、外側の網戸から拭いていきます。
柄が長いので、高いところまで踏み台なしでも届くから楽ちん。

※注意することは、作業時は窓を閉めて行うこと。
そうしないと、ほこりが室内に入り込んでしまいます

しっかり、お掃除するときには、この作業の後に濡れた雑巾で両面を拭きあげれば理想的。
他にもメラミンスポンジで網戸掃除をする方法もありますが、
掛けられる時間と求める綺麗さ(完成度)で、今やれるベストな方法でやれたらOK!

今日は歯医者さんに行く前に、軽いお掃除のついでの網戸掃除だったので
天井までの大きな網戸2枚が、ものの5分で終了です。

梅雨時期までに、お掃除しておくと年末も楽々。
おうちのメンテナンスも定期的にです(^^)

☆片づく「しくみ」と親・子の関係性「家族力」の両面から問題解決へ導く
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月よりスタートです!

環境が変わることに抵抗感を感じている人へ

こんばんは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

今日は珍しく夜の更新です。
最近、改めて思うことがあって、それを少し書いてみたいと思います。

女性にしても男性にしても、自分の環境が変わることへの抵抗感を持つ人は多いものです。
私も一昨年、10年も慣れ親しんだ仙台の街から東京へ移ることにものすごく抵抗感を感じました…。
そもそも、夫の転勤で移動することになったわけで…、自分の意思ではなかったので
最初から、環境を変わることを前向きにとらえられたわけではありませんでした。

0から始まった見知らぬ土地での友人関係に、仕事でのお付き合い
やっと、やっと基盤ができて「さぁ、これから!」と思っていた頃だったので
私のうだうだした気持ちは表にはあまり出さないものの、心の中でかなりくすぶっていました。

でも、そんな気持ちから抜け出したのは、
物事の捉え方をほんの少しだけ変えることができたからです。
それによって
移動すること、変わることのマイナスが、実はプラスだと思えるようになったからでした。

先日の子どもの運動会でのこと。
座る場所を求めて移動していたら、とてもいい場所を見つけました。
日陰で、風も通って涼しくて、校庭の競技もよく見える、そんな場所でした。
そこに陣取って、いい感じで応援していたのです。

ですが、時間の経過とともに、周囲の状況が変わってきます。
前方に人垣ができて校庭での競技が見えにくくなってきました…。
でも、今いる場所のから動いてしまうと、この場所を他の人に取られてしまうかもしれません。
そう思うと、ここから動けない…。

動かなければ、見にくいけれど、そこそこ快適な場所で過ごすことができます…。
でも、もしかしたら…保障はないけれど、もっといい場所があるかもしれない。

私たちは動くことを選択しました。
移動することで、今まで見えていた景色とはまた違う角度で見ることができました。
また、途中で知り合いにも会うことができました。
結果、前よりももっと良い場所を見つけることができました。

たかが運動会での場所取りの話ですけど、
これはすべてのことにつながっていると思います。

変化は未知で怖い、不安もあって当然。
今までの環境から変わることに対しての恐れはあって当然。

だけど、今までと環境が変わること、変化することで
新たな出会いや、学びがあり、今までと違った世界を知ることができるので
確実に自分自身も変わることができると思います。

「変えたい!」「変わりたい!」と思ったなら、一番効果が大きいのは
環境を変えることではないでしょうか?

だから、私は引っ越しが好きだったのかもしれません。
6年で5回の引っ越しのたびに確実に人生が変わっていったことを身をもって実感しています。

そして、6回目の引っ越しでもまた大きな変化がありました。
それは東京に引っ越ししたから、できたことだったと思います。

あなたは同じ景色を見続けますか?
それとも、新たな場所で、もっと別の景色を見つけたいですか?
どちらの自分が理想の自分でしょうか?

今を変えたいと思ったら
環境を変えることが一番の近道!
引っ越ししなくても、今の環境を整えることでの変化は大きい!
環境を変えるお手伝い!お片づけサービス受付中です。
詳細はCOMFORT STYLEのHPからご確認いただけます。













親子で共有するもの

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

昨日は夫婦そろって家の中の本の整理を実行!

