« 「色分け」は子どもには効果的な方法 | トップページ | 本日は日本橋で整理収納AD2級認定講座です »

中2の息子に教えられる母

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今日から広島では親・子の片づけマスターインストラクター養成講座の2期生がスタートしました。きっと橋口理事が熱い講座を展開してくれているはずです。

さて、先日、日光移動教室へ行っていた息子も元気に帰ってきましたが、その間の私…
半年ぶりに(去年の年末もやってたこと思い出した)40度を超す高熱を出してました。

これは尋常じゃないと思い、病院を受診
行くと同時に点滴連続2本打たれるも今日まで連日点滴打たれてます。

(原因はおおよそ察しはついてたので、その診療科のある病院へ行ったら、診断結果はビンゴでした)

幸い予定は全て延期、キャンセル出来たので、最低限の業務連絡以外は文字通り寝込んでるだけの日々。

だけど高熱も2日目になると寝ながら、やたらとリアルな夢をみる。薄暗い部屋の中で資料の準備してたり、変な家具のある家に住んでたり、目の前を鬱陶しく飛び回る黒い虫が嫌だったり…悪夢ばかり。

昨日からようやく熱も下がり、少し動けるようになると今度は家の中が気になってくるわけです。

家族が洗濯物畳んでくれているけど、部屋に持っていってないとか(苦笑)

私が寝込んでいる間、文句も言わず、それぞれが出来ることしてくれているというのに。

それでつい

「ほら、部屋に持っていって」

「どうして、靴下やパンツが転がってるの?」って言ったら

長男が「良かった。お母さん、元気になってきたね。人のことまで言えるってことはそういうことでしょう?!」

言われて、言い返すでもなく、そんな風に思える息子に教えられた思いです。

確かにね。具合が悪いと自分のことで精一杯で他のことなんて気にしている余裕ない。

(病院行くのだって、最初はノーメイクだったけど、昨日は眉は描いていったし、今日はパウダーはたいていけるほどの余裕)

やっぱり、健康でなくてはいけない。
イベント続きで疲れもあったんだと思いますが、やっぱり生活習慣から見直しなさいという警告と受け取りました。
強制断食を機に見直せるところは見直していきます。

そして、家族。
わがままな私は家族のやさしさで生かされていっても過言ではないかも。
ちょっと元気になったので、おいしい料理をつくりましょう。

Dsc_13282

次男からの日光土産は長寿箸(笑)

熱も下がったので、今日からたまった仕事片づけます。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
7月7日千葉の講師は澁川が担当いたします。

講座の詳細・その他の日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座 開催決定!6/27まで参加申込みOK!
6/28・7/5(全2回)東京、三越駅前駅、神田駅傍で開催決定!
☆セミナー情報へ

●ファミ茶会
7/4東京・銀座周辺にて
「子どもの片付け、聞きたい、話したい!」気軽なお茶会を開催します。
☆親・子の片づけ教育研究所公式Facebookページ イベント 

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ
7~8月仙台キャンペーン中!只今ご予約受付中です!

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« 「色分け」は子どもには効果的な方法 | トップページ | 本日は日本橋で整理収納AD2級認定講座です »

日々の暮らし」カテゴリの記事