« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

防災用品&備蓄食材をチェックする!「チェック項目」はこれ!

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタント 澁川真希です。

新学期も間際になって、わが家ののんびり屋の子どもたちは
まだ宿題を頑張っています(^_^;)

さて、9月1日は「防災の日」ということで我が家ではこの時期と3月11日前後の年2回
防災用品や非常食などのチェックをしています。

私自身が仙台で暮らしていた2011年3月 東日本大震災を経験し
その時の経験で整理収納で整えることが、減災対策にも有効なことを強く実感!

また、一般的に言われている非常持ち出し袋の中身だけ、非常食だけでは
備えが足りないこともわかりました。
そして非常時だけを想定して何かを持つよりも、
日頃から使いながら備える重要さも痛感しました。

そんな経験から、本当に役立つ減災整理や食材備蓄管理について
コンサルティングや講座をやらせていただいています。

減災のためには備えておくことがとても重要ですが
何も対策をしていないという方も、実は多いのではないでしょうか?
あとは、備えてはみたけれどそのままになっていて
定期的にチェックができていないケースもあるようです。

下記のリンク先に私が減災対策として
どう備えたらよいか書いた記事がありますのでご参考にどうぞ。
お片づけレシピ トッププロのお片づけ講座「vol.15 地震・災害に備える方法」

で、ぜひチェックをおすすめするのが以下のことです。

   ■防災用品

  • 懐中電灯や携帯ラジオの動作確認
  • 予備電池の使用推奨期限
  • 充電器類と現在使用している機種との互換性

    懐中電灯などに電池を入れっぱなしにしていて、液漏れしていることもあります。
    また電池の使用期限が過ぎていることもあり。
    機種変して今のスマホやタブレットなどに充電器が使えないことも多いです。


    ■備蓄品
  • 飲料水(理想は1人1日3リットルを最低3日分)
  • 食材(通常の家庭で最低1週間分)
  • 簡易トイレやおむつなど(1週間分)

    飲料水は必ず必要です。高層階の場合、給水所まで行き、持ち帰るのも困難です。
    食材も普段食べている食材も含めて最低1週間分。
    小さなお子さんや高齢者がいる場合、またアレルギーがある場合など買い出しに行けない状況や手に入りにくい状況が想定されるので2週間分あると安心です。

    仙台での被災後は3日後から買い出しに行きましたが2時間並ぶこともざらでした。
    また行っても欲しいものが手に入る保証はありません・・・。
    これが東京などの人口が多いところだったとすると、
    その状況はもっと過酷だと思います。
    トイレ問題も切実です。避難所へ行かずに自宅で生活する場合は
    必ず簡易トイレなど準備しておきましょう。


    何もないことが一番いいけれど、何もせずにいるのは不安です。

    今週末は自分に必要な備えを見極めて
    家族で防災品・備蓄品のチェックと共に
    災害が起きたらときの連絡方法や避難場所など再確認してみてはいかがでしょうか?


    20150828_151256

    うちの電池も期限切れありました・・・。
    前回のチェックもれ・・・。

    =================================

    親・子の片づけマスターインストラクター養成講座1期生を9月から募集開始!
    講座日程などは親・子の片づけ教育研究所のHPからご確認いただけます。

    ★片づく「仕組み」づくりと関わり方が学べる
    親・子の片づけインストラクター2級講座

    9/5札幌、9/8仙台、9/11東京、9/12広島、9/26大阪で開催!
    講座の詳細・お申込みは2級認定講座情報からどうぞ。

    減災整理&備蓄食材管理セミナー 10/8(木)秋葉原で開催!
    講座の詳細・お申込みはCOMFORT STYLEのHPからどうぞ。

    ==================================

あなたや子どもにとっての原動力は?

おはようございます。
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

昨日、8日ぶりに子どもたちが福岡(私の実家)から帰って来ました。
空港から自宅に帰る道中でも 楽しかったあれやこれやを沢山話してくれてました。

自然がいっぱいで緑がきれいだったこと
沢山のトンボがとんでいたこと
焼肉やラーメンを食べに行ったこと
いとことハンバーグを作って食べたこと
庭で花火をしたこと

長男が「梨も食べたよー。
いとこと梨の皮を剥くのを競争したら 自分が一番だった!」と(笑)
食べることが好きで、特に果物好きの長男は「食べたい!」がひとつの原動力。

で、私はと言うと超が付くほど面倒くさかり。
長男が食後に「リンゴ食べたい」と言うと
「お母さんは今、剥きたくない。自分で剥くんだったら食べていいよ。」って
そうすると「よしっ!」って自分で剥いてました。

