自分を知り、相手を知ること

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

少し前になりますが、ファミ片のマスターインストラクターである、いわさきなおこさん
(一社)キレイデザイン協会のキレイデザイン学インストラクターの資格も取ったとのことで、

『キレイデザイン学 ブランドカラー ×イメージカラー診断』のモニター体験をさせてもらいました。

今回は家族4人分の診断を依頼。
診断シートに書いてある、ポイントとなるキーワードは「あるある」と納得するもの。

と言うのも、自分のことは自覚があることだし、子どものは幼稚園や学校で提出する子どもの個人カードに、記入する長所・短所そのものだったから(笑)

いわさきさんは片づけのこともよくわかっているから、診断に基づいて、どう片づけのアプローチをしたらいいかもわかりやすく伝えてくれます。

他に興味深いなと思ったのは私のBLAND COROR(本質的な魅力と才能)の色が
夫のIMAGE COLOR(周りから見られているイメージ)の色と同じだったこと。

外から見ると、カカア天下な家庭に見えるけれど、実はそうではないのよ。
本当の私は、夫のイメージのように包容力があって、やさしいはずなんです。
と、あえて言ってみる。(誰に対して?!)

20170515_174632


自分を知り、相手を知ること、そこから相互理解にというのは、ファミ片でもお伝えしていること。

個性の3分類、性格や行動パターン、意思決定などを知る12分類の色は
自分や相手を知る一つのツールとして、活用してみるのはいいなと思いました。


人は千差万別、ひとりひとり違うから。
ツールは上手に活用しつつも、何を大事にするかと言ったら
目の前の相手をよく観ること、感じることが一番大切なんだと思います。


***********************

大阪での講座も間もなくです!!

我が子の力を引き出す関わり方が学べる、一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の
親・子の片づけインストラクター1級認定講座

●大阪|5月27日・28日  ●東京|6月3日・4日  ●栃木|6月17日・18日

詳細・お申込み先 http://oyako-katazuke-edu.jp/seminar/seminar-first

***********************

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

shineNEW
●整理収納アドバイザー2級認定講座

2017年6月28日(水) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

shine開催間近
●本当に役立つ!減災整理セミナー

2017年5月23日(火)・30日(火) 10:15~12:15 全2回 新百合ヶ丘産経学園で開催

講座の詳細・お申込は☆新百合ヶ丘産経学園HP

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

小学校で使ってた楽器の処分どうする?

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

子どもたちの学校が始まったら始まったで、慌ただしい毎日を過ごしています。
春休み中に完了しなかった、家の中の整理をやっと行いました。

仙台から東京に越してきてもう丸4年、小学生だった子どもたちもこの春から中学生になったこともあり、多くの使わなかったモノ、使わなくなるモノが出てきました。

ランドセルは長男の時はアフガニスタンの子どもたちへ学用品とともに送り
「ランドセルは海を超えて」(※今年は受付期間終了しています)で次男のものも送ろうかと思いましたが、発送のタイミングを逃したために1年保留決定。

どうしようかと悩んだのが、鍵盤ハーモニカとリコーダー。
こちらは長男のものもまだ持っていたので、それぞれあり、結構なスペース取ってました。
中学生になると使わなくなるものの筆頭ですね。

733f5411dced18aef531b1dea7bc34aa_s


それで、調べて今回、利用させていただいたのが
国際社会支援推進会「ワールドギフト」の寄付のシステムです。

寄付の申込をし、規定のサイズ内(3サイズ)でダンボールに詰めて、集荷料を支払い、集荷してもらえば完了。

暮らしていると、使わなくなったモノが澱のようにたまっていきますね。
やっているつもりでも、見てないところもあり…
やはり4年、5年で総点検は必要なんだと感じた春でした(^^;)

