« 新しい白スニーカー&声かけられる黒バック | トップページ | 家族を生きるというのは、違いを乗り越えること »

「片づけ」と「お掃除」はどちらも大事なメンテナンスです

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

東京も梅雨入りし、カビも気になるようになってきました。
この時期にやっておきたいお家のメンテナンスって結構多いです。

週末は家にいたので、午前中に気になる箇所のお掃除を実行。

まずは、浴室乾燥機能付き換気扇のお掃除から。
最近、天井にカビがポツポツ出てきていたので、気になっていたら、案の定
換気扇のフィルターに埃が溜まり、そこにカビが…。
ここからカビが増えるわけです。

フィルター掃除して、枠も綺麗にし、天日干し

Dsc_0646

Dsc_0647

乾かしている間に、

  1. 窓を開け
  2. 天井、壁のほこり落とし
  3. 棚の埃落とし
  4. ソファー、クッション埃落とし
  5. 隅の拭き掃除
  6. 掃除機掛け

    他に、この間に空気清浄機のフィルターもお掃除。
窓を開けるって本当にお掃除の基本の基本だけど、やってない人が多いです。
(片付いてない家「あるある」が窓が開けられない状態になっていること)

カビが湿気が気になるってお家はぜひ、朝の30分でもいいから換気をおすすめします。
換気って1か所の窓開けるだけじゃダメですよ。


必ず2か所は開けること、それも距離が遠い方がいいので、リビングの窓を開けたら、玄関や、玄関そばの部屋の窓を開ける。
開けた窓の対角線にある窓も開けると考えるとわかりやすいと思います。

仙台では家事代行・支援業(家事con仙台店)も行っているので私もお掃除のプロ。

そんなこともあり、お掃除にも、ちょっとうるさいです(笑)

「片づけ」と言うと、掃除も一緒にされがちですが
「整理収納」と「お掃除」のプロセスや目指すゴールは全然違います!

違うけれど、でもどちらも必要なことだし、
モノを動かしたらお掃除も外すわけにはいきません。

モノを使ったら元の位置に戻す「お片づけ」と
使ったら、汚れたら綺麗にする「お掃除」はどちらも大事なメンテナンス。


だからこそ、どちらの知識も必要だと感じています。
家事con仙台店は整理収納ADがお片づけと、お掃除のプロとしてサービスを提供する数少ない店だと自負しています。


Dsc_0650

最後に、換気扇セットしてお掃除完了!
綺麗はやっぱり気持ちいいし、幸せな気分になれますね。

我が子の力を引き出す関わり方が学べる、一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の
親・子の片づけインストラクター1級認定講座

●栃木|6月17日・18日

詳細・お申込み先 http://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/seminar-first

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

6月、開催決定しています!
●整理収納アドバイザー2級認定講座

2017年6月28日(水) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

« 新しい白スニーカー&声かけられる黒バック | トップページ | 家族を生きるというのは、違いを乗り越えること »

整理収納・家事代行の仕事」カテゴリの記事