整理していくと夫の本の中から
手塚治虫氏の「火の鳥」が出てきました。

これは子どもに読んでもらいたいなということで
声をかけると、早速、読み始める長男。
読み始めると、先が気になるらしく何も言わなくても
どんどん読み進めています。
(勉強もこの状態になるといいんですけど…ね)

親が読んでいた本を子どもが読む。
親が観た映画を子どもが観る。
本や映画のことで話をしたときに
お互いの感じ方、考え方を知ることができるというのはうれしいことです。

なんでもないことだけれど
親子で一緒に同じドラマを観たり、映画を観たりすることで
時間の共有とともに価値観も共有することもできると思っています。

私が子どもの頃には親とそういう時間をあまり持てなかったので
(覚えてないだけかもしれないけれど…)
意識的にそんな、時間を持ちたいなと思っています。

親子で共有できるもの
それは一緒に過ごす時間、一緒に観るもの、見たものについて
感じたこと、反応したことすべて。

一緒に過ごす時間は限られているからこそ
共有できる今のこの時を大事に過ごしたいなと思います。

将来、子どもに読んでほしいと思う本という切り口で
本を残すというのもいいなと思った本整理でした。

で、今回は夫婦そろって整理した結果
手元に置いておかなくてよいと判断した本が約50冊。
全て古本としてお店に持参し、引き取ってもらったおかげで
本棚のスペースが空いて、気分爽快です!

最近は情報系(特に紙もの)のダイエット実行中!
その方法についても、またお知らせしていきますね。

☆片づく「しくみ」と親・子の関係性「家族力」の両面から問題解決へ導く
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月よりスタートです!

親・子の片づけ教育研究所

親・子の片づけ教育研究所の未来を考える

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

昨日は親・子の片づけ教育研究所の代表理事として
協会アワード2015へ参加してきました。

S20150521_131724

44の協会がエントリーされ、
グランプリに出場できたのが8協会。

各協会10分という
短い時間の中で、協会の理念や活動状況、
またその活動の社会貢献度についてプレゼンテーションされます。

各協会のプレゼンを聞きながら
親・子の片づけ教育研究所の未来の姿を想像し、
そして、その未来を作るために、これから何をしていくか考えていたら
頭の中にいろいろなやりたいこと浮かんできました。

だけど、まずはシンプルに。
今やるべきこと、できることを素直にやっていこうと思います。

S20150521_170158

S20150521_165947

そして、今回の協会アワードのグランプリは
一般社団法人日本サロネーゼ協会の代表理事 桔梗さんでした!

来年はこのステージに上がれるように
「片づけを通じて親と子の人間力を磨く」理念のもと
認定講師である親・子の片づけマスターインストラクターとともに
親・子の片づけ教育研究所の活動を広めていきます!

☆片づく「しくみ」と親・子の関係性「家族力」の両面から問題解決へ導く
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月よりスタートです!

5月29日仙台での整理収納AD2級講座ご案内

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタント
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

締切間際のご案内になってしまいました

来週、5月29日(金)10:00~17:30
仙台リビング新聞社さんのカルチャー教室
にて

NPOハウスキーピング協会認定の
「整理収納アドバイザー2級認定」を講座開催
いたします!

  • 片づけられない…
  • 捨てるのは苦手…
  • 何からはじめて良いかわからない…
  • 色々と片づけ本を読んだけれど、長く続かない
  • 全部いっきにと言われても、一気にはできない…

そんな方にぜひ来て、学んでいただきたい内容です。
整理収納の体系的な理論を学べるだけでなく、
講師(私)がガイドとなり、かわりやすく実例を交えて進めていくので、
ご自分の家や職場を快適に整えるには
これから何をしたらよいかが明確になります。

片づけの本を読むのは一人での作業
講座は講師がいて、受講者もいるので一人じゃない!
問いかけやワークがあるから、一人では気づかなかった、気づきがあります。
これが本を読んで学ぶことと、講座へ足を運んで学ぶことの大きな違い!