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

●整理収納アドバイザー2級認定講座
4月~6月の日程決定しました。
2017年4月25日(火) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

shineNEW
●本当に役立つ!減災整理セミナー

2017年5月23日(火)・30日(火) 10:15~12:15 全2回 新百合ヶ丘産経学園で開催

講座の詳細・お申込は☆新百合ヶ丘産経学園HP

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

まだ小学生のままですよ・・・

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

無事に次男の小学校卒業式を終え
あと数日で3月が終わるというのに、いまだに子どものスペースは手つかずのままです。

Dsc_0344011615524904_2

長男が持ち帰ってきた教科書やファイル類で
ホームエレクターワゴンの下のスペースは山になっています。

次男のランドセルはいつの状態?!(おそらく卒業式の前々日のまま)
未だに中学生1人と小学生1人のまま、時が止まっているようです。

私も慌ただしくしているので、一緒に見守る(監督)もできず
声はかけても、他のことに気持ちがいってしまっているのでこの状況です。

この状況が良くないとはわかってはいるのですが
何せ長男は早朝から部活、昼近くに戻ってからは昼食、そして塾の宿題
その後は塾で夜まで。家にいる時間が本当に少ないのです。

次男は遊びに忙しく。中学生への準備は後回し。
とは言っても私もようやく今日、中学の体操服を買いに行けたくらい。

やはり、中学生でも声かけしたり、背中を押したりしつつ
まだ一緒に見守ることは必要です。

中学生2人になって、さらに教材が増えることが予想がつくので
母はせっせと書類を整理し始め、スペースを空けるよう計画中。

この書類整理のことは、また改めて。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

●整理収納アドバイザー2級認定講座
4月~6月の日程決定しました。
2017年4月25日(火) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

shineNEW
●本当に役立つ!減災整理セミナー

2017年5月23日(火)・30日(火) 10:15~12:15 全2回 新百合ヶ丘産経学園で開催

講座の詳細・お申込は☆新百合ヶ丘産経学園HP

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

「わかる」と「やれる」ようになる

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

受験シーズン真っただ中、我が家にも試験に向けて頑張っている人がいます。
小6の次男、このところ毎日、塾へ自習しに行っている様子。

自分から受験したいと言い出したものの、
昨年の10月末まで宿題以外をやることはほとんどない状態でした。
(私が知らないところでやってたのかも知れないけれどね・・・)

塾の先生から「算数のテキストを試験までに3回は解いた方がいい」と
アドバイスもあるのに、日々やっている様子はないし(泣)

何度も声は掛けていたけれど、変化なし。
とうとう「塾に行くだけなら、受験しなくてもいい!」と言っちゃいましたよ。

でも、本人は「受験する」と言う。
「だったら、どうする?」
「先生に言われたテキスト3回やれるように計画してみる?」ということで

まず今から試験までに3回終わらせるには1日何ページやる必要があるかを計算。

「計画表にその日やる範囲を書くのと、テキストに付箋を貼るのとどちらがいい?」と聞いて、選ばせる。

彼は付箋の方法を選び、
自分で付箋に日付を書いて、該当ページに貼りつけ。

Point_blur_20170118_233117

これ、片付け教えるときと同じ。

  1. まず、話を聞いて、提案する
  2. テキストが何ページあるか数えて、期限までに終わらせるには
    1日何ページやるか計算するのは現状把握
  3. この方法と、この方法はどっちがいい?と、やりやすい方を選択してもらう
  4. 本人が手を動かし、確認しながら実行する
何をどうしていいかわからないのであれば、提案し
やることをわかるよう(見えるよう)にする。

それから、親は見守り、声かけして関わるしかないのかな。

えぇ…そうです。私も忙しさにかまけて、わかるようにしないまま
「片づけて」ならぬ「勉強した?」だけ言ってたんです(反省)

片づけも、勉強も同じ。
仕組みを作らないまま、声かけしてもできないってことがよくわかりました。


で、やっぱり仕組みをつくった後の効果は大きかった!

実際に繰り返しやったことで、前に解けなかった問題が解けるようになったり
模試で解ける問題が増えり
やったことでの成果が出てくることで、自信もついてきたようです。
そして、私の声かけも変化。
今は「今日は何する予定?」って。
そうすると「今日は〇〇と、〇〇を塾でやるよ」と返事が返ってきます。
やることが明確になってる。確実に前とは違う!