もちろん、最初は包丁の使い方をみせて、
教えて、見守ってを一通り何度かしたあとのことです。

先日、ファミ片の理事が集まったとき、
何かの話で「だって、面倒くさいの嫌なんだもん」って私が言うと、
橋口理事と江川理事がすかさず
「真希ちゃんの原動力は面倒くさいをいかに楽に効率的にするかだね」と。

全くその通りです。
家を整えるのもそう
皆が働きやすくしたいというのもそう
ファミ片の運営についてもそう
それともうひとつ「自分以外の人のため」と いうのも原動力。

大層なことでなく、家族にはご飯を作ろうとか
家をきれいにしておこうとかそんなこと。

さて、あなたにとって、お子さんにとっての原動力は何ですか?

ちょっと意識して観察してみてはいかがでしょうか?

片づけない子どものことで悩んでいたら

こんにちは。

「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタントの澁川真希です。
夏季休暇の最後の日から昨日まで、8日間片づけ一色の日々を過ごしておりました。
雑誌の片づけ取材、作業と撮影、
お引越しの収納プランサービス、講師試験の試験官、片づけ大賞審査員などなど。

昨日、おとといでファミ片の親・子の片づけマスターインストラクター
0期生の最終試験も無事に終了。
4月から学びを深め実践してきた14名の0期生は全力を出し切ってくれたと思います。
さて、この8日間夜までがっつり動けたのは
子どもたちが私の実家で過ごしていたからです。

夫婦二人だけの生活は、洗濯物は少ないし、部屋のほこりもいつもより少ない
他にもいろいろあるけれど、流れる時間さえも違って感じました(笑)
日頃の家事・育児(どちらも言うほど手はかけていませんが)時間がかかっているか
そして時間が細切れで使っているかを実感じました。
子どもが小さなころは迎えの時間、食事の時間、寝かせる時間に追われ
その合間に家事や仕事をこなしていた日々・・・

今、まさにそのまっただ中にいる状態で
家の中の整え、片づけない家族に片づけてもらうのは
それはそれは大変なことだと思います。
でも、片づけてくれるようになる方法があります。
「片づけて」の一言で、物を定位置に片づけられるようになる方法。
親・子の片づけ教育研究所のマスターインストラクター0期生も
実践して、家族の変化、その効果を感じています。
その変化については親・子の片づけ教育研究所の公式FBページをご覧ください。
片づけが親から怒られるから、イヤイヤやるものから
楽しいからやること、意味があるからやることに変化する
親・子の片づけインストラクター2級認定講座は9月の講座のお申込み受付中です。

=================================
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の認定講師として活動しませんか?

親・子の片づけマスターインストラクターとは
片づけをツールとして悩める親子の力を引き出す指導者。
自分を含めたすべての人が、自立した存在として自分らしく活躍できる社会をめざし
そのための相互理解のあり方を家庭から伝え広めていく存在です。

親・子の片づけマスターインストラクター養成講座1期生を9月から募集開始!
講座日程などは親・子の片づけ教育研究所のHPからご確認いただけます。

★片づく「仕組み」づくりと関わり方が学べる親・子の片づけインストラクター2級講座
9/5札幌、9/8仙台、9/11東京、9/12広島、9/26大阪で開催!
講座の詳細・お申込みは2級認定講座情報からどうぞ。
==================================

災害は備えるのを待ってくれない!

おはようございます。
整理収納コンサルタントの澁川真希です。

昨日は広島の土砂災害から1年でたね。
あのときの映像は思い出すだけでザワザワします。
桜島の噴火も気になるところ…
備えられるものなら、備えた方がいい
災害は人が備えるのを待っていてはくれません。

今日は減災整理をテーマに雑誌の撮影に行ってきます!

9月は減災整理と食材備蓄管理セミナー開催します。

詳細・お申し込みはCOMFORT STYLEのセミナー情報から。

自分のモノを整理したい!

こんにちは。
整理収納コンサルの澁川真希です。

夏季休暇が終わり、昨日から
COMFORT STYLEも家事con仙台店も
お仕事開始しています。

私の方は一昨日、昨日と雑誌のお仕事でした。
とある、テーマでかなり広い範囲で作業させていただいたのでおうちの中の収納もお部屋の雰囲気もガラッと変わりましたよ。

今年の夏季休暇は、親・子の片づけ教育研究所の0期生試験をひかえていることもあり、
その準備や打合せ
自分のプロフィール写真撮影
作業のための買い出しなどなど
そして、合間に日帰り家族旅行と
あっという間に終わってしまいました。

夏休み中にやりたかった、書類のデジタル化は
まだ、おあずけ状態です(^^;
早く自分のモノを整理したい!

