« なぜ、親・子の片づけインストラクター講座は親向けなのか? | トップページ | 認定講座講師試験対策?その2 »

認定講座を理解するためにしていること・・・実は私も試験を控えてる・・・

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今日は大阪でファミ片のMI認定のための試験で認定する側としてのお役目。
一方で、来週は私自身も新たなチャレンジで評価される側なんです。

そんなわけで、決まった講座(認定講座など)をどう自分に落とし込むか
私の方法ですけど、認定講師のための勉強法を少しご紹介したいと思います。

認定講師という立場は、事例は各自アレンジするにしても目的とゴールが明確。
各パートで何を狙いにして、何を目標とするのかを把握することが大事になってきます。

決まった講座内容を淡々と話しては面白くない。
大事なスキルやテクニックを歪めずに
自分というフィルターを通して、どう表現するかが大切になってくるんですが、
そのためには講座を理解するしかない。

認定講座を理解するためには、何をするか?


●全体の構成を理解する作業
私の場合は、一度、全体を」ザーッとみて、流れなどの全体像をつかみます。

●各章の確認
そして、各パートで何を伝えるのか、どう表現するのかを確認し
自分だったら、どんな事例で話すかもイメージし、
具体的なエピソードをキーワードで書き出します。
(これが各パートでの大事なところを確認する作業。)

他にも演習やワークがあれば、それもどのタイミングで何のためにやるのかを確認。

●流れの確認
次のスライドへのつなぎはどうするとスムーズかな?ってことも考えつつ
進行をイメージしていきます。
これは受講生が理解しやすく、受け取りやすいように起承転結、流れの調整作業。

最後は実際に講師として進行しつつ、話にくい箇所を確認。
事例の見直しや、つなぎの見直しでさらに調整作業。

ここまでくると、だいぶ自分のものになってきます。
全体の流れが理解できて、各パートで何を話すかも明確になってくるからです。

来週早々に評価される側になるというのに資料をまともに確認したのは、なんとおととい。
で、指導要綱を確認したのは昨日。

移動中の新幹線と宿泊先のホテルで集中してまとめています。

Point_blur_20170525_00023801

指導要綱も自分にわかる言葉で補足したり
演習のパートは全体のどこかをわかるようにしたり
とにかく、理解することに努めること。

●自分がわかるようにする
だから指導要綱は赤文字ばかり。
囲ったり、図解したり、キーワード書いたり。
(自分にわかりやすいラベルを貼る作業のよう)

講座を家に置き換えると、家全体の設計図を見て、使用目的を確認。
各部屋、どうなっているかを見て把握したら
部屋と部屋の動線はスムーズかをチェック、最終的に細部を調整して仕上げていく感じ。

で、もっと大事なのはその内容を、実際に試してみて実感、体感していること!



それが伝える熱量を上げるし、説得力のある話ができるかどうかにつながると思っています。
(これはいいままでの経験上、間違いない。)

本番は来月だけど、その前のデモに久しぶりにドキドキしています。
緊張はしても、「大丈夫!」って思えるレベルまで、講座を自分のものしていくと、
不思議と、一緒に自信もついてきます。


今日の試験チャレンジ組のみんなも頑張って!

我が子の力を引き出す関わり方が学べる、一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の
親・子の片づけインストラクター1級認定講座

●大阪|5月27日・28日  ●東京|6月3日・4日 残1席! ●栃木|6月17日・18日

詳細・お申込み先 http://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/seminar-first

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

6月の日程
●整理収納アドバイザー2級認定講座

2017年6月28日(水) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« なぜ、親・子の片づけインストラクター講座は親向けなのか? | トップページ | 認定講座講師試験対策?その2 »

整理収納・家事代行の仕事」カテゴリの記事