全て模範的に出来ていると言うわけでなく、未だに朝に学校の宿題やったりしてますけどね・・・。
(それはそれで、本人がこれはこの時間で大丈夫と見積もってるってことだと思いますが
時間あるなら先にやろうよ・・・。)

間もなく試験本番。
結果がどうであれ、今までの頑張り、やってきたことは確実に糧になり、
これからの人生を生きていく力になると信じています。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆親・子の片づけ教育研究所HP

●整理収納アドバイザー2級認定講座
2月~6月の日程決定しました。
2017年2月24日(金) 1日講座 東京、日本橋三越前駅、神田駅傍で開催!

講座の詳細・その他の日程・お申込みは→☆COMFORT STYLEセミナー情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

思春期の子どもに片づけて欲しい時には「提案」を

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今日は昨日の雪の名残か、いつもより寒い東京です。

今月はじめあたりに、気になる長男のスペースがあったので
タイミングを見て、声をかけてみようと思っていました。

Before

20161104_111021

ここは長男が体操着や部活のユニフォームを入れている棚。
部活のスケジュール表がペロンと置かれていて、この乱れ具合が
母としてはなんとも気持ち悪い(ちなみに長男は気にはなってない)

部活のスケジュールだから、ここに入れたのは理に適っている。

お互いが少し余裕のある日に声をかけてみる。
「ねぇねぇ、この紙がペロンっておいてあるの、気になるんだけど。
何か挟むもの(ファイル)とか使うならあるよ。使う?」

「あー、大丈夫。向こうに置いてる部活のファイルをこっちに入れるから」
「こっちにあった方が見やすいし。」

と、今までダイニングテーブルの近くの棚に入れたいた「部活ファイル」を
体操着の棚に移動し、散らばってた紙も綴じてあっさり解決です。

After

20161125_101750_jst

もともと使ってたこのファイルはセリアで購入したもの。
挟むだけの簡単なものなので頻繁に入れ替わりがある書類や、
入ってくる頻度が高い書類を保存するのに向いています。

20161125_100558_2

中学生でも子どもたちは、学校、部活に塾にと何かと忙しい。
単に「片づけて」と言うよりも、ひと声「こちらの気持ち」と「提案」の
声かけをするほうが、すんなり聞いてくれることが多い。

子どもだって、ちゃんと自分の中に答えを持っているんですよね。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。
子どもとの片付け、関わり方を親が学ぶ講座です。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
12月20日(火)が年内最後の日程です。
1日講座 東京、三越前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
⇒11月、12月キャンペーン受付中

☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

親に楽になって欲しい!~親・子の片づけ教育研究所設立の想い 2~

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今週末にいよいよファミ片(ふぁみかた)の設立2周年記念イベントが迫ってきました!

先日から、設立に至った思いを少しずつ書いています。
この一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の設立にあたって、
支援力を持った親を増やしたいという想いの裏には
様々なご家庭に伺って片づけの仕事をする中で感じたこととともに、
私自身の子ども時代の親との関わりと、
自分が子育てするようになったからの子どもとの関わりも大きく影響しています。

どうして「支援力を持った親を増やしたいと思ったのか?」

それは、支援力を身に付けることで、親自身が“楽に”なれるから。
そして、親が楽になると子どもがのびのびと、
個性や力を発揮し、伸ばすことができると思うからです。

親から、できない人と見られている、認められていないと、
ずっと感じてきた私はかなり長い間、自己肯定感が低い人間でした。
思春期の頃なんか「私なんて…」「どうせ…」が口癖になるくらいに卑屈でした。
(今の私を知る人は信じられないかもしれませんけど・・・苦笑)

当時の親からすれば、そんなつもりはなかったんだと思うし
今は認められていないと感じることもないのだけど
子ども時代に「気が利かない」「何もできない」と言われていたことは、やはり長い間
私の中では尾を引いていました。

子どもって、親に言われたことは覚えているものです。
(「橋の下で拾った」とかね…。)