来月発売の雑誌ですが、詳細はまた改めてお知らせいたします!
あっ、新しいプロフィール写真もそのうちに!

あるとうれしい○○○専用

おはようございます。

整理収納コンサルタントの澁川真希です。
立秋の今日はいくぶん暑さがやわらいだ東京の朝。
これから少し、過ごしやすくなっていくかな。


昨日はお昼にトマトとツナをトッピングしたお素麺を作りました。

ちょっとひと手間かけて、トマトは皮を剥きます。
(皮を剥くと口当たりが良くなるんです。)

本来、湯剥きするところですが、
我が家は道具を使ってやります。

以前、お客様からいただいたトマト専用のピーラー。

1438990635153.jpg


このお陰で楽に皮剥きできちゃうので便利。
あまり、○○専用のものは持たないのですが
これは特別。

使い勝手の良い専用品はありです。

できてることを見る

こんにちは。

整理収納コンサルタントの澁川真希です。
東京は6日連続の猛暑!
外に出ていると、倒れてしまいそうな暑さです。

子どもたちの夏休みも中盤。
否が応でも子どもたちの様子が目につきます(^^;

帰ってくるなりゲーム
床には、バッグが放りだされたまま

これ、我が家の子どもたちの日常です(笑)

だけど、よくよく見てみれば
こんなこともやってます。


1438836379542.jpg


他にも…
朝早くから自分で起きて部活に行く。
洗濯が必要なら、自分で洗濯して干す。
ご飯の支度を手伝ってくれる。
場合によっては、お昼ご飯作ってくれる。


やっていること、できていること
思いの外あるんですよね。

ついつい、出来ていないことに
意識がいってしまいがちですが

そんなときは
大きく深呼吸3回!

出来てることに意識を向け
ちょっと冷静になったら、
気になることだけ言っておしまい。

「バッグ持っていって」
「靴下落ちてるよ」

暑いからこそ、自分の行動は
クールにコントロールしたいと思うこの頃
です。


カルチャー教室の講師卒業します!

こんにちは。
「働く」「働きたい」女性と親・子の片づけの味方!
モノとコトの整理で仕事と家庭の両立をサポートする
整理収納コンサルタント 澁川真希です。

昨年の11月に一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を立ち上げてから
自分の仕事の役割、割合が変化してきました。

これまでは個人事業主として、COMFORT STYLEの代表として
コンサルタントとしてご依頼に対応すること、講師としてご依頼を受けて対応すること
仙台のスタッフのマネージメント、運営を100%やっていれば良かったのですが・・・

今は私、個人の仕事を減らして
個人事業の運営(主に仙台)と法人の代表として運営のこと
これから認定講師になるメンバーが活動しやすいように整えていく仕事の
割合として多くなっています。

仕事をする際も、単に自分がやりたいか?やりたくないか?ということだけでなく
自分がそのことを行うことでの効果や影響を考える必要が出てきました。

そんなことから、いろいろと仕事を整理している状況で
仙台でのカルチャー教室で私が担当することをやめることにしました。
先日、9月の講座をお知らせしたところでしたがこちらも中止します。
楽しみにしていてくださった皆様、本当にごめんなさい。

もう今後ずっとやらないと決めたわけではないので
また機会があればやらせていただこうと思っています。

仙台には9/8に親・子の片づけ教育研究所の
親・子の片づけインストラクター2級講座の講師として行きます!
(仙台は11月にも日程設定あり。詳しくはファミ片のHPご覧ください。)

仙台の講座も少しずつお申込みも入ってきています。
子どもがどうしたら片づけてくれるのか?
子どもに片づけを身に付けてほしいと思っているママたちへ
講座を受講するとご自宅の片づけ問題の解決法まで持ち帰ることができます。
人生が変わる、一生モノのスキルをご提供いたします!

=================================
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の認定講師として活動しませんか?

親・子の片づけマスターインストラクターとは
片づけをツールとして悩める親子の力を引き出す指導者。
自分を含めたすべての人が、自立した存在として自分らしく活躍できる社会をめざし
そのための相互理解のあり方を家庭から伝え広めていく存在です。

親・子の片づけマスターインストラクター養成講座1期生を9月から募集開始!
講座日程などは親・子の片づけ教育研究所のHPからご確認いただけます。

★片づく「仕組み」づくりと関わり方が学べる親・子の片づけインストラクター2級講座
9/5札幌、9/8仙台、9/12広島、9/26大阪で開催!
講座の詳細・お申込みは2級認定講座情報からどうぞ。
==================================






« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »