« 1期生から親・子の片づけマスターインストラクターが誕生しました! | トップページ | ちょうどいい収納を見つけるポイント »

「してくれない」が「できる!」に変わる

こんにちは。片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

昨日は様々な協会の代表理事が集まる理事長勉強会へ参加していました。
ここに参加するようになった経緯はまた別の機会にお話するとして、
今日は私が何故、一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を立ち上げたのかについて書いてみます。

2005年から、片付けの仕事をする中で、こんなにも多くの家庭が片付けで困っている状況にあること、また子どもに対して「片づけなさい!」というばかりで一緒に片づけを教えていない、親である自分も片付けが苦手で、どうしていいかわからない。だから教えられない。ということもわかってきました。

他には自分なりに頑張って家を片づけ、収納を工夫して、見た目もよくして、定位置も決めた!なのに家族がやってくれないというご相談も多く受けてきました。

家庭の中で片付けでもめる…。
片づけることが正しく、片付けないのは悪い。
そうではないはずなのに、家族がやってくれないというお家ではそんな雰囲気を感じます。

片づけには、生きていくために必要なさまざまな力を育む要素が詰まっているのに
こんな状況で暮らしていくと、親にとっても子どもにとっても、片づけは楽しいことではなくなってしまう。


この状況をなんとかしたい!それが最初のきっかけです。

この現状を変えていくには…
まず、親が正しく片づけを学ぶこと、そして子どもに教えることができ、
子どもができるようになるために相手に合わせた働きかけ、声かけなど関わり方ができるようになることが必要だと考えました。

親が片付けられる環境を作ること、子どもにあった関わり方を学ぶことで、子どもたちが将来、自立して生きていくための力を家庭から育めるようにしたい。

だけど、私一人で伝えるには限りがある。訪問できる家庭にも限りがある。
一人でやっていては広めるのに間に合わない。だったら同じ思い、志を持つ人たちとともに伝え広めたい。そんな思いで立ち上げたのが一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所です。

ファミ片(ふぁみかた)のHPにも、その熱い思いを書いています。
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所HP 「はじめての方へ」


今は小学校の家庭科の授業でお片づけを学びますが、家にその環境がなければ身につくのは難しいと思います。
現に私自身も小学校や中学校の家庭科で結構色んなことを学んでいるのに、お裁縫のことなど、覚えていないこと、身についてないことが多いです。縫い方の種類とかね。

お料理も勉強もお片づけも一緒。

最初から、カレーが作れたわけじゃないはずです。
最初から、方程式が解けたわけじゃない。
最初から、片づけられたわけじゃない。

できないのは、教わっていないから、その環境が整っていないから。
してくれないと思っていても、片付く仕組みができて、それを教えて、適切な関わりができれば「できる!」に変わることを沢山みてきました。

自分の衣類を畳んでしまう、明日の学校の準備をするなどなど。

20150401_164424


私たちは片づけの家庭教育を通じて、自ら考え、選び、行動できる人を育てていきたいのです。

ということで、まずは家庭から!
私も子どもたちと試行錯誤しながら未だに関わり続けてます。

先日ご案内していた親・子の片づけマスターインストラクターでもある梶ヶ谷陽子さんの出演が放送延期になっていたのですが、本日3/24TBS/CBCの午後の情報番組『ゴゴスマ』で放送予定です。

●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
春の生活に合わせて、今からが準備のベストタイミング!
片づく「仕組み」づくりと関わり方が学べます。
6月北九州、7月千葉の講師は澁川が担当いたします。

講座の詳細・その他の日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

サービスについてのお問い合わせ (3~5月お得なキャンペーン中です)
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« 1期生から親・子の片づけマスターインストラクターが誕生しました! | トップページ | ちょうどいい収納を見つけるポイント »

親・子の片づけ教育研究所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「してくれない」が「できる!」に変わる:

« 1期生から親・子の片づけマスターインストラクターが誕生しました! | トップページ | ちょうどいい収納を見つけるポイント »