そして、私が親になって子どもと向き合う時に、
何かが滞ると子どもに対して「どうして、これくらいのことができないの?」と
自分と同等のレベルを求め、余計にイライラしていました。

今、思えば「そりゃあ~無茶な要求だわ」って話です。
でも、当時はそんな風には思えないほど余裕がなかった・・・。
子どもの寝顔みながら反省を繰り返す日々でした。

私が嫌だと感じていた親からの「認めない空気」を
自分が子どもに発してしまっていたわけです。

子どもを持つということは、ひとりの女性としての生き方からみると
今まで出来てた沢山のことをあきらめたり、犠牲にしたり、ということが多いのも事実。
特に今の日本ではそうかもしれません。
子どもを育てるということで、出来なくなること、
思い通りにならないことばかりに意識が向きがちなんですよね。
もっと言うと「奪われている感覚」が常にあった。

そんな気持ちでいるから、イライラし、子どもができていることには目を向けず
できてないところにばかり気になり、否定し、怒りっていたけれど、
これじゃ過去の自分のように子どもも自己肯定感が持てないようになるんじゃないかと思いました。

それで、以前もお話していますが様々な学びを通じ
自分を知ること(自己理解)が進むことで、
様々な物事、出来事への見方が変わりました。
自分と子どもが違うことも理解でき、
私よりもできることも沢山あることに気づき、
子どものことを認められるようになったことで接し方も大きく変化しました。


子育て中は確かに、できなくなることはあったけど、奪われることばかりじゃない。
子どもとの時間は、今までなかった沢山の気持ちや
かけがえのない経験を与えてくれました。
子どもと向き合う中で人として成長させてもらえたと思っています。

すでに我が家の子どもたちは中学生と小学生(6年)。
今のところ、健やかに、たくましく成長してくれています。
考えて行動することが少しずつできるようになってきました。
(時になぜこんなに自己評価が高いのか?!もう少し、そこは心配した方が良くないか?!と親としては思うこともあるけれど…)

昨夜、夫と子どもたちの幼稚園時代の写真を見ていたら、泣けてきて、
よく生まれてきてくれたと、二人の息子が愛おしくてしょうがない。
日々のドタバタはあっても今、我が家はちょうどよい親子の距離感で
進んでいるところです。

親の言動が子どもへ与える影響の大きさを知っているからこそ
子どもの芽をつぶさず、伸ばせる支援力を持った親を増やしたい。
(だからファミ片の講座は親・子の片づけインストラクターの講座で親から学びます。)

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所では、
片づけを通じ、社会の最小単位である家庭から社会を変え
幸せな人生をデザインできる自立した子どもたちを
育んでいきたいと考えています。

20161108_075931

子どもにどう関わるか?
「片づけ」×「子育て」の両方をテーマにした話が聞ける
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年記念イベントは
11月20日(日)開催です。2部のお食事の関係で間もなく受付締切ます!


気になっている方は下記のリンクから今日、明日のお申込みを。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
11/22(火) 1日講座 東京、三越前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ


●11/20(日)一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年イベント
どなたでもご参加いただけます。現在参加申し込み受付中!
特別ゲストは親力、教育評論家の親野智可等氏!

☆イベント詳細・お申込みページへ

Photo

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
⇒11月、12月キャンペーン受付中

☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

支援力を持った親を増やしたい~親・子の片づけ教育研究所設立の想い 1~

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

昨日のブログに、高校生のころから福祉に興味があったと書いたのは・・・
(今となったは記憶があいまいですが、たしか友人の影響で)宮城まり子さんがねむの木学園の子どもたちことを書いた本を何冊も読んでいたからです。
福祉というものがどういうことかなんて理解は出来ていなかったんですが、その人がその人らしく生きるということに興味があったんじゃないかと思います。

30歳の頃にしていた、工務店での福祉住環境の仕事では
手すり一本でも出来なかったことができるように変わることを目の当たりにし、環境が与える影響や、使う人に合わせて環境を整えることでの効果を実感しました。