私自身の人生を変えた講座と言って過言ではない
「整理収納アドバイザー2級認定講座」

物の整理だけでなく、思考そのものの整理にも効果を発揮する講座です!
(ちなみに私の人生に大きな影響を与えた講座No1です)

お申込みは仙台リビング新聞社 カルチャー教室WEBサイトから
または仙台リビングカルチャーTEL022-265-4305へお申込みください。
よろしくお願いいたします。

お申込み締切が5/21(木)24:00となっています。
もし、閉め切りすぎた場合は直接、上記ご連絡先へお問い合わせください。

次回からは、もっと早くお知らせします・・・反省(^_^;)

クロワッサン特別編集「片づけて解消、暮らしのストレス」に掲載されています

こんにちは。

「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

今日は朝から仙台の河北ウィークリーさんから電話取材ではじまりました。
梅雨時期を快適に過ごす、暮らしのコツについてお話しさせていただきました。
掲載日などは、また改めてお知らせいたしますね。

さてさて、もう一つおしらせ。
以前、クロワッサンに掲載いただいた記事が
スペシャル版に再掲されました。

「クロワッサン特別編集 片づけて解消、暮らしのストレス」

先月、4月25日の発売だったのにすっかりご案内が遅くなりました(^_^;)
地震に備える整理収納のBefor After担当しています。

整理収納アドバイザー仲間でもある、すはらひろこさんの
実例も満載!モチベーションアップに役立つ1冊です。

これからジメジメの梅雨時期、外に出れない日はうちの中の物を整理して
スッキリ、さっぱりしてみてはいかがでしょうか?

☆母であり、お片づけのプロである理事が3人が
渾身の想いをこめて作り上げた
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月よりスタートです!

トップ整理収納アドバイザーってどんな人 ?

こんばんは。
「働く」「働きたい」母と
親・子の片づけの味方!

整理収納コンサルタントの澁川真希です。

今日は整理収納について学びを深める
整理収納アカデミアの日でした。

ここに集う整理収納アドバイザーは
全国で活躍するトップクラスの整理収納アドバイザーたちばかり。

だからこそアカデミアでの学びと実践はとても刺激的!

講義の内容はもちろん、
メンバー同士の意見交換、
チーム活動のどれもが今の私の糧となり、
整理収納の仕事にも、
親・子の片づけ教育研究所の仕事にも大いに役立っています。

さて、トップ整理収納アドバイザーって、どんな人たちなのか?

一言で言うと、
指示待ちではなく
自分で考えて動ける人たちです。

そして、相手がいる場合には
その相手のことを思い、行動する人たち。

アカデミア活動でメンバーを見ていて感じることです。

最近は
社員が自主的に動かない
お客様のことを考えた仕事ができない
自分が成すべきことをやれない
それで、困っている経営者も多いようですね。

整理収納コンサルタント・アドバイザーが企業に入ると…

オフィスの環境改善のサポートだけでなく、そこを越えた人の意識を変える支援が行える!そんな人たちです。

現在、整理収納アドバイザーが整理収納をツールとして
ビジネスサポートハウスキーピング協会 ビジネスサポートを行っています。

COMFORT STYLEでもオフィスコンサル行っております。
ご興味があるかたはCOMFORT STYLEのHPからご確認ください。

わが家の光~お互いの存在を認める~

こんばんは。
「働く」「働きたい」母と親・子の片づけの味方!
整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

うちの息子たち、中学1年生と小学5年生の男子二人。
2歳違いで年も近いこともあり、一緒にいるときはいつもくっついてる感じ
一緒にいると、くだらないことで言い合いが始まり、ケンカすることもしょっちゅう・・・
だから片方がいないときは、ものすごく静か(笑)

親の私から見ていると
長男は真面目で責任感が強くて、弟思い。
次男は甘え上手で、マイペース、飄々としているけれど、兄の事が大好き。

先日、夕食時に息子たちとお互いの存在について話す機会がありました。
次男のことについて「どんな存在?」って話になり・・・
私は「癒しの存在」といい
長男は「うちの光だね」と。

親・子の片づけ教育研究所の親・子の片づけインストラクター2級講座の中で
「親は北風でなく、太陽のような存在に」って伝えているのに!

わが家での光は次男!?

母としての自信を失いそうになりながら、続きを聞くと
「○○(次男の名前)は電球の光!僕は電気かな」って。

片方が欠けたら光ることができないって・・・。

長男は自分のことも認め、弟のことも認め
お互いの役割を認識してたわけです。
確かに二人がいなくては我が家は真っ暗です。

「じゃあ、お母さんは?」って聞くと
「希望かな?」って
母は希望の存在なのか?!言葉の意味わかってる?と思いつつ
こうなったら母は希望であるために頑張りますよ。

「ちなみに北風と太陽とどっちだと思う?」って聞いたら
「太陽!昔は北風のときもあったけど」と答えてくれました。

そう、確かに昨日のブログに書いたように以前は余裕がなくて
北風みたいな時がありましたけど、今はかなり変わりました。

変わった理由はいろいろあるけれど
確実に以前とは変わった私です。

たまにはお互いの存在について、思いをはせて言葉にして
伝えてみることもいいなと思った時間でした。

☆母であり、お片づけのプロである理事が3人が
渾身の想いをこめて作り上げた
「親・子の片づけインストラクター2級講座」
6月よりスタートです!

