« 悩んでいましたが、モヤが晴れた気がします | トップページ | 気持ち「不感症」になっていませんか? »

思春期の子どもに片づけて欲しい時には「提案」を

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今日は昨日の雪の名残か、いつもより寒い東京です。

今月はじめあたりに、気になる長男のスペースがあったので
タイミングを見て、声をかけてみようと思っていました。

Before

20161104_111021

ここは長男が体操着や部活のユニフォームを入れている棚。
部活のスケジュール表がペロンと置かれていて、この乱れ具合が
母としてはなんとも気持ち悪い(ちなみに長男は気にはなってない)

部活のスケジュールだから、ここに入れたのは理に適っている。

お互いが少し余裕のある日に声をかけてみる。
「ねぇねぇ、この紙がペロンっておいてあるの、気になるんだけど。
何か挟むもの(ファイル)とか使うならあるよ。使う?」

「あー、大丈夫。向こうに置いてる部活のファイルをこっちに入れるから」
「こっちにあった方が見やすいし。」

と、今までダイニングテーブルの近くの棚に入れたいた「部活ファイル」を
体操着の棚に移動し、散らばってた紙も綴じてあっさり解決です。

After

20161125_101750_jst

もともと使ってたこのファイルはセリアで購入したもの。
挟むだけの簡単なものなので頻繁に入れ替わりがある書類や、
入ってくる頻度が高い書類を保存するのに向いています。

20161125_100558_2

中学生でも子どもたちは、学校、部活に塾にと何かと忙しい。
単に「片づけて」と言うよりも、ひと声「こちらの気持ち」と「提案」の
声かけをするほうが、すんなり聞いてくれることが多い。

子どもだって、ちゃんと自分の中に答えを持っているんですよね。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
12月20日(火)が年内最後の日程です。
1日講座 東京、三越前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
⇒11月、12月キャンペーン受付中

☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« 悩んでいましたが、モヤが晴れた気がします | トップページ | 気持ち「不感症」になっていませんか? »

子どもとのお片づけ」カテゴリの記事