身障者の方が一人暮らしができるようにするために、お部屋の段差解消やその他工事で環境を整えたこともあり、環境を相手に合わせて変えていくと、できることが増えていくことを何度も見てきたのです。

これは片づけでも同じで、使う相手に合わせて収納方法や収納場所、ラベルの表示の仕方を変えることで、片づけが難しかったのが、簡単に、楽になる。

でも、実際はそのことをせず、片づけ方も教えないまま
親が「片づけなさい!」と言って叱る
「片付けないなら捨てるよ!」と脅す
いつも親も子供も片付けでイライラして、嫌な思いをしている家庭も多い。
本当は子どもはできないんじゃなくて、やり方がわからなかったり、
むずかしかったりしてできないだけのこと。


できないのには、何か原因がある。
だったら、相手に合わせて、できるように工夫する。
一緒に考える。


そんなことができる家庭が増えたらいいな。
支援できる親が増えたらいいな。
そうしたら、もっと子どもは自信をもって、色んなことにチャレンジしていけるんじゃないかな。
そんな風に思ったことが、ファミ片(ふぁみかた)立ち上げの一つの想いになっています。

できない人としてみるのではなく、出来る人としてみる。
私がこう考えるのは、親から自分自身ができない人と見られている、認められていないと、ずっと感じてきたからです。

この話も長くなりそうなので、また次回。

親の言動が子どもへ与える影響の大きさを知っているからこそ
子どもの芽をつぶさず、伸ばせる支援力を持った親を増やしたいと思っています。

20161112_111127

子どもにどう関わるか?
「片づけ」×「子育て」の両方をテーマにした話が聞ける
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年記念イベントは
11月20日(日)開催です。お申込まだ間に合います!


気になっている方は下記のリンクからお早めのお申込みを。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
11/22(火) 1日講座 東京、三越前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ


●11/20(日)一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年イベント
どなたでもご参加いただけます。現在参加申し込み受付中!
特別ゲストは親力、教育評論家の親野智可等氏!

☆イベント詳細・お申込みページへ

Photo

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
⇒11月、12月キャンペーン受付中

☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

子どもを説得するのではなく、納得してもらえるように工夫する

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

先日から、11月20日(日)親・子の片づけ教育研究所のイベントでご講演いただく
親野智可等先生が書かれたご本”「いいことが」が起きる子どもの習慣”を読んでいます。

20161109_134345

ずっと、親野先生のメルマガを読んでいる橋口理事とは違い
私の方は親野先生が雑誌などに掲載されている記事を読んだことがある程度で
本を読ませていただくのも実は初めて。

でも、読んでいくと橋口理事が親野先生のことをとても尊敬し、敬意を払うことが納得できました。

小学校教師として23年間で多くの子どもたちと接し、実践し、その成長を見てこられた先生だからこそ、その言葉には説得力があります。

親の身には耳に痛いこともあるけれど、それと同時に、
親も子も「出来ない」と思ってたこと、「難しい」と思ってたことが
楽にできる具体的な方法が提示されていて、多くのヒントを与えてくれています。

片づけない、忘れ物が多い、宿題をしないと言うような子どもの問題について
「親野システム」と言われる「合理的な工夫」と「叱らなくても自然にできる環境システム」は親・子の片づけインストラクター講座の中でも伝えている「片付く仕組みづくり」と「関わり方」の内容と重なる部分が多い。

私が特にうんうんと深くうなずいていたのは「納得度とやる気は正比例する」ということ。
昨日のブログにも書いたように、関わることの大切さにつながっているように思います。

ただ「あれしなさい」「これしなさい」ではなく、
なぜそれをやる必要があるのか?という趣旨や、
やらないとどうなるのか?理由を伝えて理解してもらう。

親はどうしたら納得してもらえるか、頭を使って考え、工夫する必要がある
ってことですね。

実は小学校6年生の次男にあることをしっかりやって欲しくて、
この方法を試してみたら…
効果抜群!
「これはやらなきゃだめだね」「やりたくなるね」という言葉が出てきました。