今まで自分や整理収納の現場で効果があったことを盛り込んだのが
親・子の片づけインストラクター講座です。

理想の母親じゃなくても・・・

こんにちは。
子育て中の起業家、経営者と親・子の片づけの味方!
整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

今日は月に一度の仙台のスタッフとのスカイプミーティングの日でした。
先月から新しいスタッフも増えて、少しにぎやかになったCOMFORT STYLEです。

さて、今更ながらの母の日。
夫からは少し前に母の日を口実に腕時計をプレゼントしてもらい(笑)
長男からはお花のプレゼント。

20150512_165934

買い物に行ったスーパーで彼が選んでくれたのはデンファレの花。
(白い花だけど、カーネーションじゃないから問題なし!)
たくさん つぼみが付いていて、これからも花がたくさん咲きそうだからって。

そして次男からは

20150512_173951

肩たたき券。
裏面に有効期限を「気げん」と間違えて書いてあって、
思わず私の機嫌のチェック表か?と思ってしまった。

昔の私は本当に機嫌が悪かった(苦笑)
数日前に子どもたちが2~3歳の頃の写真を見ていて思い出してしまいました。

次男が生まれてからの慌ただしい育児の日々…
この頃の私は毎日に余裕がなくて、よく子どもに怒ってた。
そんなことを思い出しました。

その最中の私には見えなかったこと、わからなかったことが
今ならよくわかります。

毎日、ほとんど何もできないまま日が暮れていく
子どもたちのこと、家の事を一生懸命できちんとしようと思うほど
出来ない自分が許せなくて
理想と現実のギャップに苦しくなってたこと。

母になって間もなく13年。
高すぎた理想を捨て、こうでなければという思いを手放し
今では世間一般で言われる良き理想の母にはほど遠い
献身的でもない、かなりずぼらな母です。

それでどうなったかと言うと、
私は子どもたちに対して感情をぶつけるような怒り方はしなくなり
適度な距離を保ちつつ、穏やかにかかわることができるようになりました。

こんな私でも、気にかけてくれる息子と夫。
家族がいてくれるからこそ、今の私がいます。
母の日は、私の方が母にしてくれてありがとうとの感謝の日になりました。


ランドセルの第二の人生

こんにちは。
子育て中の起業家、経営者と親・子の片づけの味方!
整理収納アドバイザー・コンサルタントの澁川真希です。

連休もあっという間に終わってしまいましたね。
わが家ではこの連休中に物の整理をちょこちょこ進めていました。

そのひとつがランドセル。
春から中学生になった長男は毎日、学校指定のバックを抱えて通学しています。
小学校での想い出の詰まったランドセルですが、今後、使うことはありません。

Scimg2870

以前から、ランドセルをどうするか?って息子と話をしていて
ミニチュアにして飾っておきたい気持ちもないようなので・・・
JOICFP(ジョイセフ)の想い出のランドセルギフトとして
アフガニスタンの子どもたちに送ることに決めました。
子どもたちの中でも特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てるということ。
女の子に黒のランドセル?とも思ったのですが
実は女の子に人気なのは黒色らしいです。

 

必要なのは1800円の輸送費とジョイセフの倉庫までの配送料。
適当な大きさの段ボールを準備して
ランドセルの中には新しい鉛筆と消しゴム、ノートの学用品を少しばかりつめて
一緒に送り出しました。

20150505_152830

 

 

実はこのランドセル、卒業式前日に通学途中にちょっとしたハプニングで
壊れるという事件があり、修理してもらって戻ってきたのが先月のことでした。
息子の希望通り、送ることができて良かったです。

今年のランドセル回収期間は5月31日とのこと。
ランドセルをどうしようか?お悩みでしたら一つの選択肢として、
お子さんと一緒に考えてみませんか?

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »