« 中学生男子のお土産事情・・・ | トップページ | 理想的な「まな板」みつけた »

防災品・非常持ち出し袋のチェックポイント

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

昨夜も熊本では震度5弱の揺れ、日本だけでなく世界でもあちらこちら揺れていますね。
台風10号が去ったあとの防災の日。
非常持ち出し袋や備蓄品を見直しされるご家庭も多いのではないでしょうか?

東日本大震災で被災し、被災生活を送った経験から
防災用品の中でこれだけは確認して、
無いなら備えて欲しいものについてお伝えします。


  • 食料、水
  • 熱源(カセットコンロ、ボンベ)
  • 充電器、電池
  • モバイルバッテリー
  • トイレ
  • 情報源(ラジオ)
  • あかり
●食料、水
皆さんもよく聞いているように3日分は最低量。理想は7日分です。
防災食より日常から食べ慣れているものを備えておきましょう。
東京の食料は人口から考えても、発災後は手に入りにくいことが想定できます。

●熱源
ライフラインがストップするとカセットコンロやアウトドア用のバーナーを使うことになります。
カセットボンベは1本で約2時間しか使えません。
1日1本使用として、最低7本は欲しいですね。

●充電器、電池
携帯やスマホを買い替えていて、非常持ち出し袋に準備している手回し充電器のプラグが合わなくなっているケースもあります。
今、準備しているものが使えるか実際に充電してみましょう。
電池は使用期限がありますので、そちらも合わせてチェック。

●モバイルバッテリー
今や携帯、スマホは重要な情報源であり、通信手段です。
日頃から携帯できるモバイルバッテリーを準備しておきたいものです。

●トイレ
災害後の大きな悩みはトイレと言っても過言ではない。
既存のトイレにセットして使える簡易トイレやペットシート(大型犬用)の備えを。
マンションに住んでいて、エレベーターも止まった状態で避難所のトイレまでは行けません・・・。
トイレ(排泄)のゴミを処分するためのゴミ袋も忘れずにご準備を。

●情報源
一番情報が必要な被災地は停電で情報が入ってきません。
スマホでもラジオは聞けますが、貴重なバッテリーは温存したい。
シンプルな電池式のラジオを準備しましょう。
我が家では非常持ち出し袋に1台、寝室のナイトテーブルに1台備えています。

●あかり
懐中電灯は家族の人数分ありますか?
部屋全体を照らせるランタンは?
どこもかしこも明かりの消えた家、屋外は恐ろしいほどの闇です。
明かりがあることで気持ちも随分ちがいます。
昔ながらの豆電球での懐中電灯なら、迷わず明るいLEDの懐中電灯へ買い替えをおすすめします。

一応、多機能なタイプの手回し充電式のラジオライトも準備しています。
充電もできる、このラジオライトのプラグが問題で、使えるのはMicroUSB-Bのプラグのみ。
iPhoneのプラグがないので、変換プラグで対応します。

20160831_224217

「いつか・・・」のXデーは今夜かも、明日かもしれないのです。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
10/19(水)、11/22(火) 1日講座 東京、三越駅前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ

●一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年イベント
どなたでもご参加いただけます。現在参加申し込み受付中!特別ゲストは親力、教育評論家の親野智可等氏!
☆イベント詳細・お申込みページへ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« 中学生男子のお土産事情・・・ | トップページ | 理想的な「まな板」みつけた »

減災整理・防災片付け」カテゴリの記事