経験に裏打ちされた先生の提案される方法はすごい!
発達障害の傾向のあるお子さんに効果的な方法も紹介されていました。
(※先生の本の中では、発達障害の子には・・・とういう記載はされていません。私の知っている範囲でそう感じたという内容です。)

どんな子にも、その子に合った方法がある、そしてその工夫を最初にするのは親であるというのはファミ片(ふぁみかた)がお伝えしてている軸と同じ。

私もますます親野先生のお話をお聞きするのが楽しみになってきました。

子どもにどう関わるか?
「片づけ」×「子育て」の両方をテーマにした話が聞ける
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年記念イベントは
11月20日(日)開催です。


気になっている方は下記のリンクからお早めのお申込みを。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
11/22(火) 1日講座 東京、三越前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ


●11/20(日)一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年イベント
どなたでもご参加いただけます。現在参加申し込み受付中!
特別ゲストは親力、教育評論家の親野智可等氏!

Photo


☆イベント詳細・お申込みページへ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
⇒11月、12月キャンペーン受付中

☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

中学生 男子のホームステイ1週間の荷物

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

週末、長男がオーストラリアへ旅立ちました。
1週間の滞在でホームステイしながら学校へ通う予定です。

英語が得意なわけではないし、オーストラリアへ行くのも初めてだし
親の方が、気が気じゃない感じだけど、長男はいたってマイペース・・・。

荷物も準備を始めたのは出発の2日前。
主催者側からもらった持ち物リストを見ながら、準備を進めてましたけど、
心配しないでいいくらい、いい具合にまとめてました。
いつもの荷造りと同じで、仕分けケースに用途ごとにまとめて入れてます。
(幼少時からの旅支度の成果・・・笑)

使っているのはこんな感じのものです。
無印良品たためる仕分けケース

4549738304081_01_1260


私自身は風呂敷や中身の見えない仕分けケースも使用しますが
子どもが使うには、このケースはメッシュで中身が見えるようになっているので何が入っているか一目瞭然で便利です。

で、パッキングした状態がこちら↓

20160820_092116

左側には
・学校の制服一式(ジャケット、パンツ、ネクタイ、シャツ2枚、セーター1枚)
     向こうの学校が私服登校できないため、中学校の制服持参・・・。
・半袖Tシャツ3枚
・長袖Tシャツ3枚
・長ズボン2枚
・ハーフパンツ1枚
・下着、靴下各3
・洗面用具一式
・バスタオル1枚
・フェイスタオル3枚(制服の型崩れ防止のために、ジャケットの肩のところに入れてます)
・教材(資料、ノート)

右側には
・ホストファミリーへのお土産(悩んで扇子、風呂敷、浮世絵柄のクリアファイル)
・体操着一式(これも向こうの学校で使用)
・バック1つ(学校以外で使用…これは長男が熱望して持参)
・予備の折り畳みバック1つ(帰りに荷物が増えたとき用)

他にも手荷物として登校も使うリュック1つ
その中は
・パスポートを含む貴重品
・辞書
・筆記用具
・ハンカチ、テッシュ、タオル
・デジタルカメラ
・1日分の下着
・上着(長袖パーカー)
・体操服の長ズボン
・スリッパ
・ジップロックなどのビニール袋
・エコバック1枚

そのリュックとスーツケース↓

20160820_183349

我が家のスーツケースの大きさはW45・H69・D27cm 容量58リットル
他の子たちのスーツケースはもうひとまわり大きいのが写真でもわかると思います。

バックメーカーなどの情報によると
3~4泊で40~60リットル
4~7泊で60~90リットル程度のスーツケースをおすすめらしい。

58リットルに余裕をもって入っているので、それから考えても荷物少な目です。
念のために荷物(お土産)増えた時のための折り畳みバックは持たせましたけど
それでも小さいはず。
まぁ、中学生男子で持ち物少ないのと、着るものにこだわりがないのも大きいかも(苦笑)

オーストラリアは今の時期、冬だけど日本の冬ほど寒くないので
防寒具もないから、これでなんとかなりました。
移動はほとんどないとしても、スーツケース運ぶこと考えたらこの程度が扱いやすくていいように思います。

中学生男子の海外ホームステイ、短期留学。
お土産は「モノ」よりも「コト」で良し。
貴重な体験を沢山してきてほしいと思っています。

と、言いつつお土産のリクエストは選ぶときに悩まないように一応してみたけど(笑)
いつもと違う環境で様々な違いやコミュニケーションの大切さを感じてきてくれることを願ってます。

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座
9/8(木)・9/15(木):全2回 東京、三越駅前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ

●一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 設立2周年イベント
どなたでもご参加いただけます。現在参加申し込み受付中!特別ゲストは親力、教育評論家の親野智可等氏!
☆イベント詳細・お申込みページへ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

「子どもの片付け」と「減災、防災」の共通点

片づけを通じて働く母の毎日を楽にスムーズにする
整理収納コンサルタント|親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

今週は防災・減災片づけに関する取材が2件いただいています。
熊本、大分の地震に続き、今は大雨・・・。9月には「防災の日」もありますからね。

昨日、心配して福岡の実家へ電話をしたら、やはり山の近くは土砂災害などの被害も出ているよう・・・。実家も川の近くなので心配なのですが・・・。

今やどこにいても災害と無縁とは言えません。
昨日の取材でも、防災につながる片付けについてお話しながら思ったのは・・・

「防災、減災」と「子どもの片付け」で必要なことは共通しているものが多いということ。

例えば、被害を想定し、被災状況を自分事として考える「想像する力」

非常時の行動や必要なものを選ぶ「選択する力」

対策した非常持ち出し袋、備蓄品を管理を続ける「習慣力」

普段の生活の中で、生きていく上で必要になる力が
非常時にも役立つことは間違いないと思います。

そして、この力を伸ばすのも育んでいくのも一番近くにいる親の働きかけ次第。
親が気づいてなければ、働きかけることもないので、その力を伸ばすこともできません。


わが子を育て、認定講師たちに関わっているからこそ、常に気づける自分でいたいと思っています。


さてさて、そんな認定講師たちも1期生達が今月から次々に親・子の片づけインストラクター2級認定講座の講師としてデビューしています!ファミ片(ふぁみかた)もますます広がりを見せてます。
間もなく夏休み、ワークショップと下記の講座で片付けの可能性を感じてほしいと思います!

セミナーのご案内
●親・子の片づけインストラクター2級認定講座
我が家のちょうどいいがみつかる!
片づく「仕組み」づくりと「関わり方」が学べます。

講座の詳細・各地の講座日程、お申込みは→☆こちら

●整理収納アドバイザー2級認定講座 8月、9月の講座日程決まりました。
8/9(火):全1回
9/8(木)・9/15(木):全2回 東京、三越駅前駅、神田駅傍で開催!
☆セミナー情報へ

●夏休み 親・子の片づけ教育研究所主催 親・子の片付けワークショップ
マスターインストラクターたちが夏休みの自由研究にも使えるワークショップを全国各地で開催します。お席が限られていますので、お申込みはお早めに!
☆ワークショップ情報へ

サービスのご案内
●整理収納のプロが考えた減災への備え小冊子
非常持ち出し品や震災時お役立ち品リストが掲載されている小冊子です。
小冊子の詳細・注文は→☆こちら

●自分のうちに合った片づく仕組みを考えて欲しい方は
☆お片づけ診断&コンサルティングサービスへ
7~8月仙台キャンペーン中!只今ご予約受付中です!

●オフィスのムリ、ムダの見直しと  
環境改善を通じて社員の主体性を引き出したい方は

☆オフィスコンサルティングサービスへ

●整理収納&お掃除のプロが定期訪問で家も収納も整えます!
☆家事con仙台店 家事代行・支援サービスへ

サービスについてのお問い合わせ
COMFORT STYLEのHP または TEL03-5875-6837 からどうぞ。

より以前の記事一覧

COMFORT STYLE    澁川真希へお問い合わせ

  • 受付時間 平日10:00~17:00
  • TEL 03-5875-6837

COMFORT STYLEのHP

  • http://www.comfort-s.jp/